Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS やはりこれがベスト!アバド/ウィーンフィルのマーラー:交響曲第3番<PA-358>

<<   作成日時 : 2011/07/09 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

とうとう関東地方も梅雨があけたようです。
すでに暑い夏は始まってきていますが、いやはや、これからさらにギンギンギラギラの毎日がくるわけですね〜。
今日は新宿に出かけましたが、帰りはもう喉がカラカラでしたよ。
熱中症対策に水分補給に注意せねばいけません。また尿管結石が出てくるのも嫌ですしね!

さて、最近はめっきりハイドンの弦楽四重奏曲を聴きこんでいるわけですが、暑い夏がきましたのでここはひとつ、夏の到来にふさわしい曲を久しぶりに聴きます。
マーラーの交響曲第3番、昔からうぐいすの大のお気に入りの、アバド/ウィーンフィル('80)の演奏です。

実はこの演奏、約30年前のまだ高校時代にLP入手して以来、うぐいすにとってのマラ3ベスト盤という揺るぎない位置を確立している演奏です。LP手放した後はもちろん、CDを買い直してます。

LP時代に入手した際、蝶の羽の拡大写真のようなこのジャケットがすごく好きだったですねえ。ジャケット表面のザラザラ感がまたいい質感でした。
CDになってその手触りを楽しむことができなくなってちょっと残念な感じでした(笑)。

で、肝心の演奏の方もまことに素晴らしい!
いやあ、今日久しぶりに聴きなおしましたが、ウィーン・フィルの柔らかく豊かな響きが、脳の芯の奥まで沁み渡るような感じです。

1楽章冒頭から朗々と響きわたるホルンが素晴らしいですね!
全然威嚇的でなく、柔らかい響きでしかも力感も不足していない絶妙のバランスで響き渡る様は、ホントに夏が空間いっぱいに広がりわたっていくような雰囲気です。

あと、基本的にこの演奏は弱音が素晴らしいですね!とてもデリケートで自然を慈しむ様な音色です。乱暴な音は出てこないです。
いつまでもこの絶妙な響きの中に埋もれていたくなってしまいます。

はっきり言って、たいていの演奏は1楽章が長く感じてしまって途中で聴くのを止めてしまうことが多いのですが、最後まで何の苦もなく聴くことができるのはこのアバド/ウィーンフィルと、ノイマン/チェコフィルの演奏だけです。

2楽章・3楽章も弱音と繊細な表現を基調とした、とってもチャーミングな演奏です。
4楽章のノーマンのくぐもった声色はいろいろと好みが分かれるかもしれませんが、うぐいすは結構好きです。5楽章も明るく柔らかいウィーン少年合唱団の歌とオーケストラのバランスが絶妙ですね。

で、やはりこの演奏の白眉は6楽章になるかもしれません。
終始、とても柔らかく歌のこもった音楽が展開されていきます。
このデリケートなビロードのような弦楽器の音色には泣かされますね〜。
まったく、すっかりまいってしまいます。

ちなみにアバドにはこのマラ3はベルリンフィル盤もあります。
これもなかなかの好演奏でした。
しかし、このウィーンフィル盤はそのベルリンフィル盤とはまた違った音色の魅力や自然な音楽の流れがあります。
個人的にはウィーンフィル盤の方がお気に入りです。

ちなみに、バーンスタインのように咆哮する3番がお好みの方にはちょっと合わないかも。
とっても柔らかで繊細な表現が特色の演奏ですから。

しっかしそれにしてもこの演奏、つい最近まで廃盤でした。
レコード会社は何を考えているのか!と憤っていたのですが、最近やっと高音質CDになって再発されました。
さすがに買い直すほどの情熱はないのですが、まだ入手されていない方にはとってもお薦めの演奏ですので、機会があればぜひとも入手されてみてはいかがでしょうか。

↓まずはAmazon


マーラー:交響曲第3番
ユニバーサル ミュージック クラシック
2011-07-06
アバド(クラウディオ)
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マーラー:交響曲第3番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓こちらはHMV


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

アバド&ウィーンフィルのマーラー3番、私もこの曲で一番好きなディスクです。これを超えるものを探そうと無駄に(笑)何枚も買いましたが結局ありませんでした。
特に第一楽章のフィナーレの巻き方は絶品ですね。

今持っているディスクは中古で買ったためキズのせいかウォークマンにうまく取り込めません。高音質買い直そうと思っております。
(それでもまだ高い。テンシュテットの全集買えちゃいます^^;)
ニョッキ
2011/07/15 12:33
ニョッキさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

ニョッキさんもこの演奏がベストなんですか。マーラーの3番って、こういう弱音の繊細さを基調とした、音楽が流麗なタイプの演奏ってあんまりないんですよね〜。もっとも、うぐいすもそういうマーラーが好きなのは3番くらいなのですが。まあとにかく、この演奏ほど音楽に無理がなく自然に流れていく演奏は皆無じゃないかと思うくらいにすごいですね。おっしゃるとおり、1楽章最後のあおり方など、アバドのセンスは絶妙だと思います。
うぐいす
2011/07/15 22:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やはりこれがベスト!アバド/ウィーンフィルのマーラー:交響曲第3番<PA-358> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる