Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS テンシュテットのライブって、いったい・・・

<<   作成日時 : 2007/01/11 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

閑話休題です。これもシリーズにしてみようかなあ(笑)。
今回はクラウス・テンシュテットについて(久しぶりにこの人のCD聴いてるんで)。
うぐいすにとって、いまひとつ評価が難しい人です。
一般的に、誰が演奏した場合でも、スタジオ録音とライブでは違うものなのですが、テンシュテットの豹変ぶりっていったい・・・と思ってしまいます。
スタジオ録音では、基本的には重厚でロマン的な粘りのある演奏ながら、全体としてはオケをうまくドライブしてそれなりにうまくまとめているというのが、うぐいすの印象でした。
ところがライブとなると、まるで人が変わったかのような演奏になります。

たとえばマーラーの「復活」。ロンドン・フィルを振ったスタジオ録音は、粘りながらも非常に端正な演奏に聴こえます。録音が少しはっきりしない感じがあるのでそう聴こえているかもしれませんが。
これがライブ録音になるととんでもないことになっています(笑)。北ドイツ放送響を振ったライブ録音が海賊盤にあるのですが・・・
弦がちぎれるかと思うようなフォルティッシモ、極限までに粘りまくる旋律、曲想が盛り上がるときの煽りに煽るハイテンポ、うなりまくる重低音、これが自分の知っているテンシュテットか?と耳を疑いました。でも、バーンスタインの演奏みたいにイッちゃってる感じとはまた違って、品の良さみたいのはあるんですけどね(笑)。陶酔的というより
は、熱血系という感じでしょうか。
また、ベートーヴェンの交響曲第5番のライブも、おおよそ、うぐいすの持っていた印象とは違い、かなり熱い演奏を展開しています。

要するに、スタジオ録音とライブが違いすぎて、どちらが本当のテンシュテットだったのか、個人的にいまひとつ焦点が定められていないという感じです。
禅問答ではないですが、どちらも本当だったのでしょうけどね。
スタジオ録音よりもライブがすごいと言われる人は他にもいろいろいるわけですが、なんというか、ステレオタイプ的にこの人はこういう演奏をする人、という風にとらえきれない人の一人です。

あと、残っている録音の曲に偏りがあるところも損をしているかもしれません。マーラー全集は有名ですが、ポツリポツリと出ているベートーヴェンやブラームスあたりをもっと残していたらなあ(しかもライブで)、と素直に思ってしまいます。
それでもここ数年で結構ライブが出てきている状況なので、さらに今後に期待ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うねるマーラー テンシュテットのマーラー5番LIVE
ものすごい熱気。LIVE盤らしい壮大な盛り上がり、スケール感。 ...続きを見る
クラシック音楽のひとりごと
2008/01/06 20:25
???????????????LIVE????????????
??????????????????????????????;&_`;?? ???????????????????????????????? ???????????????????? ???????? ...続きを見る
?????????????
2008/01/06 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スミマセン。こちらにもお邪魔を。
うぐいすさんのブログ、方々拝読しました。テンシュテットについて、
>要するに、スタジオ録音とライブが違いすぎて、どちらが本当のテンシュテットだったのか、個人的にいまひとつ焦点が定められていないという感じです・・・・

ホンマに同感です。マーラーなどでの違い、大きいです。「復活」の実演盤は未聴なんですが、是非聴いてみたいと思います。
EMIから出ている5〜7番のライヴ盤は凄まじい演奏でした。整った演奏を聴くなら、スタジオ録音の全集盤がイイと思うんですが、時々(ホンマに時々です)聴くライヴ盤はスゴイと思います。真剣に聴いているとクタクタになります。
mozart1889
2008/01/06 20:24
mozart1889さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

北ドイツ放送響を振ったライブの「復活」は、もしかすると今は廃盤になっていて市場に出ていないかもしれません(海賊盤ですし)。でも、どこかで見つけられたら、ぜひともその機会を逃さずゲットされたほうがよいかと(笑)。テンシュテットに限らず、全ての「復活」の演奏の中でも、ベストの候補にあげてもよいのではないかと思ってしまう爆演です。でも、聴き終わった後はお約束の「クタクタ」状態になってしまうとは思うのですが(笑)。
うぐいす
2008/01/06 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
テンシュテットのライブって、いったい・・・ Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる