Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ラサールQのベートーヴェン弦楽四重奏曲第12番<PA-268>

<<   作成日時 : 2009/08/26 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は久しぶりにHMVでCDを注文してしまいました。
今まで演奏を聴いたことのない団体なので、ちょっとばかり冒険ではありますが、サンプル聴いた感じではなかなか好感持てたので期待しているのですよ。
そのうちブログエントリーします。

さて、今回は久しぶりにベートーヴェンの弦楽四重奏曲です。
ラサールQの12番です。
本日、実はズスケQの12番を聴いた後にこの演奏を聴いたのです。

以前、ラサールQについては後期全体としての感想、ズスケQは12番についての感想を書いたことがあります。
基本的には、その時とあまり大きな感想の違いはないんですが、考えてみたらラサールQとズスケQの演奏を続けて聴いたことがなかったわけです。
今回あらためてズスケQの後にラサールQを聴いたら、こりゃまた衝撃的なこと(笑)。

ズスケQのは聴いていてすごく癒される演奏なのですが、ラサールQのはとても厳しい演奏ですね〜!
構成も寸分のスキがないし、何といってもこの嵐のようなダイナミクス!

アルバン・ベルクQだと、1st Vnのピヒラーの特徴的なビブラートも含めて情念みたいのが入ってくるわけなのですが、ラサールQは美音ではあってもとてもダイナミックな感じです。
いわゆる抒情性とは一線を画した、ドライというかまさしくザッハリヒな感覚です。

1楽章は冒頭から「ド〜ン」という分厚い衝撃がきますね。
四声が実に均等で厚い響きですし、各声部の発言力の大きいこと!
2楽章も太い響きで語られていきます。
3楽章は次々と音が叩きこまれてくるといった感じで、4楽章も実に雄弁に音楽が進行していきます。

なんていうんでしょうか、この演奏、熱いんじゃなくて実に「厚い」んですよ(笑)。鉄筋コンクリートの構築物を思わせるような演奏ですね〜。

まあ、そこがいいところなんでしょうけど。
今日は比較的元気があるので結構楽しめますが、やはりこの演奏は気力があるときでないと聴けないですね〜。

ちなみに、この演奏はいまだに廃盤中。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは!
かつての圧倒的な世評が信じられないほどこのセットの廃盤は長期にわたっていますね。他社が版権を買い取って再リリースすることを祈りましょう。
収録時期からだいぶ経ちましたが、このセット、大きな転換期をもたらした演奏として今もって意義深いものと思います。
ただ、なかなかリファレンス的存在にはなりませんけれども…(゚∀゚;
凛虞
URL
2009/08/27 00:15
うぐいすさん、おはようございます。
ラサール四重奏団のベートーヴェン後期は、私はその純音楽的なアプローチに惹かれ、一時期よく聴いていました。今でも第一級の演奏だと思います。特に13番は出来がよかったと思います。
ラサール四重奏団のDG録音は廃盤が多くて残念です。過日同四重奏のブラームスを中古店で入手したことは拙ブログに書きましたが、ツェムリンスキーなどはまだ入手できないままでいます。
アルトゥール
2009/08/27 07:03
うぐいすさま お早うございます〜

ラサール四重奏団のベトベン、大分前から欲しいと思っていますが、再発売されないですよね〜;; どうしてなのか、分かりませんが〜。新ヴィーン楽派のCDはまだ出ているのですが〜。

ズスケカルテットの演奏を聞いてから、ラサール四重奏団の演奏を聴くと、相当に違うんですね〜。
早く聴いてみたいものですが、中古もむずかしいかもしれませんね〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/08/27 08:17
凛虞さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

昔はこのラサールQの演奏、ベートーヴェンの後期四重奏の名盤としていろいろな雑誌に載ってましたが、最近はトンと評判を聞かないですね。廃盤になって久しいですが、間違いなく名演ではあると思うし、こんなに冷遇されている意味がよくわかりませんね〜。
もっとも、うぐいすはこのラサールの演奏をいつも聴けるかと言われると若干微妙ではあるのですが(笑)、久しぶりにこの分厚い響きを聴いたら、少し気合いが入った感じになりました。
うぐいす
2009/08/27 22:03
アルトゥールさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

アルトゥールさんお薦めの13番に関しては、この曲のような幻想性の高い曲をホントに幻想的にやっちゃうととらえどころがなくなっちゃったりするんですが、ラサールQのように構成がくっきりとして純音楽的に演奏してくれると聴きやすい感じがしますね。それでいて、鋼鉄のように硬質な響きがむしろ幻想性を高めてくれてるような気もします。それにしても、ラサールQのCD、廃盤ばかりですね・・・そう言えば、ドビュッシーとラヴェルの四重奏のCDは中古屋さんでよく見かけますね。ちょっと気になるんですが、とりあえずまだ入手してないです。
うぐいす
2009/08/27 22:05
rudolf2006さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

ラサールQのこの状態、いったいどうしたんでしょうかね〜。そんなに需要のない演奏ではないと思うのですが・・・最近、中古CD屋さんにもよく行くんですが、中古市場にもあんまり出回ってない感じですね。
rudolf2006さんは確か、新ウィーン楽派の演奏をお持ちだったですよね。演奏の特質は十分ご存じと思いますが、ズスケQとは全然異質の音楽ですね。ラサールQのこのザッハリヒなベートーヴェン、結構お気に召されるかもしれません。でもいつも聴くにはちょっとしんどいかもしれませんが(苦笑)。
うぐいす
2009/08/27 22:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ラサールQのベートーヴェン弦楽四重奏曲第12番<PA-268> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる