Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラームスのピアノ・トリオ第3番:ルービンシュタイン/シェリング/フルニエ<PA-241>

<<   作成日時 : 2009/05/19 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

最近暑いですね〜。
スーツ着てくのが結構つらいです・・・
体調崩さないように気をつけないといけませんねえ。

さて、本日は久しぶりにブラームスです。
ピアノ・トリオ第3番です。

以前取り上げた第1番はブラームスのかなり初期の作品でしたが、今回の第3番の作曲は1886年、比較的晩年に近い作品ですね。
なんというか、1番は華やいだ若々しい曲想ですが、3番はずいぶんと風格があり、落ち着いた大人の佇まいもありますね。

スイスのトゥーン湖畔に滞在したときに作曲されたようです。
スイスの澄み渡るような空のもと、美しくおおらかな大自然に囲まれ、ブラームスもさぞや心地が良かったことでしょう・・・

ちなみにうぐいすはスイスには行ったことありませんので、上記の表現は、音楽評論家のまるっきりの受け売りです(爆)。

まあ冗談はさておいてこの曲、事実すごくおおらかで豊かな歌心の溢れる曲となっています。

なんと言ってもうぐいすの好きなのは第2楽章です。
憂いを含んだ、郷愁溢れるメロディですね。
すごく短いので、あっという間に終わってしまってなんだかもったいない感じです(笑)。

精力的な出だしで始まるおおらかで逞しい1楽章や、聴いている人間を慈しんでいるかのような実にのどかで暖かい3楽章もいいですね!情熱的な4楽章も素晴らしい。

うぐいすの聴いている演奏はルービンシュタイン/シェリング/フルニエです。以前からも書いてますが、このトリオはホントに音楽を知り尽くしたもの同士がお互いを慈しみ、寄り添いながら進行していくといった、アンサンブルの極致とも言えるような演奏をしています。
聴いていてすごく心が暖まります。

この演奏も唸り声が聴こえますね。って、別にそんなに特筆するほど目立つもんでもないんですが(笑)。これもまたフルニエかな。

この演奏、録音の録り方もいい感じですね。
なんか、すぐ近くで弾いているような感じに聴こえて、それがこの三者のアンサンブルに相乗効果となっていい方向に働いてます。さらに親近感が湧いてくるのですよ。

こういう曲、演奏を聴いていると、また緑地や遊歩道を散歩したくなってきます。
週間天気予報見ると、週末はまたあんまり天気良くないんだよなあ・・・
そもそも、最近は天気良くても暑いのでなかなか散歩に適した日がなくって。
てなこといいつつも、おそらく出かけてしまうのだろうけど(苦笑)。



シューベルト : ピアノ三重奏曲第2番&ブラームス:ピアノ三重奏曲第3番
BMGインターナショナル
2000-10-25
ルービンシュタイン(アルトゥール)
ユーザレビュー:
重厚な三重奏 これは ...
最低クラスのアンサン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ここにもランキング貼り付けてみました。
↓お気に召しましたら
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん
おはようございます。
ブラームスのトリオ3番、自分も好きです。3曲のピアノトリオの中でいちばん好きです。
演奏はスーク・トリオも持っていますが、やはりルービンシュタインのトリオの方が上かなと思います。
アルトゥール
2009/05/20 06:27
うぐいすさま こんにちは

この曲、この演奏で知りました。3人の室内楽、実に良いものですよね。自在でありながら、枠を崩していませんよね〜。
ブラームスは苦手なんですが、この曲は良い曲ですよね〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/05/20 14:13
アルトゥールさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

3番は情熱的ではありますが安定感も感じられますし、やはり他の曲と比べても完成度が高いなあと思います。1番のような華やぎのある曲もいいですが、3番の味わいも格別のものがあります。このルービンシュタインのトリオのアンサンブルも最高ですね。
うぐいす
2009/05/20 21:06
rudolf2006さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

このトリオ、三者三様でのびのびと演奏しているにも関わらず、アンサンブルはぴったりと寄り添うように合わせて進んでいきますね。存分に歌い、構成的にも破綻していない稀有の演奏と思います。うぐいすも普段はブラームスあんまり聴かないんですが、この演奏だと何気に取り出しています。
うぐいす
2009/05/20 21:15
この曲も自分のブログのブラームス室内楽特集で取り上げましたが、シェリング/フルニエ/ルービンシュタイン盤は最高です。ただもう一つ、スターン/ローズ/イストミン盤もそれに匹敵する演奏だと思います。個人的には3番に限ってはスターン達盤の方をより好んでいます。
ハルくん
URL
2009/05/23 21:26
ハルくんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

ルービンシュタインのこのトリオ、最高ですね!個人的にブラームスの室内楽は、あんまり名人芸を披露するよりも、アンサンブルとしてまとまっているものにいい感じのものが多いです。そう言えば、スターンも仲間たちと積極的に室内楽を録音してましたね。ランパルらとのモーツァルト:フルート四重奏曲なども名演でした。スターンのも聴いてみたいですねえ。
うぐいす
2009/05/23 23:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブラームスのピアノ・トリオ第3番:ルービンシュタイン/シェリング/フルニエ<PA-241> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる