Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 弦楽四重奏曲第15番とまとめです!(ショスタコーヴィチ)<PA-051>

<<   作成日時 : 2007/10/15 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲15番です。
といっても、すでに先月あらかた書いてしまいましたので、8番同様今回も補足回ということで・・・
まずは以前の感想リンクです。

ボロディンQの弦楽四重奏曲第15番(ショスタコーヴィチ)

ベートーヴェンQの弦楽四重奏曲第15番(ショスタコーヴィチ)

各演奏の感想は上記リンクをご参照ください。
曲そのものについても、なんだかんだ言って、ベートーヴェン四重奏団の感想の中に入っちゃってますね(笑)。

しかし、あらためて今、ベートーヴェンQの15番聴いていますが、このような演奏を残してくれたことに、純粋に感謝です。
5楽章聴いていて、涙が出そうになりました(笑)。

さて、ここまでショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲について、全曲それぞれの感想書いてきました。なんとか中断せずに続けられましたねえ。
途中からはもう意地になってきた感じもありますが(笑)。
でもうぐいすにとっても、ショスタコーヴィチの四重奏について自分の基本的なスタンスや考えを確認できて、非常に有意義なシリーズでした。

横綱級の全集ばかり揃えてしまいましたが、微妙に各曲ごとに好きな演奏もバラけていることも認識できました。構成感がすばらしく冷徹で澄み切った響きのボロディン(新)、直截的で鋭く切り込んでいくボロディン(旧)、情熱的で剛毅かつロマンチックなベートーヴェンQと、各団体の特質をこの機会に徹底的に思う存分味わいました。
他の演奏も今後、購入する機会があるかもしれませんが、うぐいす的にはもうしばらくはこの宝庫にうずもれて生活してみたいと思います(笑)。

さて、次回は番外編で、ちょっと以前8番の時に書いてみようかなあ、と思っていた、ショスタコーヴィチと戦争にまつわる曲についてです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、全15曲たいへん御苦労様でした。
毎回楽しく読ませて頂きました。

私はショスタコーヴィチ全集は、ボロディン(新)
とブロドスキーしか持っていません。ボロディン新旧やベートーヴェンが横綱級だとしたらブロドスキーはどう考えても関脇以下なので、ボロディン(旧)かベートーヴェンをぜひ購入しようと思います。
アルトゥール
2007/10/15 22:06
アルトゥールさん、お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

ブロドスキーのはいろいろな方のお話に出てくるのですが、残念ながら聴いたことないので、関脇以下なのかどうかもわからないのです。もし、もうひとつ買われるのなら、ボロディン(旧)はお薦めです!ただし、14・15番がないので、凛虞さんのおっしゃるとおり、ここをベートーヴェンQで補う、というのがいいのではないでしょうか。ベートーヴェンQは、全集として考えると録音がよくない曲が多いので、名演と賞賛しつつも人に薦めるのは少し躊躇してしまいます(笑)。でも、14・15番はその中でも録音状態はいいですし、演奏も文句なしの名演です。
まずはこの組み合わせというのもよろしいかと思いますね。って、これしか知らないのに、あんまり偉そうなこともいえないのですが(爆)。
うぐいす
2007/10/15 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
弦楽四重奏曲第15番とまとめです!(ショスタコーヴィチ)<PA-051> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる