Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイドンの弦楽四重奏曲第23番Op.9-5:シリーズテーマ(2)<PA-288>

<<   作成日時 : 2009/10/25 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も天気良くなかったですね!
午前中は息子の用事に付き合って立川の街に出かけてきました。
午後は雨が止んでましたが、あんまり散歩日和ではなかったですね〜。
天気予報をみるとしばらく天候は不安定なようです。
台風なんかも来てるようです。予報では直撃はなさそうですが、天気はぐずつくのでしょうねえ。気温も急に下がってきましたし、風邪をひかないように注意しないといけませんね。

さて、今回は弦楽四重奏曲第23番、作品9-5です。
この曲は何と言っても第1楽章の変奏曲が特徴的でしょうか。
いきなりのっけから変奏曲を持ってくるのがまたハイドンらしい実験というか、試みというか、なかなか意欲的な作品ではありますね。
曲全体として比較的ずいぶんとゆったりとしたスケール感のある作品という印象が強いため、聴き終わった後はなんとなくゆったりとした気分になりますねえ。
(第4楽章あたりは動きのある楽章にはなりますけれども)

逆に終始穏やかな雰囲気ではありますので、何気に聴く分にはいいのですが、これをわざわざ取り出して聴く、というのは正直難しい曲ではありますね〜。

第1楽章、ポコ・アダージョ
ゆったりとした旋律から始まりますが、徐々に活気のある変奏になっていきますね〜。
この楽章、全体としては堂々としたスケール感を感じます。
やはりこの楽章がこの曲の聴きどころになるかな。

第2楽章はメヌエット、優美ではあるものの、とても弾むようなリズムで進行していく舞曲です。

第3楽章ラルゴ、落ち着きのある緩徐楽章です。

第4楽章プレスト、一気に駆け抜けていく軽快な終曲です。

今回もコダーイQとエンジェルスQで聴きました。
エンジェルスQの方はゆったりとした1・3楽章と、早めのテンポで鮮やかに弾き切っていく2楽章と4楽章の対比がうまくていいですね。
コダーイQはどちらかというと曲全体として優美な雰囲気を崩さずにうまくまとめてる感じが好印象です。

さて、次回は今回の短期シリーズ作品9の最終回、第24番です。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハイドンの弦楽四重奏曲第23番Op.9-5:シリーズテーマ(2)<PA-288> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる