Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 爽やか!ナッシュ・アンサンブルのブラームス:弦楽六重奏曲第1番<PA-323>

<<   作成日時 : 2010/07/17 21:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりのブログ更新です。
今朝は雲も少しあったのでちょっとだけ涼しくなりそうかな?と思いましたが・・・甘かった(苦笑)。午前中に少し散歩しましたが、時間がたつにつれて太陽の光が燦々と降り注ぐようになってきまして、暑くてたまらんかったです〜。
一緒に散歩してたうぐいすの妻とランチ食って、早々にバスで帰りました(爆)。
もしかしてこのまま梅雨も明けてしまうのかな?

さて、そんな蒸し暑い最中に何を聴くか?というところですが、久しぶりにブラームスの室内楽です。
弦楽六重奏曲第1番です。

なんでそんな秋風がそよぐ頃に聴くのが良さそうな曲を?とお思いかもしれません。

しかし、うぐいすの最近の好みはちょっと変わってまして・・・
このブログを閲覧されている方ならご存知かと思いますが、最近のうぐいすは、あまり重いブラームスは好きではありません。
いかにもブラームスらしいという演奏は特に(笑)。
(もちろん例外はありますが。)

なので、うぐいすの好きなブラームスの演奏は、夏にはもってこいの演奏もあるのではないかと思うのです。

で、今日聴いた演奏は、ナッシュ・アンサンブルです。
爽やかな風の吹くような演奏です!

いやあこの団体、うぐいすがいちばん最初に聴いたのはヴォーン・ウィリアムズの初期室内楽曲集でした。生き生き、溌剌とした瑞々しい演奏で、曲のもつフレッシュな味わいを目いっぱい存分に発揮している素晴らしい演奏です。

そう言えば、昨年9月あたりに弦楽六重奏曲の2番の方はブログエントリーしてましたね。

ナッシュ・アンサンブルのブラームス:弦楽六重奏曲第2番<PA-277>

今回の1番の感想は、概ねこの2番の時の感想とおんなじなんですね。
涼しげな風に舞う風鈴のようなさわやかな音色かと思えば、とっても瑞々しく、噴水を思わせるような生き生き溌剌としたリズムで推進力もあり、すごく生命力を感じさせてくれます。
ああもう、なんて夏に聴くのにふさわしいブラームスの演奏かと!(爆)

まあもっとも、曲自体がブラームスの中では明るい爽やかなものだから・・・というのはありますがね。
でも有名なアマデウスQのは今の時期に聴くには、うぐいすにはちと暑くるしくて聴いてらんないですから(爆)、夏でも聴けるのはやはり、ナッシュ・アンサンブルの魅力かなあと思っています。
追記:ここで言ってるアマデウスQのものとは、2番のエントリーの時にもふれているアロノウィッツとプリースと組んだスタジオ録音の方です(2010.07.18)。

晦渋だったり重いブラームス(こういう演奏を聴きたくなる時もありますけど)の演奏がお好きな方にはお薦めしませんが、もしそういうブラームスが苦手な方はまあ、一度だまされたと思って聴いてみてはいかがでしょうか。
結果的にだまされても責任は持てませんが(爆)。


↓まずはAmazon


String Sextets 1 & 2
Onyx Classics UK
2007-07-10
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓これはHMV。こっちの方が入手しやすいかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん おはようございます。

ご不沙汰続きですが、ブログは拝見していました。私も忙殺状態から人心地つきました。安心感からか早朝覚醒してしまいました(笑)。

私も自分の精神状態を反映してか最近はブラームスやシューベルトを聴き続けていました。ご紹介の曲は先日、アルバンベルクとアマデウスとの鎮魂のライヴ盤(1番は第3楽章のみ)を聴きました。

ブラームスの室内楽ではたしか、ヴェーグさんのオーケストラ盤をTレコードで試聴しました。今回ご紹介のように軽やかな感じがしたと思います。

梅雨明けと同時に夏真っ盛りですね。スローライフを心がけたいと思います。

ezorisu
2010/07/18 06:20
ezorisuさん、こんにちは!
コメントありがとうござます。
ご無沙汰しております。
うぐいすもこの三連休はなんとか一息です。三連休が明けたらまたしばらくいろいろと忙しくなりますので、ブログ更新止まると思いますが(苦笑)。

ezorisuさんご紹介の演奏はアマデウスQがVaのシドロフが亡くなった後にアルバン・ベルクQメンバーと組んだものですね。シドロフ追悼への思いもあいまって、悲壮な情感の漂う演奏になってますね。うぐいすには今この演奏聴くのはちょっとしんどいかもしれないです。ヴェーグの演奏はちょっとおもしろそうですね。

どうやら昨日、梅雨明けしていたそうですね。これからますます暑くなると思いますが、ezorisuさんもお体にはお気をつけてお過ごしください。
うぐいす
2010/07/18 12:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
爽やか!ナッシュ・アンサンブルのブラームス:弦楽六重奏曲第1番<PA-323> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる