Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ開設3周年です!シューベルトの「楽興の時」第3番<PA-304>

<<   作成日時 : 2010/01/04 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 15

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

このブログの開設が2007年1月4日なので、本日で3周年、これから4年目に突入となります。
休み休みながらもなんとかここまでこれました。
本ブログへご訪問される方々、また、いつもお世話になっている常連さま方にはこれからもご愛顧の程、よろしくお願いいたします!

と言ってるそばから何なんですが・・・
ちょっといろいろとゴタゴタしてまして、しばらくはブログエントリーもままならない状況になってきました(苦笑)。
おそらく2月に入るまでは更新あまりできそうにないです・・・

ということで、1月中はほとんどエントリーがなく休止状態になるかと思います。でも1・2回くらい思い出したように戻ってくるかもしれませんが、その時はまた生暖かい目で見守ってやってくださいませ(笑)。

せっかくの開設記念日ですしこれだけで失礼するのもなんなので、本日は短めの曲をエントリー、ということで、シューベルトの「楽興の時」D.780(作品94)から第3番です。

まあ、この第3番は「楽興の時」の中でも一番有名なものです。
いまさら楽曲紹介するまでもないですね。
そういえば、NHK第1の「音楽の泉」のテーマ音楽でも使ってます。
この番組、まだ続いてるみたいですね〜、うぐいすは全然聴いてないんですけど(爆)。

でもこの曲、有名すぎるが故に、意外とCD持ってないんですよ。
うぐいすが持ってるのはブレンデルとシュナーベルの演奏です。
ブレンデルの落ち着きのあるしっとりとした音色で思索的に歩んでいく演奏もいいですし、シュナーベルの詩的な演奏も素晴らしいですね!

で、他の演奏、何か聴けないかな〜といろいろ検索してたらこんなの見つけてしまいました。

Five Pianists Play Schubert

皆様はどの演奏がお好きでしょうか?
うぐいすは端正で清潔感あふれるカーゾンと、実に繊細で夢見るように音を紡いでいくホロヴィッツが気に入ってしまいました。さらに探したら、ホロヴィッツのライヴも出てきました

Horowitz plays Schubert

これも素晴らしいですね。

ホントはケンプの演奏が聴きたかったのですが、ネットでは見つかりませんでした。録音残してるのかな?

さてさて、それでは皆様、しばらく更新が鈍りますが、また戻ってまいりましたらよろしくお願いいたしますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま こんばんは

今年も宜しくお願いいたします〜。
ブログ開設、3周年、おめでとうございます〜。

このブログでは、色々と良い演奏をいつも教えていただいています。

年始から色々とおありのようですね、ご無理をなさいませんように〜。

5人のピアニストの演奏、ホロヴィッツの演奏、どれも良かったです。フィッシャーというピアニストはまったく聴いたことがありませんでしたので、興味深かったです。
確かにカーゾン、ホロヴィッツ、良いですよね、ホロヴィッツの微妙な陰翳が良いですよね〜。

ケンプフの演奏を聴きながら、このコメントを書いております。拙ブログで、ケンプフが演奏するシュベルトを取りあげているかと思いますが、そのCDの中に収録されていますよ〜。

お忙しいようですが、次のブログの更新を愉しみにしております。
ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2010/01/05 00:27
うぐいすさん

あけましておめでとうございます。
また3周年おめでとうございます。

せっかくのブログ残念ですが、色々大変な時も有りますよね。無理の無い範囲で時々の更新をされてください。そして全面復活を楽しみにしています。

「楽興の時」3番はとても良い曲ですよね。僕の持っているのは、バックハウスとそのケンプです。バックハウスはあっさりと淡々とした演奏、ケンプはいかにもケンプらしいゆったりとした心休まる演奏です。どちらも好きです。
ハルくん
URL
2010/01/05 01:34
おそらく
初めまして?
モアイ♪です☆
ブログ開設3年
おめでとうございます
モアイ♪
URL
2010/01/05 08:50
明けましておめでとうございます。
貴ブログを知ったのが比較的最近だったか、コメントは
初めてかもしれません。
5人の演奏を続けて聴くと面白いですね。私はやはり
カーゾンが良かったです。若い頃のホロヴィッツはどうも、私にはやりすぎ(気取りすぎ?)に(^。^/)。
3年も続けられたのだから、お忙しい時はどうぞお休み下さい。私など4ヶ月も休止状態など、実に気まま
なものです(^。^)。
crest
URL
2010/01/05 10:36
うぐいすさん
ブログ開設3周年おめでとうございます。

うぐいすさんのブログのからはいつも役に立つ情報を
頂いています。
うぐいすさんは趣味でブログをされているので、忙しい時はエントリーが減るのは当然だと思います。気になされなくてもよいと思います。
うぐいすさんのブログが末長く発展することをお祈り申し上げます。
アルトゥール
2010/01/05 18:05
うぐいすさん こんばんは

遅まきながら明けましておめでとうございます。続けて3周年おめでとうございます。人生いろいろありますが,時々は看脚下もよいではありませんか。

ご紹介の曲はケンプを持っていたのですが,現在手許にあるのはシュナーベルだけです。この語りかけるような演奏は何者にも代えがたいと思います。たしか,グルダの演奏も良かったと思いますが,私にとっても忘れられないのはやはりケンプです。小三治さんの噺を聴いているような感じです。

またの日を楽しみにしています。
ezorisu
2010/01/05 21:10
rudolf2006さん、あけましておめでとうございます。
ご祝辞とコメントありがとうございます。
ほぼ毎日ブログ更新されているrudolf2006さんはあらためてすごいと思います!今年もいろいろな曲や演奏を教えていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

「楽興の時」って、今まではそんなに夢中になって聴くこともなかったのですが、あらためて複数の演奏を聴き比べてみるとなかなかおもしろいですね〜。E.フィッシャーはうぐいすもすごく聴くわけではないですが、フルトヴェングラーと共演したベートーヴェンの「皇帝」やJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」などは彼の代表的な名盤だと思います。まさしくドイツ・ロマンの精神性に富んだ演奏ですよ。

「楽興の時」はカーゾンのような、清楚な雰囲気を感じるものがいいかも。ホロヴィッツのは初めて聴いたんですが、こんな演奏も可能なんだな〜、とあらためて感心しました。やっぱりケンプも録音してたんですね〜。早速入手することとします。
うぐいす
2010/01/05 21:40
ハルくんさん、あけましておめでとうございます。
ご祝辞とコメントありがとうございます。
もうちょっと余裕があるかと思ったら、意外と大変な状況になってきました(苦笑)。まあでもここ1ヶ月くらいですから、なんということもないかもしれませんね。

ここのところブルックナーをあまり聴くことがなくなってきてますので、ハルくんさんのブログを参考にいろいろと聴いてみようと思います!今年もよろしくお願いいたします。

やはりバックハウスも「楽興の時」は録音してるんですね。この曲っていろいろと演出を施しちゃうと逆に曲の魅力を損なってしまいそうな気もするので、意外と淡々とした演奏も合うんじゃないかな〜と思ってます。バックハウスのも入手してみたいと思います。
うぐいす
2010/01/05 21:42
モアイさん、あけましておめでとうございます。
ご祝辞とコメントありがとうございます。
ピアノを聴かれている(弾かれている)のですね!うぐいすは学生時代に趣味でヴァイオリン弾いてました。腕前は今ではもうすっかり廃れてしまいましたが(苦笑)。うぐいすはピアノが弾ける人ってすごいと思うんですよ。これからも高い目標に向けて頑張ってくださいね!では、今後ともよろしくお願いいたします。
うぐいす
2010/01/05 21:42
crestさん、あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。以前、昨年の2月ごろにコメントいただいてました!ウィーン・コンツェルトハウスQの「死と乙女」の時ですから、またまたシューベルトでコメントいただいたことになりますね。

カーゾンいいですよね。いろいろなブログでカーゾンを褒めてる感想を拝見してたんですが、実際に聴くと「なるほど!」と納得してしまいました。ホロヴィッツは確かに聴き方によってはやりすぎかもしれませんね〜。でも、素直にこの陰影に富んだ表現はすごいなと感心してしまいました。

それではまた、よろしくお願いいたします!
うぐいす
2010/01/05 21:43
アルトゥールさん、あけましておめでとうございます。
ご祝辞とコメントありがとうございます。

アルトゥールさんのブログにはいつもお世話になってます。実は今、シューベルトのピアノ・ソナタ全集を買おうと思っているのですが、きっかけはアルトゥールさんのケンプのシューベルトの感想を読んだことなのです。ということで、ケンプの全集を入手しようと思っています(そんなに高くないし)。今回「楽興の時」もケンプの演奏が聴きたかったのですが、ネットには転がってなかったので入手しようと思います。

それでは、今年もよろしくお願いいたします!
うぐいす
2010/01/05 21:44
ezorisuさん、あけましておめでとうございます。
ご祝辞とコメントありがとうございます。

実はシュナーベルのシューベルトはピアノ・ソナタ20番と21番も持ってるんですが、彼のシューベルトは絶品ですね!なんというか、ベートーヴェンを演奏しているときのような気負いみたいなものがなく、おっしゃる通り、語りかけてくるような、すごく自然に存分に歌っているように聴こえます。この「楽興の時」もすごく歌い方が自然です。むしろ、本ブログにリンクした動画での、E.フィッシャーの方がやや弾き崩しているように聴こえますかね。シュナーベルのシューベルトもちょっと揃えてみようかな〜と思ってるのですよ。

ケンプの演奏も昔お持ちになっていたんですね!ちなみにうぐいすもケンプの演奏に興味があるのですが、まずはピアノ・ソナタ全集から入手しようと思ってます。

それでは、今年もよろしくお願いいたします!
うぐいす
2010/01/05 22:01

寒いですね^^
温かくお過ごしくださいませ

話題違いですが
いま日本は 日本の政治を外国人が
掌握することが可能な法案を通そうとしていますね
東京神社庁でも署名を集める事態です

知らないうちに
外国人が
日本人の生命や財産 国益を管理してしまう可能性のある危険なものです

可決したら日本紙幣は紙くずになってしまうという声も聞こえます

外国人参政権の正しい理解の確認も兼ねて
『外国人参政権を反対する会』のをホームページをご覧になってくださることを願います

また
『ミコスマ』(ホームページ名です)、『日本自治区 地図』や『ある在日三世の告白』、『在日犯罪者リスト』、という言葉をインターネットで検索してくださると日本が見えてまいります
どうぞ日本を理解するきっかけになりますように

こちらのコメントをメールやブログ欄などで、あなた様の周りの方に広めてくださると大変助かります
お箸
2010/01/21 18:13
うぐいすさま こんにちは

お元気でしょうか?
お忙しいみたいですね〜
どうしておられるかな?と思ってコメントしました。

うぐいすさんがおられないと、寂しいですね〜、でも、元気に戻ってこられる日をお待ちしていますね〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2010/01/30 16:24
rudolf2006さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

お返事遅れて申し訳ありません。ネタも書いてないのに(苦笑)わざわざご訪問くださり、ありがとうございました!結局あれから1月はブログ書けずじまいでした。でもうぐいすの身の回りもそろそろ落ち着いてまいりましたので、もうちょっとでブログ復帰しようと画策しております。復帰しましたらまたよろしくお願いします!
うぐいす
2010/01/31 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログ開設3周年です!シューベルトの「楽興の時」第3番<PA-304> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる