Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【普通に〜】(015) J.S.Bach 「マタイ受難曲」

<<   作成日時 : 2017/07/15 15:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、シリーズ15回目です。
本日はJ.S.Bach「マタイ受難曲」です。


普通に取り出す頻度基準
 ◎:大体いつもこの演奏
 〇:たまに
 △:気が向いた時
 ※:好きだけどめったに取り出さない

(あくまで聴く頻度であって、演奏の評価ではありません)


■普通に取り出す演奏

マウエルスベルガー/ゲヴァントハウス管、聖トーマス教会合唱団、他
J.S. Bach Matthaus-Passion, BWV 244
Brilliant Classics
2015-02-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by J.S. Bach Matthaus-Passion, BWV 244 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


〇:鈴木雅明/バッハ・コレギウムアンサンブル
バッハ:マタイ受難曲 全曲
キングレコード
1999-10-22
鈴木雅明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:マタイ受難曲 全曲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


△:リヒター/ミュンヘン・バッハo
バッハ:マタイ受難曲 BWV244
ポリドール
1991-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バッハ:マタイ受難曲 BWV244 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これはほとんどマウエルスベルガー盤一択です。
他の演奏もたまに聴きますが、圧倒的に取り出すのはマウエルスベルガー盤です。

マウエルスベルガー盤は何と言いますか、非常に表現が柔らかいですね。低音がよく聴こえてしかも音色もふくよかで、聴いていて幸せな気分になります。音楽の流れが非常に自然なのが良いですね〜。合唱の聖トーマス教会合唱団も素晴らしい!
あと、福音史家のペーター・シュライアー、イエスのテオ・アダムの共に声が絶頂の頃かと思いますが、高音の伸びがあり聴いていて惚れ惚れします。
今の私はこれが一番取り出すことが多いです。

古楽器なら、レオンハルト盤ではなく鈴木雅明盤の方をよく取り出します。レオンハルト盤もかなり素朴な音楽のつくりにはなっていますが、それでも少々表現が大仰に聴こえることがあります。
それに比べると、鈴木雅明盤の演奏の方がもっと素朴で自然な感じに聴こえて聴きやすいのです。

それにしても、古楽器の演奏の方はマウエルスベルガー盤とは全く違いますね〜。現代楽器の方はずいぶんと音色が厚くしかも劇的な表現になっていますので、まるで違う曲のような感覚に陥ります。
古楽器の演奏はホントにバッハの音楽の骨格を楽しむといった趣でしょうか。音色の豊かさではなく素朴に曲の構造やハーモニーを味わうのにいいですね〜。
そういう意味でも、鈴木雅明盤は外連味がなくて、素朴に音楽を味わえて良いです。

リヒター盤は一番最初に購入した演奏です。きびきびと劇的に進めていく演奏ですね。古楽器演奏も当たり前になってきた今聴くと、意外とロマンチックな方向にも聴こえます。
この演奏を最初に聴いてしまうと、こうでなくては・・・と思わされてしまう説得力があります。

この曲を初めて聴くなら、やっぱり今でもこのリヒター盤ですかね〜。メリハリがあるので、聴いていて飽きにくいというか、一気に聴き進めることができる演奏だと思います。
福音史家のヘフリガーも好演です。

でも、マウエルスベルガーの演奏を聴いてからは、私はあまり取り出すことがなくなりましたね〜。
今の私が聴くにはちょっと厳しすぎるかな〜・・・


さて今回はここまでということで、次回はJ.S.Bach「フーガの技法」へ行きます。

ではでは、またよろしくお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【普通に〜】(015) J.S.Bach 「マタイ受難曲」 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる