Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【普通に取り出すシリーズ】(001) J.S.Bach 「管弦楽組曲」

<<   作成日時 : 2017/04/08 18:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、いよいよ新シリーズ開始させていただきます。

なお、今回のシリーズ、曲に関してはわざわざ私が解説をするまでもない名曲ばかりなので、いきなり演奏のお話をしていこうと思います。

あと、感覚的ではありますが、下記の表記で聴く頻度を区分けしてみようかと思います。

 ◎:大体この演奏
 〇:たまに
 △:気分が乗った時
 ※:好きだけどめったに取り出さない

(あくまで聴く頻度であって、演奏の評価ではありません)

最初は「×:めったに聴かない。お蔵入り」というのも考えたのですが、その演奏に対してはネガティヴな感想になるでしょうし、書くほうも読むほうもあまりいい気分はしないでしょうから、少なくとも本文で書くのはやめました。
〇や△とかでもそういういやな「ニオイ」(笑)が出るかもしれませんが、ご容赦ください。
(あくまで個人の感想なので、そういうネガティヴな部分も完全には断ち切れないかな〜と思います。)

あと、読まれている方には、触れていない演奏については私がCD持っているけど聴かないのか、持っていないだけなのか、判別がつかないかとは思います。まあ、いつも私が聴いている演奏は何かを書くという、もともと、100%自己満足に近い主題ですので(笑)、ご容赦ください。
もしコメントをいただいた時に他の演奏の話が出たら、書かせていただきます。


さて、本日はJ.S.Bach「管弦楽組曲」です。

普通に取り出す演奏

◎:ガーディナー/イギリス・バロック・ソロイスツ

バッハ:管弦楽組曲(全4曲)
ワーナーミュージック・ジャパン
2011-07-20
ジョン・エリオット・ガーディナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:管弦楽組曲(全4曲) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



△:リヒター/ミュンヘン・バッハo(夜なら)

バッハ:管弦楽組曲
ポリドール
1997-04-09
ニコレ(オーレル)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:管弦楽組曲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さてこの曲ですが、先週も言いましたが、あんまり聴きません(笑)。
バッハは意外とそのときの気分でいろいろな曲聴いてますが、これはあんまり聴かないのです。

今考えると、若いときは大体リヒター盤を取り出すのが当たり前だったのですが、リヒター盤はきびきびとした緊張感のある演奏なので、いつも聴ける時ばかりでないこともあって聴かなくなってしまったかもしれません。

一方で、齢50を超えたころから、どちらかというとガーディナー盤のほうに惹かれるようになってました。
むかしはノンビブラートで音を引き延ばしながら音を膨らませる奏法がどうにも違和感があったのですが、最近はあんまり気にならなくなりました。

むしろ、オリジナル楽器の響きが淡白で、テンポも速めで快活、しかも緊張感みたいなものを持たずに何気に聴けるのがずいぶんと楽なのです。

かと言って、リヒター盤が嫌いになったわけではありません。
たま〜に、あのキビキビ感と、今となってはバロックにはちょっと豊かすぎるかもしれない響き、それとフルートのニコレの名人芸が聴きたくなるときがあるのです。

ただいつも聴くにはつらいかな〜。
三番のトランペットとかも、あらためて聴くと結構響きがきつく聴こえる時がありまして・・・
特に朝聴くのはつらい・・・午後以降、特に夜とかなら普通に聴ける感じですね。

ましてや、リヒター盤以外の現代楽器の演奏については、ちょっとくどく感じられるようになっちゃいました・・・

他、バッハの曲の場合、演奏者の個性を前面に押し出してる演奏とか、テンポが遅めの演奏も、最近あんまり聞いていられなくなってきました。
曲を聴く集中力とか、気力が落ちてきたのかもしれませんねえ・・・

最近は、あくまで聴く頻度だけを比べると、ガーディナー盤が多いです。

さて、今回はここまでにしておきます。
あんまり中身のない感想になっちゃってる気もしますが、まあ、初めはブログ復帰のリハビリも兼ねて(苦笑)、こんな感じでぼちぼちとやっていかせてもらいます。

ではでは、またよろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【普通に取り出すシリーズ】(001) J.S.Bach 「管弦楽組曲」 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる