Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 閑話休題:大人買いのヴェルディのオペラ、一通り聴きました

<<   作成日時 : 2011/05/01 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

この三連休、ほとんどどこにも行かずに家でゆっくりしてました。
29日の午前中に床屋に行ったのと、30日の午前中に妻を病院に連れて行ったくらいかな?午後は毎日寝てました(苦笑)。

明日2日は年次休暇とりましたので、5日まで引き続きお休みです。
6日には会社に出ますが、7日8日はまた休みです。
3日からの三連休は家族でどこかにいこうかな〜と思っています。
(日帰りですが)

さて、久しぶりの、PAナンバーなしの閑話休題です。
この間、ヴェルディのオペラを大人買いしました。
それまでに持っていたCDも含めまして、一通り聴きとおしてみましたのでとりあえずの雑感をば。

現在の手持ちのCDは下記。

「オテロ」
・デル=モナコ/テバルディ/プロッティ:カラヤン/ウィーン・フィル
・デル=モナコ/テバルディ/プロッティ:エレーデ/ローマ聖チェチーリア
・ヴィナイ/ネルリ/ヴァルデンゴ:トスカニーニ/NBC響

「アイーダ」
・カバリエ/ドミンゴ/コッソット:ムーティ/ニュー・フィルハーモニア
・テバルディ/ベルゴンツィ/シミオナート:カラヤン/ウィーン・フィル

「ファルスタッフ」
・タデイ/カヴァイバンスカ:カラヤン/ウィーン・フィル
・ヴァルデンゴ/ネルリ:トスカニーニ/NBC響

「イル・トロヴァトーレ」
・ベルゴンツィ/ステッラ/コッソット/バスティアニーニ:セラフィン/ミラノ・スカラ座

「椿姫」
・コトルバス/ドミンゴ:C.クライバー/バイエルン国立歌劇場

「リゴレット」
・カラス/ゴッビ/ステファノ:セラフィン/ミラノ・スカラ座

「仮面舞踏会」
・ステファノ/ゴッビ/カラス:ヴォットー/ミラノ・スカラ座

上記のうち、カラヤンの「オテロ」はちょっと前にエントリー済みですね。

大雑把なうぐいすの好みの分類を書きますと、下記のようになります。



1.ダントツのお気に入り:「オテロ」

ダントツです。これはヴェルディ作品の中で、一番のお気に入りの作品となりました。「レクイエム」より好きです。
おそらく、今後他の演奏もドンドン入手していくことになりそうです(笑)。


2.今後も頻繁に聴き続けていくもの:「アイーダ」「ファルスタッフ」

「アイーダ」はうぐいす個人の中では、復権という形になります。
昔聴いていたときはどうもピンとこなかったのですが、今回聴き直してみて「あれっ?なんかすごくいいぞ(爆)」と見直してしまいました。
すごく抒情的な部分が印象に残りました。歳とったせいでしょうか?(苦笑)

「ファルスタッフ」は喜劇ですから明るいですし、ドンチャン騒ぎなところもありますが、音楽の構成やつくりがとてもうまいですね。聴いていてすごく楽しめました。

ただ、この2.の分類はもう入手した演奏を聴き続けていくという感じかな。
これ以上、演奏を買い足すことはないかもしれません。


3.曲というより演奏がダントツに気に入ったもの:「イル・トロヴァトーレ」

「イル・トロヴァトーレ」は限りなく2.の分類に近いのですが、でも、曲の魅力以上に演奏者の魅力に負けてしまったという感じです。実は曲がいいからじゃないの?とも思いましたが、しかし、この演奏でなかったら、二度と聴かないんじゃないか?という思いも強いです。
何と言ってもセラフィンの音楽がとてもしなやかでイキイキとしているのですよ。
歌手も力演です。バスティアニーニがいいですね。録音もいいです。

話は逸れますが、考えてみたらプッチーニの「トスカ」もこれに近いですね。
うぐいす的には「トスカ」はカラス/ステファノ/ゴッビ:サーバタ盤の一点推しで、これ以外の演奏ってあんまり聴く気がしないのですよ。(ゴッビがすごいです)


4.気が向いたら聴くかも知れない作品:「椿姫」「リゴレット」「仮面舞踏会」

この分類の作品、基本的に嫌いではありませんが、今回はあまり琴線に触れなかった感じです。たまに聴くかもしれない、といったところです。


簡単にまとめるとこんな感じでしょうか(なんだかんだで長文になってしまいました)。
他に、「運命の力」や「ドン・カルロ」あたりも聴いてみたかったですが、お金がさすがに気になってしまいまして入手しませんでした(苦笑)。
それぞれの演奏の感想は追って気が向いたら書いてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ファイン・アーツのバルトークはやはり第1番と第2番に魅力があるかもしれませんね。バルトークといえば最近はこの2曲に尽きるので、ファイン・アーツとなります。

イタリア歌劇はあまり守備範囲ではありませんが、「オテロ」となればセラフィンが最も好きです。ショルティの新旧両盤も好きですが、一時期からシカゴ響とのライヴ盤が私のリファレンスとなっています。(パヴァロッティの評価はあまり芳しくありませんが、このテノールに対する私の好みは世評とは真逆となることが多く…(苦笑)。

「アイーダ」はバレンボイムとクーベリック(独語)とどちらも商用録音ではないものが断トツの好みです。なお、ムーティではバイエルン国立歌劇場でのライヴ盤がEMI盤よりも練れた名演を聞かせてくれると思います。

「ファルスタッフ」はメトのライヴ放送の影響が強く(ボニーの愛らしいナンネッタ!)、なかなか他で愉しめなかったのですが、コリン・デイヴィスの新盤よりも旧盤(RCA)が意外や意外の名演と思いました。

そして何よりも、「リゴレット」にはジュリーニというトンデモナイ超名演があると思います。(これに大感激して「ファルスタッフ」も期待したのですが… うーん…。)

それにしても、独墺風のヴェルディが多いところがNiklaus Vogelらしいでしょうか(≧∇≦)
Niklaus Vogel
2011/05/02 00:40
Niklaus Vogelさん、こんばんは!
お久しぶりです!コメントありがとうございます。

いやあ、さすがですね!こういうコメントを待っておりました。今回一通り揃えた演奏は世評の高いものをとりあえずかき集めたのですが、結局自分の好みと比べると当たり外れがありますので、いろいろな情報が欲しかったのです。Niklaus Vogelさんの情報はいつもあたりが多いので参考になって助かります。

それで早速、セラフィンの「オテロ」とジュリーニの「リゴレット」を本日入手したわけですが(爆)、いやあ、素晴らしかったです!セラフィンは元々入手しようとは思っていましたが、ジュリーニの「リゴレット」はちっとも念頭にありませんでした(存在するのは知っていましたが)。なので、聴いてみてびっくりです!この演奏はいいですね!

で、ジュリーニの演奏を聴いた後にセラフィン盤を聴いてみるとアラ不思議!なんか違う風に聴こえてきましたよ(苦笑)。すごくイタリア的で生き生きとした音楽が鳴っています。比較して聴ける演奏ができたからでしょうね。一方、セラフィン盤の魅力を再認識したうえでも、やはり「リゴレット」は現時点ではジュリーニ盤の方が好きですね。「リゴレット」は「椿姫」や「仮面舞踏会」よりも一歩抜き出た感じです。いやあ、我ながら、相変わらずの変節漢!(爆)

ファイン・アーツQのバルトークも当たりでしたよ。いつもいい演奏をご紹介いただき、ありがとうございます!また機会がございましたら、ご教示の程を!
うぐいす
2011/05/02 19:49
こんばんは!

来週末は「リゴレット」を聞きたいと思っていました。ゴッビの題名役は聞いたことがありません。いつかは聞いてみたいと思っています。

「イル・トロヴァトーレ」はセラフィン盤が名歌手を揃えて素晴らしいですね。私はコッソットのアズチェーナに惹かれます。

「オテロ」からはしばらく離れていますが、(ヴェルディでもワーグナーでも)低声を好むがゆえに、「ドン・カルロ」や「シモン・ボッカネグラ」により惹かれるからかもしれません。
深夜便
URL
2011/10/23 23:30
深夜便さん、初めまして!コメントありがとうございます。最近は忙しくてブログ見てなかったので、コメントに気づくのが遅れてしまいまして申し訳ありません。

セラフィンの「イル・トロヴァトーレ」はすごいですね!なんというか、聴いていると音楽の勢いにどんどん惹きこまれていく感じがします。でも、やはり今でも通勤時に時々聴いたりするのは「オテロ」ですね。元々ワーグナーが好きだったこともあり、英雄的なテノールが活躍するオペラが好きなのかもしれません。でも、ワーグナーでのハーゲン(グラインドル)やプッチーニのスカルピア(ゴッビ)などのような低声の悪役が大好きだったりするので、おっしゃっている「ドン・カルロ」あたりもちょっと聴いてみたいなあとも思っています。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
うぐいす
2011/10/27 22:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
閑話休題:大人買いのヴェルディのオペラ、一通り聴きました Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる