Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS マーラー:大地の歌<PA-026>

<<   作成日時 : 2007/07/29 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、ちょっと波に乗ってきたのでマーラーの感想へいきます。今回は交響曲「大地の歌」です。
9番目の交響曲のジンクスをおそれて番号つけるのをやめたという、いわくつきの曲です。しかし、この際はっきり言いますが、これ番号つけなくて正解だったんじゃないでしょうか?この曲、いわゆる「交響曲」じゃないと思うので(笑)。
まあ、そんな事言ったら、マーラーのほとんどの交響曲は違うような気がしますが(「千人」は交響曲なのか?)。

この曲は、その昔CMでも使われた3楽章や、長大なスケールの6楽章などなど聴き所がいろいろあるわけですが、うぐいすはなんといっても、1楽章がもっとも好きです。
なんというか、哀愁漂う旋律ながらも迫力のある曲想で、はったりが効いてるというのでしょうか。
冒頭のホルンや、弦のピチカートと木管の響きの溶けあいがいいです。

この曲は、ワルター/ウィーンの'52年盤(歌はパツァークとフェリアですね)が有名ですね。
うぐいすはこの演奏は名演だと思うのですが、100%のめりこめるかというと、そうではないです。
ワルター/ウィーンフィルは文句なしですね。なんというか、決して音が汚くならずに楽器をよく鳴らしていながら、しかも、戦前ほどではありませんが甘美な音色で歌っています。
本当に、ツボを得た演奏という印象です。
どこが不満かというと、やはり歌手陣に少し違和感があるのです。

パツァークは初めて聴いたときは、なんてへたくそな歌なんだ!という感じでしたねえ(笑)。音程ズレまくりで声量もありません。
歌い回しがなんとも素人くさい感じなのです。オペラの脇役ならまあ、そんなに気にならないかもしれませんが、メインで歌われると結構気になりますねえ。
まあしかし、時折そのへたくそな歌が光る時もあります(笑)。
いや、逆に、その味を出すためにわざとそう歌っているのかというくらいにはまるときがあります。
どこか、投げやりで自棄気味になる感じが妙に曲想に合ったりすることがあるのです。
でも、ほとんどの部分はあまり共感できないかなあ。
フェリアは結構好きな歌手だったりするのですが、あまり気分が優れない時とかに聴くと、ちょっとくぐもった感じが耳につく時があります。
でも、パツァークよりは大分いいですね。

バーンスタイン盤は60年代のキングとF=ディースカウと組んだものを持っています。
キングといえば、ワーグナーの「指環」のショルティ盤・ベーム盤でジークムントを歌っていて、いわゆる「ヘルデンテノール」として有名ですね。
ジークムントやってるキングは若々しく張りのある声で楽しませてくれました。
ここでの大地の歌も悪くはないのですが、意外とワーグナーほどの魅力が感じられなかったです。技術的にも、結構音程外してる感じがしました。
2,4,6楽章は、はじめアルトでなくバリトンなところに違和感持ちますが、でも先入観なく聴くことができるようになれば、ディースカウのうまさにのめりこめます。
バーンスタインも晩年ほど粘ることなく、結構やりたい放題です。
でもそんなに何回も聴きたくなるかというと微妙なところですねえ。

クレンペラー盤も有名な演奏ですが、これはどれだけこの遅めの演奏についていけるかで評価が分かれるかもしれません。たまに、じっくりと大地の歌を味わって聴くにはいいですね。ただ、そういう気になる機会がどれだけあるか?というのもあるのですが(笑)。でも、確かに名演です。
歌手も良いです。普通に聴く分には、上記2種よりもしっくりきて聴きやすいかもしれません。

今回あらためて聴きなおしてみて思ったのは、「大地の歌」は少なくとも上記3点について、100%満足の演奏というのがないのと、歌の感情表現がちょっとダイレクトすぎて最近のうぐいすには重いなあということですね。今後もたまに取り出して聴くのは、やっぱりオケの魅力でワルター/ウィーン盤だと思います。

上記以外の演奏を探すところまでは興味がいかないかなあ。
やっぱり、うぐいすは第9の方が好きみたいです。
マーラー:交響曲 大地の歌
マーラー:交響曲 大地の歌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マーラー:大地の歌<PA-026> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる