Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 孤高の極み!タネーエフQのショスタコーヴィチ15番<PA-060>

<<   作成日時 : 2007/11/13 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

本日、注文していたタネーエフ四重奏団のショスタコーヴィチが届きました。ということで、早速8番と15番だけ聴いてみました。8番はとりあえずおいといて、
なんといっても15番です!(笑)
いやはや、これは・・・この恐怖と哀愁が同居しているような孤高な感覚はなんと例えたらいいものでしょうか。

8番を聴いた感じでは、タネーエフ四重奏団の演奏は技術的にはそんなにうまくはないかもしれませんが、なんとも泥臭くかすれたハスキーな音色で、直接的に鋭く畳み込んでくる演奏と思いました。
なかなか味がある演奏で好感を持ちましたが、8番はボロディン(旧)の方が上かなあとも思ったりしていました。

しかし・・・15番を聴いたら何かすべてが吹っ飛んでしまいました。
なんて恐ろしくて寂しい情景なのでしょうか!(笑)
15番はこのタネーエフのものが、もっとも曲の内容を的確に表現した演奏かもしれません。
(そういえば、15番の初演はこの団体でしたね。)

1楽章の冒頭はかすれた弱音で訥々と始まります。
果たして、ここまで晩年の作曲者の寂寥感が表現できている演奏は他にあるのでしょうか!
この演奏を聴いて初めてこの曲を理解できたような気がします。
なんて寂しくて孤高の極みにある曲なのでしょうか。
続く2楽章以下も同様の演奏です・・・聴いていて、だんだん感想書く手が止まってしまいます(笑)。なんか、細かいことをいろいろ書く気がしません。

ベートーヴェン四重奏団の演奏する15番が癒し系の極みなら、このタネーエフ四重奏団の演奏は、その対極に位置する演奏です。
ボロディン四重奏団のものは澄み切った厳しさといった印象なのですが、タネーエフ四重奏団のはそんなレベルの話ではありません。
明確に、意思の力の込められている冷徹さ・厳しさを感じます。

いやあこの全集、15番聴くだけでも買ってよかったとうぐいすは思います。
他の曲はまだ聴いてないのですが、それがいまいちだったとしてもこの15番1曲が聴けただけで許せます(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、おはようございます。
実は私も、HMVにタネーエフがあるという情報をうぐいすさんの記事を見て、週末にタネーエフを買ったばかりでした。ただしまだ1曲も聴いていませんが。私も8→15の順で聴いてみます。
その次にボロディン(旧)を買うつもりです。
アルトゥール
2007/11/14 07:53
アルトゥールさん、こんばんは!
タネーエフ四重奏団のショスタコーヴィチ、よく噂には聞いていたのですが、実際に聴いてみてこういう演奏だったのか!とあらためて感心してしまいました。

あれから数回程15番聴き直しているのですが(笑)、本文中で言っている「冷徹さ」って実は当てはまらないかもしれません。実に魂のこもった演奏で、野太い朴訥な音で鋭く切り込んでいく表現方法です。ベートーヴェン四重奏団の演奏が対極的に暖かみのある音色なので、そう感じたのかもしれません。
うぐいす
2007/11/14 20:32
うぐいすさん、こんばんは!
暫くネットから遠ざかっている間に、凄まじく興味深いエントリーを多数されており、狂喜しております(笑)!
また、トラコミュ「弦楽四重奏」の記念すべき200回目のTB、まことに有り難うございましたm(_ _)m

さて、DSCHの姓をURLに拝借しておきながら、タネーエフ盤を聞かないのは流石にまずかろうということで、過日入手いたしました(笑)。第15番、衝撃的すぎて死にそうです(爆)。「やはりこの曲はケラー盤が一番好きかな…」と思っていたところ、このタネーエフ盤の登場によりあっさり思いを変えました。

ところで、ベルクのヴァイオリン協奏曲、ますます初演者による録音に興味津々となりました。この歴史の証言が復刻されることを祈っております。

最後になりましたが、何とか以前に予告したとおり、バルトークの弦楽四重奏曲について記しましたので、TBさせていただきましたm(_ _)m
凛虞
2007/11/16 21:21
凛虞さん、こんばんは!
トラックバックとコメントありがとうございました。

タネーエフ四重奏団には全くたまげました(笑)。昔から名演との声があがる理由がよくわかりました。あれから他の曲も聴き進めてますが、この団体、11番以降の後期作品が非常におもしろいです。一方、初期の6番くらいまではボロディン四重奏団の方が清々しくて聴きやすいです。でも味はありますね。
まだ聴きが浅いので、もうちょっと聴きこんで自分の中に消化してみる必要がありそうです。

ベルクのクラスナー盤は廃盤なのですね。この曲が好きな方には必聴の名盤だと思うのですが、やはりこういう録音はカタログ上で生き残るのがなかなか難しいのでしょうね。

最近お忙しそうですね。お体には気をつけてください。
うぐいす
2007/11/16 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
孤高の極み!タネーエフQのショスタコーヴィチ15番<PA-060> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる