Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【普通に取り出すシリーズ】(002) J.S.Bach 「ブランデンブルグ協奏曲」

<<   作成日時 : 2017/04/15 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は新シリーズ2回目です。

これから毎回、下記の区分け表記を最初に記してから本題に入ることにしようと思います。

普通に取り出す頻度基準
 ◎:大体いつもこの演奏
 〇:たまに
 △:気分が乗った時
 ※:好きだけどめったに取り出さない

(あくまで聴く頻度であって、演奏の評価ではありません)


さて、本日はJ.S.Bach「ブランデンブルク協奏曲」です。

普通に取り出す演奏

◎:レオンハルト/クイケン、ビルスマ、ブリュッヘン、他
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)(期間生産限定盤)
SMJ
2015-05-20
グスタフ・レオンハルト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)(期間生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



△:リヒター/ミュンヘン・バッハo(夜なら)

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番-第4番,第6番
ユニバーサル ミュージック クラシック
2012-05-09
リヒター(カール)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番-第4番,第6番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


バッハ:管弦楽組曲第2番&第3番、ブランデンブルク協奏曲第5番
ユニバーサル ミュージック
2015-05-20
リヒター(カール)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:管弦楽組曲第2番&第3番、ブランデンブルク協奏曲第5番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さてこの曲もですが、先週の「管弦楽組曲」と同様、あんまり聴きません・・・
いざ、聴いてみるかと思って取り出すとすると、レオンハルト盤を取り出します。最近はオリジナル楽器の響きが心地よくって、こういう演奏に慣れてしまうと、ノンビブラート気味(多少はビブラートかかってますが)の音色が心地よくなってきます。

レオンハルトについては、チェンバロ独奏曲の演奏はいろいろとルバートをかけたりもったいぶった感じの演奏が多くてあまり聴かなくなったのですが、ブランデンブルク協奏曲は合奏ということもあって、あまりそういう表現はないですね。また、他の古楽器演奏と比較しても、表現として比較的穏健といいますか、とがったアクセントや音の膨らましが少なく、結構すんなり入っていきやすいです。

そもそもこの演奏、ブリュッヘン・クイケン兄弟・ビルスマなど(よく見るとアスペレンも)、錚々たるメンバーが参加しているわけで、レオンハルトが一応指揮ということにはなってますが、主導権を完全に握っているわけではないかもしれません。そういう意味ではレオンハルト色が出すぎずにバランス感覚が出てるのではないかと推察いたします。

なにより、リヒター盤では3・5・6番以外はあんまり聴かなかったのですが、他の1番や4番あたりも聴けるようになりましたかね〜。どの曲もこの演奏だと聴きやすくて普通に聴けてしまうのです。

あと、この演奏も「管弦楽組曲」のガーディナー盤と同様、朝でも夜でもオールマイティです。

リヒター盤は昔は時々聴きましたが、今となってはちょっと音色が豊かすぎて聴こえるようになり、聴く機会が減りました。夜に聴くと曲に集中して聴くことができるようになるので、たまに部分的に取り出すこともあります。

てなわけで、ブランデンブルグを聴こうか、と考えたら、最近はレオンハルト盤が最初に頭に浮かびます。

さて今回はここまでということにします。次回はJ.S.Bach「チェンバロ協奏曲集」へ行きます。

ではでは、またよろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【普通に取り出すシリーズ】(002) J.S.Bach 「ブランデンブルグ協奏曲」 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる