Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せな空間:ズスケQのベートーヴェン第12番<PA-123>

<<   作成日時 : 2008/04/25 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

毎年この時期は仕事が忙しくなります。
こんなときに聴くのに最適なのは、ズスケQ(ベルリンSQ)のベートーヴェンです。
今回はうぐいすの大好きな12番です。
うぐいすはいままでバリリQの12番が最も好きでしたが、いつも聴くならこのズスケQの演奏になってきています。

ズスケQ、まだベートーヴェンの全曲は聴いてません。
でも、この演奏はうぐいすにとって、そのうちベートーヴェンのほとんどの曲について、凛虞さんのおっしゃるところの「リファレンス」としての位置づけになりそうな予感が・・・
(まだクリーヴランドQも聴いてないので、あくまで予感、ですが)

12番って、結構生き生きとして生命力溢れた活気のある演奏をしている団体がほとんどだったりします。
アルバン・ベルクQあたりになると、ちと表現主義的な傾向が強くなりますが、スメタナQ(旧盤)あたりはわりとまじめで健康的な生きの良さがあります。また、ジュリアードQ旧盤は意外とロマン的な演奏ではありますが、時折見せる厳しい筋肉質な響きなどに強靭な意志も感じさせますね。
ブダペストQはがっちりした男の音楽(笑)といった感じでしょうか。

上記の団体は何がしかの意思の力とか生命力を感じさせる演奏だったりしますね。一方、バリリQやブッシュQはそれらとは少し路線が違います。
ブッシュQはあらためて12番を聴くと意外にも端正ではありますが、他の曲と比べてポルタメントなど、時代を感じさせる表現が多いですね。(3、4楽章あたりになると少し活気のある演奏になりますが)
バリリQはかなりの暖かめの音色でしかもひたすら柔らかく弾いていきます。でも、あまり嫌味にならないバランス感覚も持ち合わせていて、とにかく癒しの「極致」です。

元々うぐいすは意思の力の感じられるがっちりした演奏が好きだったのですが、初めてバリリQの12番を聴いたときに衝撃を受けました。
変化球かな?と思いつつ、結構お気に入りになってしまったのです。

でもなんというか、バリリQだと「過剰に」癒されてしまうのです(笑)。
暖かすぎて涙が出るというか、心が揺さぶられてしまうのですよ。
それっていい演奏ってことでもありますが、いつも聴いてるわけにゃあいかんのです(笑)。
しかも音楽的にある一面に偏ってるかもしれませんね。それが悪いとは思いませんが、いつも聴くのはどうかな〜、という感じなのです。

一方、ズスケQのはそういう激しい感情は沸き起こってこないです。
そのかわり、いつまでも聴き続けることのできる、非常に居心地の良い演奏です。生き生きとした生命力も感じられますね。
柔らかくしっとりとした音色ながらもバリリQほどに暖かくなりすぎず、しっかりとした形式感も持ち合わせている、バランス感覚の整った名演です。
しかしながら、このバランスの整った美音が残響豊かに鳴り響いているこの音場に、非常に「幸せな空間」を感じるのです。

最近、他の曲も聴いてはいますが、1日に1回以上はこの12番を聴いてます。
といっても先週買ってきたばっかりということなのだと思いますが(笑)。そのうち回数は減っていくでしょうけどね。
アクも強くありませんし、ある意味オーソドックスですが、特徴がないかと言われると決してそうではないのです。
何回聴いても飽きないですねえ。
ベートーヴェンの四重奏聴いていて、こんなに疲れない演奏は初めてです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは!
ベートーヴェンのみならず私がこれまで聞いてきたズスケ四重奏団による録音で最も素晴らしいと思っているものがこの第12番です。同曲のリファレンスにして最高峰と言えるでしょうか(笑)。
1年くらい前はスメタナ四重奏団の1961年盤(うぐいすさんが言及されていらっしゃる旧盤のさらに前のものと思われます)を筆頭にしていましたが、勢いはあるものの録音の関係からかいくぶんアンサンブルが雑に思えてしまっています。
これを聞いてしまうと、なかなか他の第12番が聞けなくなってしまうかもしれません??(爆)
これと比べてしまうと、私の大好きなクリーヴランドもこの曲では滑らかすぎて浅い感があります。
凛虞
URL
2008/04/25 23:40
凛虞さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

やはり最高峰の部類なのですか(笑)。どうりで何回も聴いてしまうわけです。曲に内在する意思や構築力などの力強さを味わうなら他の演奏の方が良いでしょうが、いつも何気に聴ける演奏となると断然ズスケQなのですよねえ。おっしゃるとおり、最近ベートーヴェンの四重奏聴くのはほとんどズスケQなのです。

クリーヴランドQはズスケQより滑らかすぎなのですか。クリーヴランドQも購入予定ですので、ズスケQといろいろ補完しあいながら聴いていけるとベストかもしれませんね。
うぐいす
2008/04/26 00:26
うぐいすさま お早うございます。

12番がお好きなんですね
私はいつも、15番になりますね、どうしても〜
聴く方の思いによっても、変わるんでしょうね〜
どの曲も素晴らしいわけですが〜。

ズスケのCD、15番を注文してあります、またクリーヴランドの15番も注文してしまいました、爆〜。どうも、いつ届くか分からないようですが〜。

私は今のところは、ブダペスト盤が一番のお気に入りになっているかもしれません、ジュリアード旧盤、スメタナも捨てがたいのですが〜。

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
URL
2008/04/26 05:54
うぐいすさん
おはようございます。
私もベートーヴェンの後期では12番がいちばん好きです。特に第2楽章の変奏曲が絶妙だと思います。
演奏は、いつも同じことばかり言いますが(苦笑)、やはりズスケSQがベストだと思います。あとこの曲ではラサールSQの透明感のある演奏が良かったように思うんですよ。
アルトゥール
2008/04/26 06:17
rudolf2006さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

相変わらず、「攻め」のご購入ですね!でも自分も人のこと言えませんが(笑)。うぐいすは曲の性質として活気のある生き生きとした12番を好んでいますが、ロマンチックな15番も好きですよ。ズスケQの15番というと、徳間ジャパン盤でしょうか。うぐいすはシャルプラッテンの最新リマスター盤を集めてるのですが、そのシリーズではまだ15番は発売されてないんですよ。一気に集められないところがつらいところです(苦笑)。
うぐいす
2008/04/26 10:16
アルトゥールさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

12番の2楽章、他の楽章とは一線を画した、スケールの大きい曲ですよね。正にベートーヴェン後期の、独自の世界の入り口を感じさせる曲です。
12番の演奏はうぐいすも今まで聴いた中ではズスケQの演奏がベストかなあと、思いつつあります。
こんなことならもっと早く全集に見切りをつけて決断してれば良かったです(苦笑)。

ラサールQの演奏は昨年の12月くらいにブログで、褒めてるのか貶しているのかわからないようなエントリー(苦笑)をしたことがありますが、その後、わりと聴いてるんですよね〜(爆笑)。ドライではあるものの、ダイナミックかつニュアンスの豊かな演奏ですね。
うぐいす
2008/04/26 10:28
うぐいすさん、こんにちは。

同曲で現在手許にあるのは…やはりブッシュでした。ご指摘のように大時代的で、曲調のせいかブッシュの他の演奏と比べて軽妙な感じがします。しかし1936年の録音ですからねえ。音の揺れが懐古感を強めています。

あまりベートーヴェンの四重奏は聞かないのですが、バリリ以外でウィーン調を聴きたくなって、昨日ウェラー四重奏団のハープ/セリオーソを注文したところです。果たして届きますやら…。

ところで、先日はラフマニノフのご教示をありがとうございます。ルービンシュタィン/オーマンディ盤が入手出来て、毎日のように聴いています(笑)。ヴィルトォーゾここにあり!という印象です。明るいラフマニノフはありがたいですね。
もう1枚、ホロヴィッツ/オーマンディの3番も手に入りましたが、こちらは凄まじさの極み。こちらの感想はrudolf2006さんのところに書かせていただきます…。
ezorisu
2008/04/26 12:47
ezorisuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

うぐいすはブッシュQに関しては、曲によってちとムラがあるかなあと思います。9番、14番などは結構感心するのですが、15番はあまり好きではなくて。12番の演奏はそれほど嫌いではありませんが、ちとピンと来ない感じもありますかね。

ラフマニノフですが、ルービンシュタイン/オーマンディ盤、なかなかいい感じでしょ?ルービンシュタインのピアノは、リヒテルのように粘らず、枯淡の域に達しています。特に見事なのは2楽章だと思います。1,3楽章でも、とても当時80代半ばとは思えない力演ですね。バックのオーマンディも明るめではありますが、好サポートだと思います。
うぐいす
2008/04/26 14:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幸せな空間:ズスケQのベートーヴェン第12番<PA-123> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる