Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS フォーレの室内楽

<<   作成日時 : 2007/07/17 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、今回は本当に軽めで、フォーレの室内楽です。
えっ?軽くない?
う〜ん、実はそうかもしれませんね。憂いのこもった曲想もありますしね。

フォーレの音楽を聴いていつも思うことは、非常に気品の溢れる音楽だなあ、ということです。
あまり大仰ではなく、非常に繊細なつくりです。曲の盛り上げ方は意外と劇的で聴き栄えもします。ユニゾンでメロディ鳴らせるところなど、その響きに身を委ねてしまいます。しかし、決して激情的ではないですね。

フォーレの旋律や構成をあらためて考えてみると、旋律ははっきりしているような、あいまいなような、調性感もしっかりしているような、時々希薄になるようなといった感じで、どこかふわっとした印象があります。そのせいかは知りませんが、曲としてどこか安定と不安定の間を行き来するような危うげな、儚い雰囲気を醸し出しています。
それがなんとも、うまい味を出していますね。
画風で言うと、パステル調の淡い色調で覆われているような、なんとも上品な印象です。
ここからはうぐいすの個人的なイメージなんですが、なんというか、貴族の上品な、貧血持ちのよろめき系貴婦人みたいとでもいうんでしょうか、そんな感じも持ってたりするのですが(笑)。まあ、ここはあまり深く突っ込まないでください。

時期的に見てみると、初期の作品群、ヴァイオリンソナタ1番・ピアノ四重奏1番などは、若々しくてみずみずしい旋律で非常に親しみやすい曲です。
この辺はあまりよろめき系というよりは夢みる好青年(爆笑)というような趣もあります。

中期はピアノ四重奏2番やピアノ五重奏1番あたりになります。このころになるとよろめき絶好調!という感じです。
ピアノ五重奏1番なんか、1楽章最初のピアノのアルペジオでもう涙出そうになってしまいますし、中間部の盛り上がりなどではもう、メロメロになってしまいます。

晩年の頃の作品は、なんといっても、秋の木漏れ日のような憂愁の漂う曲想が魅力です。
晩秋の夕暮れ、落葉の積もった森林の中にたたずんでいるような趣があります。
華やかさというよりも年輪を感じさせる渋さがありますね。フレーズや構成も単純化・簡素化されて、フォーレのエッセンスが凝縮された名曲群です。
ピアノ五重奏2番・弦楽四重奏やピアノトリオがそれにあたるわけですが、特に、最後の作品となった弦楽四重奏は、他の曲とイメージが変わります。
渋さと同時に、寂寥感の漂う曲です。他曲のフォーレの魅力と同時に、晩年の枯れた雰囲気の味わえる一品で、ここにフォーレのすべてが集約されているのではないかとも思います。これまでの作品の到達点が正にこの曲だったのかなあとさえ感じます。最終楽章の終わりに、それまでの渋い味わいから一転、最後の一花を咲かせるかのように華やかで、一瞬の煌きのような節回しで見せ場を作って締めくくるところなど、もうやられた!という感じですね。

しかし、それにしてもよくピアノが鳴っている曲ばかりです。
(弦楽四重奏にはもちろんピアノはありませんが)
必ず「ガラガラ」と弦楽器の後ろでピアノが鳴ってるんですよねえ。
他の作曲家のピアノ入り室内楽も、結構鳴っていると思うのですが、フォーレの鳴らし方は、ピアノがせわしなく裏で始終鳴っている感じです。
フォーレの室内楽って結構、「ピアニスト殺し」の曲ではないでしょうか(笑)。→あまりこういう言い方は聞かないんですけどね。

ソナタを除いたものとしてのうぐいすの愛聴盤は、ユボーやヴィア・ノヴァ四重奏団などが参加している、一連のフォーレ室内楽曲集です。
フランス音楽を自家薬籠中としているベテランの揃った、落ち着きと風格のある名演ぞろいの曲集です。フォーレのツボをうまくついてるし、機転が効いてて小粋な感じというのでしょうか。まさに、「エスプリ」という一言に尽きます。
J.P.コラールや若き日のデュメイが参加しているものは、フォーレにしてはずいぶん勢いと粘りのある演奏で、ちょっと意気込みが出すぎていて空回りしているような印象をもちました。

ヴァイオリンソナタ1番はティボー/コルトーの演奏をよく聴きますね。
あと、意外とデュメイ/J.P.コラールのものは好きです。
フォーレ:室内楽全集(1)
フォーレ:室内楽全集(1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フォーレの室内楽 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる