Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ターリヒQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番<PA-296>

<<   作成日時 : 2009/11/22 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先週は瑞穂町の箱根ヶ崎やみずほエコパーク近辺(ホントは六道山公園に行きたかったが力尽きました)、今週は小平市の花小金井〜西東京市の田無までドライブ&散歩してきました。
東京23区以外の市町村、自分の足で歩いてないトコはあと8市町村くらいになったでしょうか。
でも・・・檜原村や奥多摩町はあんまり気軽に行けないでしょうね〜。
ぶらっとドライブはちょっとムリかな〜・・・

最近、ちと疲れ気味です。体力的にではなくって、精神的にかな〜。
なので、気分転換にドライブや散歩に行くことが多いのです。

そんなわけで、ブログ更新もなかなか書く気になれず放置状態です。
まあ、そんなときもあります。無理してもしょうがないのでマイペースで書きたいときに書きます。
ということで今日は短め。

こんなときは、こじんまりとした響きの曲を。
ターリヒQのベートーヴェン、弦楽四重奏曲第8番です。
ラズモフスキー第2番ですね。

この団体のベートーヴェンはホントに味わい深いですね。
以前書いたとおり、あまり大上段に構えたような演奏ではなく、まさに「室内楽」といった趣を感じさせるものです。
演奏自体は結構主張があると思うのですが、結果として出てくる響きがとてもこじんまりとしたまとまりのある統一感を感じさせてくれます。

この8番に関しては3楽章のひなびた響きがいいのです。
中間部が特に呟き節が炸裂と言った感じですね。
4楽章も同様です。中期の大傑作と言った感じよりも、純粋に「室内楽」の妙が楽しめる演奏です。

これと併せて、ターリヒQのモーツァルトも聴いてます。ちと精神的に弱ってるときにはこういう演奏がいいかも。

あと、最近頻繁に聴いてるのがショスタコーヴィチの24の前奏曲とフーガ(ニコラーエワ2回目の録音)。
特に4番は繰り返し聴いてますな。
意外とこれが癒しになってたりします。

さてさて・・・今回はこれぐらいにしときます。
もうちっと元気になったら、またシリーズものに復帰すると
します。

うぐいすの持ってる全集は廃盤のようなので、バラ売りのをリンク!



Beethoven: Qts Op130 & Op59/2
Calliope
2004-04-05
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま こんにちは

お疲れ気味ですか、気分転換をするというのは、なかなか難しいですよね〜。私も気分転換に何かしたいと思うのですが、何も浮かばなくて、爆〜。

ターリッヒ四重奏団のベトベン、私も持っていますので、うぐいすさんの記事を読んで、今朝聴いてみました。このカルテットの魅力も言葉にしにくいですね〜。私はふと「箱庭」というのを思いうかべました。何か演奏を俯瞰して見られるような気がしたんです。久し振りに聴いてみて、不思議な感覚に捉えられました。変な感想ですが、爆〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/11/23 16:48
rudolf2006さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

気分転換に何しようかとあれこれ悩んでるとあっという間に時間が経ってしまいますね〜。うぐいすの場合こんなにもブラブラしてるのは、以前行き詰っていたときに考えるのがめんどくさくなって、とにかく外をどこでもいいからブラついてしまえ!というノリで出かけ始めたのがきっかけです。なんでもいいから行動にうつしちゃうと結構気分転換になるもんなのかな?と思いました。

ターリヒQのベートーヴェンですが、確かに部分的なひらめきとか即興的な表情というよりは、全体としてどう音楽を作っていくか、というスタンスに立った演奏に聴こえますね〜。結果としてはいい意味でこじんまりと小さくまとまった演奏になってると思います。聴けば聴くほどに惹きこまれていく不思議な演奏です。
うぐいす
2009/11/23 20:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ターリヒQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番<PA-296> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる