Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ナッシュ・アンサンブルのブラームス:弦楽五重奏曲第2番<PA-273>

<<   作成日時 : 2009/09/14 22:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

最近涼しいです。と言っても今年は元々涼しい夏だったので、例年ほど季節の移り変わりが感じられないですね。
蒸しアツ〜イ夏の後に今日のようなカラッとした日がくると、虫の声や涼風のありがたみをしみじみと感じられるんですが。
まあ、過ごしやすいのに越したことはありませんので、この秋の風情を感じながら、音楽を聴きたいと思います。

で、秋にふさわしい音楽ということで、本日はブラームスです。
弦楽五重奏曲第2番を聴きました。
演奏はナッシュ・アンサンブルです。

ブラームスの弦楽五重奏曲というと、これまた超名演のブダペストQ+トランプラーの演奏がありますね。まさしく王道じゃないかと思われるような、落ち着いた佇まいと燻銀の渋い響きで、ブラームスの枯淡の境地の世界を表現しています。
この路線の名演奏はもう今後、現れないんじゃないですかね〜。

一方、今回聴いたナッシュ・アンサンブルですが、このイギリスの団体を初めて知ったのはこれまたブログ仲間の方々のご推薦のRVW:初期室内楽曲集でした。
生き生き、溌剌とした瑞々しい演奏で、曲のもつフレッシュな味わいを目いっぱい存分に発揮しているものでした。

で、このブラームスの弦楽五重奏曲、2008年12月に録音されたものなんですが、ブラームスのCDを検索していたら何気に目に入ってしまいまして、衝動買いしてしまいました(笑)。

聴いてみたらもう・・・
たまげちゃったな〜、ホントに。

これ、ホントにブラームス?

いや、もともとこの曲、ブラームスの晩年の時期に作曲された割にはとても明るくておおらかな部分(1楽章とか)がある曲なんで、あんまりブラームス特有の晦渋さは少ないんですが、それにしてもこのナッシュ・アンサンブルの演奏は・・・

まず1楽章を聴いて度肝を抜かれてしまいました。ブダペストQとかアマデウスQの演奏ばっかり聴いてたせいか、この曲は明るいながらも落ち着いた佇まいの曲想と思ってました。
でも、このナッシュ・アンサンブルの演奏、燦々と降り注ぐ夏の陽光の下で、公園の噴水の水しぶきがど派手に舞っているかのような出だしです(笑)。
チェロの生命力溢れ、深く伸び伸びとした音色、素晴らしいですね!
伴奏もとても生き生きとした勢いの溢れる曲想です。

もし、ナッシュ・アンサンブルのRVWの初期室内楽集を持ってらっしゃる方は、想像が容易いと思います。そうです。あの演奏の感じでブラームスをやっていると思っていただければ大体あっています。
いや、下手するとあれよりも瑞々しく生命力があふれていると言ってもいいかも。

まあその反面、ブラームス特有の渋さ、枯れた味わいを聴きたい方にはちょっとダメかも(笑)。こりゃ、ブラームスじゃねえだろ!みたいな声が聞こえてきそう。

でも、うぐいすは結構気に入ってるのです。
ブラームスは元々嫌いじゃないんですが、ここ数年、ブラームスの室内楽ってあんまり聴いてなかったのです。
歳をとるにつれてその晦渋さとかが常に聴くには精神的につらくなってきたのですわ。

そんなわけで最近は、あっさりテイストの新ブダペストQの弦楽四重奏曲とか、この瑞々しく生命力溢れる明るいナッシュ・アンサンブルの弦楽五重奏曲が気に入っているのですよ。
なんつっても歌心にも溢れてますしね〜。

まあ、落ち着いた風情を楽しみたいときはブダペストQ、生命力溢れる瑞々しい演奏を聴くときはナッシュ・アンサンブルという感じで聴き分けてます。
弦楽六重奏曲も入手してみようかな〜、と思っています。


まったくAmazonめ・・・「String Quartets」なんて書いてあるのに、ジャケットはまさしく弦楽五重奏曲のものです。
たぶんリンクはこれでいいと思うんだけど(ナッシュ・アンサンブルには確かブラームスの弦楽四重奏はなかったと思うので)。Amazonにも困ったもんです。




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Brahms The Four Quintets Quartet Sine Nomine 1995/...
Johannes Brahms (1833-1897) The Four Quintets Vol.I Clarinet Quintet in B minor, op.115 (1891) Piano Quintet in F minor, op.34 (1864) Thomas Friedli, Clarinet Philippe Blanconi, Piano Quartet Sine Nomine Patrick Genet, Violin Fran&ccedil;o... ...続きを見る
String Quartets
2009/10/18 01:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、おはようございます!
ナッシュアンサンブルの弦楽五重奏曲、価格ゆえにこれまで手をつけていなかったのですが、このエントリーを拝読後、1秒くらい迷って買ってしまいました…先月末から『CD買わない月間にしよう!』とか思いつつ、新ブダペストの弦楽四重奏曲に続いて…(爆)。これは良さそうです、期待大です!
ところで、新ブダペスト、先週届いて何度も聞いてしまいました。とても良いものをご紹介いただきました!詳細はまたそれは後日に…(笑)。
凛虞
URL
2009/09/15 06:20
凛虞さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

1秒ですか・・・迷い断ち切るの早っ!
っていうか、全然悩んでないんじゃないかと(笑)。
でも、このナッシュ・アンサンブルの演奏、華やぎがあってすごいですよ。衝動買いではありましたが、もともとRVWの演奏が頭に焼きついていたため、期待を込めて入手したものなので、見事に好みにハマっていてよかったです。ただ、新ブダペストQの弦楽四重奏とは違い、覇気がありすぎて何回も聴くのは難しいかもしれませんが(笑)。

新ブダペストQの弦楽四重奏聴かれたのですね!お気に召されたようでなによりです。「秋のBシリーズ」でのご感想を楽しみにしております!
うぐいす
2009/09/15 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナッシュ・アンサンブルのブラームス:弦楽五重奏曲第2番<PA-273> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる