Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイドンの弦楽四重奏曲第24番Op.9-6:シリーズテーマ(2)<PA-289>

<<   作成日時 : 2009/10/26 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日も天気はあまりよくなく、とても肌寒い1日でした。
台風も来てますし、仕事からはとっとと帰ってきましたよ(笑)。
明日は台風も沖合を通り過ぎてしまうようですし、またカラッと晴れた日々が戻ってくることを期待してます。

さて、今日は作品9の短期シリーズの最終回です。
弦楽四重奏曲第24番、作品9-6です。

この曲は全体的に活気のある、明るい曲ですね!
聴いていてとても気持ちがいいですよ。
2楽章は途中で短調になるのが曲想に変化があって面白いですが、基本的には明るい雰囲気が終始漂う曲となってます。
3楽章のアダージョも静かながらも動きの感じられるものになってますね。

第1楽章はのっけから非常に元気のあるプレスト楽章ですね。
溌剌とした八分の六拍子のリズムでおどりながら駆けていくようなとてもノリのよい音楽です。

第2楽章リズミカルなメヌエットですね〜。中間部は短調にかわってとてもしっとりとした情感のあふれる曲想になります。

第3楽章アダージョ、これまた静かで落ち着きのある音楽ですが、伴奏の音型に動きがあるので、シ〜ンとした静謐な情景というよりも、若干動きのある情景、たとえば静かな夜更けの日常生活の営みとか、小舟に揺られて進んでいくような風情もありますね。

第4楽章プレスト
22番に引き続き、この曲も一気に駆け抜けていく終楽章です。
とても勢いのある曲想であっという間に終わってしまいます(苦笑)。

演奏は、またまたいつものエンジェルスQとコダーイQですが、この作品9で語ってきたことの繰り返しになりますね。
どちらも甲乙つけがたいですが、いまはすっきりとした響きで爽快に進んでいくエンジェルスQの演奏が聴きやすかったです。
まあ、ここは聴いた日の気分、好みということになりますかね。

さて、6日連続の短期シリーズも今日で終了です。ひとまずハイドンの弦楽四重奏はここまでとしておきます。
次のシリーズは作品17の6曲になります。一気に書き上げるのは結構つらいですが、この短期シリーズはもう一回くらいはやってみようかな〜、と思っています。1か月後くらいに書けるといいんですけど(笑)。
その先、「太陽四重奏曲」以降に関しては集中シリーズはちとつらいかもしれませんが・・・


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます〜

ハイドンの弦楽四重奏曲作品9 のシリーズ、お疲れさまです。私も作品9のところで止まっていますので、色々と参考になりました。

作品9-6 これも名曲ですね〜。これほど完成度の高い曲をこれほどたくさん書いているハイドン、本当に凄いと思いますね〜。
私はエオリアン盤しか持っていませんので、他の演奏は想像するだけですが〜。
ハイドンを聴いていると、本当にスッキリとした気分になりますね〜。この良さは何なんでしょうね〜??
いつも思うことなんですが〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/10/28 10:57
rudolf2006さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

一気に駆け抜けた感の作品9シリーズでした。今回の短期シリーズで思ったのは、ハイドンの弦楽四重奏曲は同じ作品番号での曲の統一感みたいなものが感じられるので、意外と作品番号単位で集中的に書いた方が書きやすかったなあ、と。それと同時に、個性的な曲が集まっている作品は少しペースを落とした方がいいかも、とも思いましたね〜。素人の印象をもとにした感想なので、書いた後にこんなんでいいのか?とも思ったりしましたが(爆)、まあでも、次回もとりあえずこんなペースで書いてみようと思います。
うぐいす
2009/10/28 20:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハイドンの弦楽四重奏曲第24番Op.9-6:シリーズテーマ(2)<PA-289> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる