Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS また(笑)!ショスタコーヴィチ弦楽四重奏8番

<<   作成日時 : 2007/09/12 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ちょっと調子が戻ってきましたので、またぼちぼちと書かせていただきます。
今回、みなさん、またか!っていう感じでしょうか(笑)。
最近ちょっと偏ってるかもしれませんが、でも今回はある演奏に衝撃を受けたので、迷わず書かせていただきます(笑)。
ある演奏とは、かの有名なベートーヴェン四重奏団の全集です。

実は、この曲好きなわりにあまり持っていなかったのです。
(ボロディン四重奏団のステレオ全集と、1986年のライブ)そこで最近、ベートーヴェン四重奏団の全集と、ボロディン四重奏団の旧全集(13番までのもの)を購入しました。

ボロディン四重奏団の旧盤は8番のみ昔聴いたことがありましたので、新盤よりも力漲る熱い演奏ではありますが、一応うぐいすの想定内の演奏でした(笑)。
こちらはそのうちまた感想書くとして、今回の本題はベートーヴェン四重奏団です。

ベートーヴェン四重奏団は、ショスタコーヴィチの四重奏をほとんど初演した団体で、ほとんど盟友とも言うべき関係であることは、知識としては知っていました。
実際の演奏で知っているものは、以前ブログでも書いたのですが、ショスタコーヴィチと組んだピアノ五重奏曲を持っています。その人間的で熱い演奏にいたく感銘しました。

で、弦楽四重奏8番なのですが・・・何でしょうか、これは!(笑)
とても分厚い響きで熱い演奏です。
なんというか、ボロディン四重奏団は都会的というか、洗練された響きで鋭く切り込んでいく(新旧盤で演奏様式は違えど、その基本はどちらも同じです)なのに比べ、ベートーヴェン四重奏団はぶっきらぼうな音色で野武士のような荒々しさとともに、実に人間的な肌触りの演奏をしています。
重厚で男らしく、音の歯切れの良い奏法を聴いていると、ファシズムに対する恐怖というよりは、黒澤映画「用心棒」や「7人の侍」の三船敏郎を思い浮かべてしまいました(笑)。

ボロディン四重奏団の演奏は、「巨人」ショスタコーヴィチの斜に構えたような冷徹な眼が感じられるのですが、ベートーヴェン四重奏団の方は、「等身大」の、生の人間ショスタコーヴィチの苦悩や暖かな眼差しを感じるような気がするのです。
逆に、だからこそ、4・5楽章はボロディン四重奏団よりも非常に温かみを感じます。この楽章で涙が出そうになったのは、実は初めてです(笑)。
この演奏で4,5楽章を聴いたら、ファシズムと戦争の犠牲者(またはショスタコーヴィチ自身)への献呈曲なのだということが初めて理解できたような気がします。

ただひとつ不満な点があるのですが・・・それは演奏ではなく、録音です。左右のバランスがひどくて、また、めまいがぶり返しそうになりましたので(笑)、モノラルでMDに録音しなおして聴いています。
実を言うと、初め聴いたときは録音が気になって全然心に響いてこなかったのですが、モノラルに録音しなおしてその凄さがわかりました。っていうか、モノラルにした方が凄いっていうのも、何でしょうか、これは!という感じなんですが(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
弦楽四重奏曲第8番(ショスタコーヴィチ)<PA-044>
今回は、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲8番です。 って、えっ、また書くの?という感じですね。 いえいえ、今回はせっかくシリーズやってるので、順番狂わせるのが惜しくなってしまい、ちょっと息抜きに以前の8番の発言に対して補足コメントのみしようと・・・ ...続きを見る
Cla_PA!(クラシックパーキングエリ...
2007/10/08 20:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは!
ご病気が良くなってきているようで、ホッとしています。
さて、「String Quartets」はしばらくお休みしていますが、今月は睡眠時間削って削ってDSCH弦楽四重奏曲鑑賞をしています(爆)。
今回のエントリーも大変愉しく拝読させていただきました。しかし……私が記した下書きとあまりに似通っている部分があるではありませんか!(笑)
因みに、今現在のマイブーム(死語)は第10番と第12番です。
またお求めになられた録音のご感想を楽しみにしています!
凛虞
2007/09/12 22:32
凛虞さん、こんばんは。おかげさまで体調戻りつつあります。ご心配おかけしまして申し訳ありません。
実は体調の件と、凛虞さんのブログの件もあり、今月末まで書くのやめておこうかとも思ったのですが、ベートーヴェン四重奏団の衝撃があまりに大きかったので、たまらず書き連ねてしまいました。

ショスタコーヴィチの四重奏は名曲ぞろいですが、うぐいすは8・9・10・14・15番をよく聴きます。
またベートーヴェン四重奏団の話ですが、15番でも衝撃を受けてます。なんて暖かい音色のエレジーでしょうか!こんなに音楽をいとおしむような15番は初めてだったので、むさぼるように聴いてます。
でも、病み上がりなので少しは自重した方が良いですかね(笑)。
うぐいす
2007/09/12 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
また(笑)!ショスタコーヴィチ弦楽四重奏8番 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる