Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【普通に〜】(007) J.S.Bach 「フルート・ソナタ集」

<<   作成日時 : 2017/05/20 21:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、シリーズ7回目です。
本日はJ.S.Bach「フルート・ソナタ集」です。

普通に取り出す頻度基準
 ◎:大体いつもこの演奏
 〇:たまに
 △:気が向いた時
 ※:好きだけどめったに取り出さない

(あくまで聴く頻度であって、演奏の評価ではありません)


普通に取り出す演奏

ニコレ(Fl)/リヒター(Cemb)/フィンク(Vc)
バッハ:フルート・ソナタ集
ユニバーサル ミュージック
2015-05-20
ニコレ(オーレル)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:フルート・ソナタ集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

※ BWV1033〜1035が入ったアルバムが探せませんでした。・・・

グラーフ(Fl)/デーラー(Cemb)/ザックス(Fg)
バッハ:6つのフルート・ソナタ
King Records =music=
2010-10-06
グラーフ(ペーター=ルーカス)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:6つのフルート・ソナタ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


〇:有田正弘(Fl)/有田千代子(Cemb)/鈴木秀美(Vc)
バッハ:フルートソナタ全集
日本コロムビア
2010-09-22
有田正広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:フルートソナタ全集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この曲はニコレとグラーフの演奏をよく取り出します。
両者とも、フルートの名手として素晴らしくきれいな音色でほれぼれとしてしまいます。

フルートの音色としては、ニコレも十分きれいな音色なのですが、ランパルやグラーフよりもニコレの方が人間味というか、温かみを感じさせてくれますかね〜。例えば、ランパルのキラキラとした音色と比べるとちょっと地味な音色なのかもしれませんが、ニコレの方が耳触りがいいので、いつも取り出す、ということになるとニコレの方が聴きやすくてよく取り出すのです。

グラーフの方は技術的にもっとクールな感じで吹いていて、達観してしまった感も少し感じられますかね。
ちょっとチェンバロが弱くて音が埋もれてしまうところもあるのですが、まあ、グラーフのクールで涼しげな音色を楽しむと割り切って聴いたほうがいいのかもしれません。

上記はどちらもフルートの音色を楽しむ、ということではすごく満足してます。

一方、フラウト・トラヴェルソの演奏はというと、意外と聴く演奏が少ないです。ブリュッヘンやB.クイケンの演奏は、ちょっと素朴すぎて(笑)あんまり聴かないのです。でも、有田夫妻の旧盤は、ちょっとごつごつ感も感じられますが、素朴な中にもやりすぎていないというか、すごく親しみが感じられる演奏なのです。
時々、無性に聴きたくなる時があります(笑)。

というわけで、よく取り出す演奏は、フルートの音色を楽しむ感じでニコレとグラーフ盤で、たまに有田盤を取り出します。

さて今回はここまでということで、次回はいよいよ、J.S.Bach「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」へとまいります。

ではでは、またよろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【普通に〜】(007) J.S.Bach 「フルート・ソナタ集」 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる