Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆演!刺激的!バルトークQのベートーヴェン「ハープ」<PA-133>

<<   作成日時 : 2008/05/13 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

今回、ホントは他の曲をエントリーしようと思っていたのですよ。
とある曲を探して昔エアチェックしたカセットテープ(爆笑)の棚をあさっていたら、なんともまあ、珍しいものが出てきました。
それがこのバルトークQのベートーヴェン弦楽四重奏曲第10番「ハープ」です。

いやあ、この演奏録音してたなんて、すっかり忘れてました。
確かに大学時代に「ハープ」をエアチェックしてたことを徐々に思い出してきましたが、それがバルトークQだったとは。
どんな演奏か全然思い出せませんし(苦笑)、ちょっとおもしろそうだったので、聴いてみました。

いやいや、なんつ〜か、爆演ですねえ!剛毅です!
誤解を恐れずに言うと、まさしくこの団体が冠する名前のような、バルトークを弾く感じでベートーヴェン弾いているというんでしょうか。
(決してステレオタイプ的に聴いてるつもりはないんですけど)

1・3・4楽章のざっくりとしつつも情熱的で激しい歌!
こんなに大胆に力強く演奏された「ハープ」を聴いたことないです。
まさしく「剛」の演奏です。
2楽章も剛毅にたっぷりと歌い込んでる感じです。

最近、非常に柔らかかったり、軽めで明るい演奏を聴いているせいか、余計にこの演奏の激しさが凄いです。
癒されるというよりは、「こら、しっかりしろ!」と叱咤激励されてる感じです。
しかし、「ハープ」で叱咤激励されるって一体・・・(苦笑)

とまあ、意外と面白くて何回か繰り返して聴いてしまいました。
でもですねえ・・・この演奏、うぐいすは人様にはお薦めしません(笑)。
かなり変わってます。何回も聴いてるとすっかり疲れきってしまいます。
でも個人的にはちょっと気に入ってしまいました(笑)。これからも「たまに」聴いてしまうかも。

っていうかですね〜、この演奏聴いた後、ベートーヴェン以上にぜひともここのバルトークの四重奏を聴いてみたくなりましたね!非常に興味をそそられます。
確か前に、アルトゥールさんに薦められて探したんですが、見つからなかったような気がします。廃盤だったかなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バルトークSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第10番」
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第10番作品74「ハープ」を、バルトーク弦楽四重奏団の演奏で聴いてみました、録音時期は、ライナーノートには1969年から72年にかけてと記載されているのみで明確ではありません。 ...続きを見る
クラシック音楽のある毎日
2008/05/14 06:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは!

バルトーク四重奏団によるベートーヴェン、「剛」の極みですね。この演奏の方向性ですと、ともすると乱暴という印象と背中合わせになってしまう恐れもありますが、この「ハープ」は見事にそれを昇華していると思います。

私も是非このカルテットによるバルトークの弦楽四重奏曲を聞いてみたいところですが、生憎未聴です。2種類あるのでしょうか?
凛虞
URL
2008/05/13 22:05
凛虞さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
この「ハープ」、ホントに「剛」ですね。ここまで実直に表現されるとかえってサバサバしてしまいます(笑)。素直にこの演奏と向き合って聴いてみるとその魅力を存分に味わえますね。でもたまにでいいかも(笑)。
ちなみにバルトーク全集は噂では2種類あるらしいですね。旧盤は一度もCD化されてないという話だったような・・・新盤でもよいのでとにかく聴いてみたいのですが・・・(苦笑)
うぐいす
2008/05/13 22:54
うぐいすさま お早うございます

怪演の「ハープ」なんでしょうか??
そう言われると、聴いてみたくなりますね
エアーチェック 懐かしいです
私も昔はエアーチェックしていたような気もしましす。でも、カセットは何処に??
何回かの引っ越しで、どこに行ったのか、分かりません。カセットデッキはあるんですよ、使ったことがほとんどないんですが〜。

やっと、ズスケ、クリーヴランドのベトベンが届きそうです!!

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
URL
2008/05/14 05:59
うぐいすさん
おはようございます。
バルトークSQの個性的なベートーヴェン、私も好きで昨年「ハープ」でエントリーしました。同SQのベートーヴェン8番、14番や初期なども私は好きでいます。
バルトークSQのバルトーク全集は2種類で、旧盤はERATOですが今までCD化されていません。新盤は90年代のCANYON CLASICSへの録音で私は持って好きでいますが、廃盤になったようですね。残念なことです。
アルトゥール
2008/05/14 06:07
うぐいすさん、こんにちは。

エアチェック!今となっては懐かしい言葉です。拙宅にも今では「開かずの引き出し」(笑)があります。先程久しぶりに見たところ、何とアシュケナージ/ハイティンクのラフマニノフピアノ協奏曲第2・3番がありました。80年代にFMから録音したきり、聞いていなかったものです。メタルテープが泣かせますね。他にホッター/ドコウピルの「冬の旅」(東京ライブ)、これはエアチェック→LP→CDと進んで、後になるほど感銘が薄れたものです。最初、ラジオで聴いたときは本当に感動しました。
私の知人で同様のカセットテープを1,000本余り所有する方がおられるのですが、私の手許にカセットデッキが無くなってから借りに行かなくなってしまいました。妻のCDラジカセ(笑)も壊れて久しくなりますし…。
先日、カーラジオ(FM)で偶然ジュリアードのバルトーク四重奏曲を聞きましたが、今の私の精神状況ではとても聴き通せそうにないのでしばらくパスします。
ezorisu
2008/05/14 11:29
rudolf2006さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

ちょっと表現がオーバーだったかもしれませんが、「怪演」と言われるとさすがにそこまですごくはないのですよ(笑)。ただ、一般的にお薦めするにはどうかな〜、と思う演奏です。非常に剛毅で思い切りの良い「ハープ」です。

うぐいすの学生時代はでかいコンポが流行ってました。いまどきコンポはコンパクトが主流で、でかいのは流行ではないんですね〜。実は今もでかいコンポ持ってるのですが、最近はめっきりパソコンに取り込んでヘッドフォンで音楽を聴いてます(苦笑)。昨日久しぶりに聴いたカセットはCDラジカセで聴いてます。コンポ、もう処分してもいいかもしれませんねえ・・・
うぐいす
2008/05/14 21:11
アルトゥールさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

今もこの演奏聴きながらコメント書いてます(笑)。なんかクセになりますね、この演奏。元気があるときは結構面白く聴けそうです。ラズモフスキーもこんな感じでやられると、一体どうなってしまうのかなあ、とも思ってしまいます(笑)。

う〜ん、バルトーク全集、やはり廃盤なんですか。中古を探すしかなさそうですね。この思いっきりの良さでバルトークやってくれてると思うと、かなりなものじゃないかなあと思うんですけどねえ。
うぐいす
2008/05/14 21:14
ezorisuさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

エアチェック→LP→CDに進むと感銘が薄れたとのこと、非常に興味深い話ですね。実は、うぐいすもエアチェックした曲をCDで買いなおしたもののほとんどはがっかりした記憶があります。カセットだとダイナミックレンジが狭く、ヒスノイズや音のつぶれ具合が逆に凄絶さを感じさせてくれたのです(爆笑)。CDはダイナミックレンジも広く音がつぶれなくなってしまい、整然とした演奏に聴こえて非常に物足りなさを感じてしまったのです。「なんでここで音がつぶれないんだ(爆笑)」みたいな。まあ、こんな聴き方するのはうぐいすくらいということで。

バルトークはおもしろいと感じる部分が「1小節」でもあったのなら、聴き続けるときっと開眼できます(笑)!でも音楽なんて趣味ですから、無理して聴く必要もありませんので、興味が湧きましたらまた語りましょう!
うぐいす
2008/05/14 21:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
爆演!刺激的!バルトークQのベートーヴェン「ハープ」<PA-133> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる