Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS クーベリックの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲<PA-100>

<<   作成日時 : 2008/02/23 18:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

今回は記念すべきPA100回目のエントリーです。
結構、気分で番号つけてるのでホントに記念かどうかわかんないのですが(笑)。
といいつつ、まあケジメにもなるんでいろいろ考えてみました。
お祭り気分に合ってそうな曲ということで、マイスタージンガーを選んでみました。
以前、うぐいすのお気に入りといっていた「クーベリック」の演奏です(笑)。

この演奏を知る前にカラヤン盤を持ってたのですが、ある意味そのカラヤン盤のせいで一時期、マイスタージンガー全曲はあまり聴かなくなってしまった感があります。
カラヤン盤で感心する点はいくつもあるのですが、全体としてどうにも活気がなくて渋い印象があるため、聴かなくなってしまったのです。

クーベリック盤は、数年前に大学時代の友人とメールしたときに「マイジンはクーベリック盤が最高よ!」と教えてくれたのがきっかけで、即購入しました(笑)。
この演奏初めて聴いたときは、いやもうマイスタージンガーって、なんて生き生きした音楽なのかと驚嘆しましたね。この演奏聴いたら、カラヤン盤がどうにも気取った、つくりものっぽい感じもしてしまいましたよ。
1967年録音なのですが、録音状態がいいですね。すごく音楽が瑞々しく捉えられています。

全体として、クーベリック/バイエルン放送響のオケも歌手もすべて生き生き・伸び伸び・ハツラツという感じですね。ドイツ庶民の息吹というか熱気が溢れていて、爽快さすらうかがえる(笑)雰囲気です。

歌手陣もいいですねえ。なんというか、変に突出するような人がいなくて、オケに溶け込んで一体となった音楽に聴こえます。
スチュアートのスマートながらも威厳のあるザックス、紳士的なクラスのポーグナー、コーンヤの若々しく伸びのあるヴァルター、若きヤノヴィッツの瑞々しいエヴァと、粒が揃っています。
ウンガーのダーヴィッドもいいですね。非常に元気のある、親しみやすいダーヴィッドです。
ベックメッサーのヘムスレーも立派な歌で、あんまり矮小化されて表現されてないのがいいです。

逆に言うと、ある特定の、個性のある歌手を目的に聴くという感じではないですね。そういう意味では歌手は全体として高いレベルで均されている、という感じです。
なので、特にこの歌手がお気に入り!とかいうよりも、曲そのものを楽しめる演奏ではないでしょうか。
こう書くと、なんか没個性的な演奏のように捉えられてしまうかもしれませんが、決してそういう意味で書いていません。
聴こえてくる音楽は生命力が溢れんばかりの高いレベルで揃ってます。
その点はカラヤン盤よりも上ですね。

この曲、全体が長いので総論的に書かざるを得ないのですが、さらにクーベリック盤の場合は、特に場所を抜き出してここが特に・・・という演奏ではなく、全曲通して聴き所みたいな感じなので抜き出して詳しく書くのが難しいです。
あえて書いてみると、1幕のダーヴィッドや歌のテスト、2幕最後のドンちゃん騒ぎもいいですが、なんと言っても3幕の五重唱の美しさ、歌合戦以降の活気がすごいですかね。
徒弟たちの踊りのところなど正に目の前で踊りを見ているかのような臨場感がありますし、その後のマイスターが揃ってきてザックスが歌いだすまでの、堂々とした音楽の連続にも聴き惚れてしまいます。
最後の3幕の締めくくりのところではいつもその勢い・かっこ良さに圧倒されて、聴くたびに感動して涙が出そうになってしまいます。
喜劇なんですがねえ(笑)。

この演奏、うぐいすにマイスタージンガーのよさを存分に教えてくれた、臨場感と生命力に溢れた名演です。
Wagner: Die Meistersinger von N?rnberg
Die Meistersinger

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Wagner “Die Meistersinger von N&uuml;rnberg” Kubel...
Richard Wagner “Die Meistersinger von N&uuml;rnberg” Oper in drei Aufz&uuml;gen Hans Sachs....Thomas Stewart Veit Pogner....Franz Crass Kunz Vogelgesang....Horst Wilhelm Konrad Nachtigall....Richard Kogel Sixtus Beckmesser....Thomas Hemsley F... ...続きを見る
音楽鑑賞雑記帳
2009/01/03 12:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは。PA‐100回記念おめでとうございます!
なんとも、それに相応しい選曲&演奏と思います。個人的には、これを聞いて初めて、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が、「コシ・ファン・トゥッテ」に勝るとも劣らぬアンサンブル・オペラであることを痛感しました。
凛虞
2008/02/23 22:30
凛虞さん、こんばんは。
早速のコメント、ありがとうございます。

選曲はいろいろ迷いました(笑)。2週間前にマイスタージンガー書いたとき、いつかこの演奏も必ずエントリーするつもりでタイミングを図っていたのですが、書くなら今かな?と思い、エントリーしてみました。

アンサンブル・オペラとは、うまいことをおっしゃられますね。実は今思うに、うぐいすは初め歌手の個性とかオケのみの部分を楽しむとかいう感じで聴こうとしていたような気がします。でも、パーツではなくて全体の流れや調和を楽しまないとだめだったのかな?とクーベリック盤聴いて気がつきました(それが2週間前の感想につながります)。うぐいすもクーベリック盤の演奏のおかげで、曲そのものの楽しみ方がわかった気がします。
うぐいす
2008/02/23 23:22
うぐいすさま お早うございます

100回、おめでとうございます。
くーべりっく盤の「マイスタージンガー」、良く聴いています。カラヤン盤は車の中に入っています。テオ・アダムさんのザックスはやはり好きなんですよ、それに、ドナートさんのエーヴァ、最高だと思っています。

クーベリック盤、実は2セット持っています。発売元が変わっているCDです、最新の方が音は良くなっていますね、でも、リブレットは、旧盤の方が充実していたと思います。

演奏は、勿論最高の部類だと思います。ですが、私は割と、カイルベルト盤、ショルティの旧盤を聴いてしまいます、なぜかは分からないのですが〜。

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
2008/02/24 09:07
rudolf2006さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

このクーベリック盤って、最初に出たレーベルが解散してしまってしばらく市場から姿を消してしまっていたらしいですね。こんな名演が大人の事情(笑)で埋もれていたのって、すごくもったいない話です。

カラヤン盤、歌手もいいですね。オケの響きもなかなか素朴でいいですし、感心するところはいっぱいあるのですが、なんとなく疎遠になってしまいました。やはりこの曲には庶民の活気のようなものが必要じゃないかなあと勝手に思ってたりします。
うぐいす
2008/02/24 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
クーベリックの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲<PA-100> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる