アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「オペラ」のブログ記事

みんなの「オペラ」ブログ

タイトル 日 時
閑話休題:大人買いのヴェルディのオペラ、一通り聴きました
この三連休、ほとんどどこにも行かずに家でゆっくりしてました。 29日の午前中に床屋に行ったのと、30日の午前中に妻を病院に連れて行ったくらいかな?午後は毎日寝てました(苦笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/01 23:20
カラヤン/デル=モナコのヴェルディ「オテロ」('61)<PA-342>
カラヤン/デル=モナコのヴェルディ「オテロ」('61)<PA-342> やれやれ、ブログをエントリーするのは実に久しぶりです。 もうすっかり春になってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 23:04
これもやっと入手!C.デイヴィスのブリテン:「ねじの回転」<PA-340>
これもやっと入手!C.デイヴィスのブリテン:「ねじの回転」<PA-340> 本日は朝こそ曇りがちでしたが、時間がたつにつれてよく晴れました! 午前中は車の点検に行って、午後は久しぶりに都心に行ってきました。 新宿とお茶の水のディスクユニオンに行ってまたいろいろとCDを入手してきたのです。 今日も数多のCDと音楽に囲まれた、幸せな空間を楽しんできました(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/19 23:18
素晴らしい躍動感!C.クライバーの「魔弾の射手」全曲<PA-338>
素晴らしい躍動感!C.クライバーの「魔弾の射手」全曲<PA-338> 本日、ブログ更新します。 最近は週一ペースでブログを書く余裕がちょっと出てきました。 いつまでつづくかな〜。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/30 22:20
カイルベルト1955年第2チクルスの「ワルキューレ」〜第1幕〜<PA-307>
カイルベルト1955年第2チクルスの「ワルキューレ」〜第1幕〜<PA-307> ブログ更新がまた間が空いてしまいました・・・ 気が付いたらもう2月も終わりですね〜。 音楽もあ〜んまり聴いてないな〜。どうもゴタゴタしていて、落ち着いて音楽聴いたりブログ書く環境じゃあ無かったのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/27 21:09
カイルベルトの'55年2ndチクルス「神々の黄昏」<PA-303>
カイルベルトの'55年2ndチクルス「神々の黄昏」<PA-303> 最近プライベートも仕事もドタバタです。 今月初めに親知らずを抜いたのですが、術後の回復が順調だったので調子に乗って先週土曜、反対側の親知らずも抜いたのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/12/24 21:40
懲りずに(笑)ブリテンの「ねじの回転」:ハーディングのライヴDVD<PA-275>
懲りずに(笑)ブリテンの「ねじの回転」:ハーディングのライヴDVD<PA-275> 今日は家族で浅草に行ってきました。まず仲見世通りと浅草寺をブラブラしました。いや〜、仲見世通りはすごい人でしたよ。 普段都心に通勤しているので、その気になったらいつでも行けるので、今度は会社帰りのすいてるときにでもブラッと行くのもいいかも。 その後昼食をとって亀屋の人形焼きを買い、そのまま水上バスで隅田川を下って浜離宮へいって、またブラブラして帰宅しました。 特に目的を持っていったわけじゃなかったんですが、結構楽しめました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/21 23:21
ブリテン:歌劇「ねじの回転」作品54<PA-263>
ブリテン:歌劇「ねじの回転」作品54<PA-263> 今日は午前中は晴れ間も見えましたが、午後から土砂降りになりました(苦笑)。 それにしてもとにかく蒸し暑かったです! ここはひとつ、夏らしく幽霊の出てくる曲をエントリーということで、ブリテンの歌劇「ねじの回転」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/07 20:41
ビゼーの「カルメン」(カラス/プレートル/パリ国立歌劇場o.)<PA-244>
ビゼーの「カルメン」(カラス/プレートル/パリ国立歌劇場o.)<PA-244> う〜ん・・・最近どうも仕事が厳しい・・・ 何をやってもうまく行かんので、毎日憂鬱なのですよ。 まさしくブログ仲間のお一人が言っていた「ニーベルハイム」にうぐいすもいるようです(爆)。さながら「ニーベルハイム」のミーメ状態ですかね〜。 今までもその感じはあったのですが(笑)、最近特に厳しいなあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/03 23:30
1975年バイロイトのC.クライバー:「トリスタンとイゾルデ」<PA-227>
今日は午前中から昼にかけてはいい天気でした! 桜も咲きだしてまして、絶好の花見日和でした。本日の夕方くらいからまた天気が崩れるというのを天気予報を見て知ってましたので、朝早くに花見がてら散歩に出かけました。 近所で桜が有名な通りがあるので、そこを散歩して桜のトンネルをたっぷりと堪能してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/04 23:55
カラヤンのバイロイト:「ワルキューレ」第3幕(1951年)<PA-224>
カラヤンのバイロイト:「ワルキューレ」第3幕(1951年)<PA-224> さてさて、今回エントリーは「ワルキューレ」の第3幕のみの録音です。 1951年、戦後初めて開催されたバイロイト音楽祭でのカラヤン指揮の指環からです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/24 21:53
ヴァルナイのメト・デビュー:「ワルキューレ」(1941年)<PA-222>
ヴァルナイのメト・デビュー:「ワルキューレ」(1941年)<PA-222> 今回は戦前の古い録音で、1941年の「ワルキューレ」です。 メトロポリタン歌劇場でのライヴ録音、指揮はラインスドルフです。 かの有名な、ヴァルナイがメト・デビューした伝説的な録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/21 22:07
クーベリックの「パルジファル」<PA-218>
クーベリックの「パルジファル」<PA-218> 一昨日の金曜日、会社帰りにいつもの行きつけとは違う中古CD屋さんに行ってきました。いつものところとはまた違う少しマニアックなものがいろいろあって、またまた幸せな空間を堪能してきました(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/08 20:47
やっと入手できました!カラヤンの「パルジファル」<PA-211>
やっと入手できました!カラヤンの「パルジファル」<PA-211> 今週はちょっと私用がありまして、1日だけ実家に帰ってました。 また、仕事も近地の出張が続いてまして、少々疲れ気味です。 でも、今まで注文していたCDもドッときてまして、なかなか楽しい時間も過ごしています。昨日からひたすら入手したCDを聴き始めてます。その中の一つが今回のエントリー、カラヤンの「パルジファル」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 4

2009/02/07 20:43
カラヤンのバイロイト「トリスタンとイゾルデ」<PA-208>
カラヤンのバイロイト「トリスタンとイゾルデ」<PA-208> やれやれ、ついこの間ワーグナーはいったんここらへんで・・・ と言っておきながら、またワーグナーです(苦笑)。 年末年始の集中リスニングのおかげで、すっかり毒気に当てられてしまいました。最近どうもワーグナーばっかりですなあ。 今回はカラヤンのバイロイトライヴ(1952年)の「トリスタン」です。 前から気になっていまして、録音状態がどうかな〜と思って躊躇してたのですが、思い切って入手してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

2009/01/28 22:34
名演!でもこれも廃盤:サヴァリッシュの「ローエングリン」(1962)<PA-205>
さてさて、とりあえず今回で年末から続いてきたワーグナー・チクルス(笑)をひとまず終わりにしておきましょう。 今回のエントリーは、サヴァリッシュの「ローエングリン」です。これも廃盤(苦笑)なのですが、中古CD屋さんで入手したのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/01/15 22:09
カイルベルトの「さまよえるオランダ人」(1955年)<PA-204>
カイルベルトの「さまよえるオランダ人」(1955年)<PA-204> もう最近はワーグナー熱が加速してます(爆)。 今回のエントリーはカイルベルトの「さまよえるオランダ人」です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/14 22:16
再評価!クナ1951年の「パルジファル」<PA-203>
再評価!クナ1951年の「パルジファル」<PA-203> 三連休とうとう三日目です。 結局、この三連休は家にいる間はワーグナー三昧です(笑)。 今回のエントリーは結局、クナッパーツブッシュの「パルジファル」を選びました。 しかも、有名な1962年盤ではなく、もうひとつの正規盤、バイロイト1951年盤です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/01/12 18:28
爆発!カラヤンの「ローエングリン」<PA-202>
爆発!カラヤンの「ローエングリン」<PA-202> 今日は三連休二日目ですね〜。 さて、今回のエントリーは昨日入手した、カラヤンの「ローエングリン」です。 この演奏、いつもお世話になっているNiklaus Vogelさんのお気に入りの一つの演奏ということで入手しようと思った次第なのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/01/11 21:45
バイロイトのC.クライバー:「トリスタンとイゾルデ」(1974)<PA-201>
本日から三連休です。午前中に散歩がてら中古CD屋さんへ行ってきました。 目的はワーグナーのオペラなのですが、3種入手できました。 そのうちの一つが今回のエントリー、バイロイトでのC.クライバー指揮の「トリスタンとイゾルデ」です。 1974年のステレオ録音でレーベルはHYPNOS、まあ、いわゆる海賊盤ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/10 18:37
名演です!でも廃盤中:サヴァリッシュの「タンホイザー」全曲(1962)<PA-200>
名演です!でも廃盤中:サヴァリッシュの「タンホイザー」全曲(1962)<PA-200> みなさまのおかげでPAナンバーが200に達しました。 しかもなんと!本日1月4日でブログ開設して2年です。 さっきまで忘れてましたよ(爆)。二重の記念日となりましたが、今回のエントリーはと同じくワーグナーを選択しました。 「タンホイザー」全曲、サヴァリッシュ指揮のバイロイト・ライヴ(1962年)のものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 8

2009/01/04 14:58
今年最後のエントリーです:プッチーニの「ラ・ボエーム」<PA-198>
今年最後のエントリーです:プッチーニの「ラ・ボエーム」<PA-198> 今年は12/31には実家に帰省いたしますので、今回のエントリーが今年最後になると思います。 (ホントはもう1回書いて新年はPA-200としたかったところですが、ちょっと時間がとれそうにありません) 今年はプッチーニ生誕150年、カラヤン生誕100年、ということで、今年の締めくくりはまだプッチーニ作品で取り上げてなかった「ラ・ボエーム」、カラヤン/ベルリン・フィル盤('72)を選びました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/12/29 23:56
ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」<PA-197>
ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」<PA-197> 最近、ブログのお仲間の方たちが頓にワーグナーをとりあげられてます。やはり12月ですしねえ〜。 NHKのバイロイト音楽祭放送の関係で、うぐいすも12月は第9と共にワーグナー、というイメージがあります。 (ちなみに4月はパルジファルかなあ。) ということで、お仲間につられて(爆)今回は久しぶりにワーグナーです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/12/26 19:34
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」<PA-190>
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」<PA-190> 最近、どうも休日は曇りや雨の天気が多くて気が晴れませんねえ。 それと関係があるわけでもないのですが、休日になんとなくブログを書く気になれず、なぜか平日にエントリーとなりました。 本日はプッチーニの「蝶々夫人」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/18 00:17
プッチーニ:歌劇「トスカ」<PA-188>
プッチーニ:歌劇「トスカ」<PA-188> さて、本日はブログを書く時間がとれました。 前回に引き続き、プッチーニのオペラです。 今回は「トスカ」をエントリーしようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/06 23:39
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」<PA-187>
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」<PA-187> 本日は朝早くからディズニーランドに出かけ、つい先ほど帰宅しました。 テーマパークは久しぶりなので、アトラクションの長時間待ちは疲れましたね〜 さて本日のブログですが、昨日少し書きためていたのでエントリーしておきます! 今回はこの間大人買いしたプッチーニのオペラの中から、「トゥーランドット」を選んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/02 21:20
閑話休題:プッチーニのオペラを大人買い(笑)
今回のエントリーは久しぶりに閑話休題です。 我ながら柄にもないCDを入手しました(笑)。 プッチーニのオペラのCD、「蝶々夫人」「トゥーランドット」「トスカ」をまとめ買いしてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/25 21:18
久々の閑話休題:うぐいす兼好の徒然なるまま(苦笑)〜クナの指環〜
実に久しぶりにナンバーなしの雑談です。 これまた久しぶりに、ワーグナーの指環を飛ばし聴きしてます、時間もないのに(苦笑)。 突然、クナの指環を聴きたくなりまして。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/18 23:30
クーベリックの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲<PA-100>
今回は記念すべきPA100回目のエントリーです。 結構、気分で番号つけてるのでホントに記念かどうかわかんないのですが(笑)。 といいつつ、まあケジメにもなるんでいろいろ考えてみました。 お祭り気分に合ってそうな曲ということで、マイスタージンガーを選んでみました。 以前、うぐいすのお気に入りといっていた「クーベリック」の演奏です(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/02/23 18:14
カラヤンの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲<PA-095>
昨日に続き、マイスタージンガーです。 で、実際に聴いた演奏ですが、久しぶりなのでどの演奏聴くか迷いましたが、とりあえず世評の高いのと、生誕100年ということでカラヤンを引っ張り出しました。 実はもっと好きな演奏があるのですが(○ーベ○ッ○)、それはまたの機会にしておきます。→伏字にする意味あるのか?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/10 17:38
ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲
本日は午前中は散歩して過ごしましたが、午後から雪がちらちらと降り始めましたので家にこもりました(笑)。 こんな日はやはり音楽三昧です。 久しぶりに大物を聴いてみようかということで、マイスタージンガーを選んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/09 22:50
ショルティの「魔笛」('69)全曲<PA-092>
今日は関東地方は積雪です。寒くて外に出る気がしませんので、またまたじっくりオペラを聴いてみます。お題は前回に引き続きモーツァルトです。 今回は「魔笛」で、これまたうぐいすには珍しくショルティ/ウィーン・フィル盤です。 前回久しぶりに「フィガロ」を聴いたらなんとなく「魔笛」も聴きたくなり、取り出してみました。 これも曲の説明は要りませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/03 20:57
E.クライバーの「フィガロの結婚」全曲<PA-091>
今回はうぐいすのブログには珍しくモーツァルトです。 休日ということもありましたので、E.クライバー/ウィーン・フィルの「フィガロ」を聴きました。 久しぶりに1950年代のウィーン・フィルの音色に浸りたくてこの演奏取り出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/02 19:54
閑話休題:徒然なるままにワーグナー(笑)
今回は閑話休題、徒然なるままに、ワーグナーなのです。 最近ワーグナーを聴いてないので、たまに聴くと涙が出るほど感動してしまいます。 やっぱりしばらく時間を置くとまた新たな気持ちで聴けていいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/21 23:30
クナッパーツブッシュの「ワルキューレ第1幕」<PA-056>
今回も久しぶりのお題で、ワーグナーです。 指環の全曲感想は今年の初めに一通りブログで書き終えてしまったのですが、全曲以外にもいろいろ魅力的な録音があるわけですが、その中でも代表的なものが今回のクナのワルキューレ第1幕です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/06 20:38
たまには管弦楽作品集(ワーグナー/フルトヴェングラー)
またワーグナーですが、今回は管弦楽曲集です。 気が向いたので、久しぶりにフルトヴェングラーの話題です。 実は何を隠そう、うぐいすが若い頃は、大層なフルトヴェングラーファンだったのです。これって、フルトヴェングラリアンとでもいうのかなあ?いや、絶対こんな言い回しはしないな(笑)。早口言葉には・・・ならないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/19 00:18
楽劇「ばらの騎士」全曲(R.シュトラウス)<PA-036>
さーて、久しぶりにオペラの話です。 でもワーグナーじゃなくって、今回はR.シュトラウスです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/16 01:13
パルジファル(ワーグナー)で癒されます<PA-034>
最近ちょっと軽めの曲を書いてましたので(ん〜っ、そうか?)、久しぶりにワーグナーの話を書いてみましょう。ということで、今回は「パルジファル」です。 ワーグナーのオペラ全曲盤では、うぐいすが初めて買ったのがこの曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/12 23:31
カイルベルト('55年)の「指環」
気が向きましたので、久しぶりにワーグナーの話題をしてみます。 ちょっと間が空きすぎましたが、カイルベルトの1955年盤の指環の感想書いてなかったので、ちょっと書いてみようかなあと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/18 21:15
C.クライバーの「トリスタンとイゾルデ」全曲(ワーグナー)/<PA-012>
さて、「トリスタンとイゾルデ」全曲の感想です。手持ちの演奏では最後になり ます。 (その3)はC.クライバー/ドレスデン('80〜82)です。意外と早めに公開できまし た(笑)。 1.全体です。 非常に美しい演奏です。あまり重厚ではありませんが、フレーズの強弱・歌わ せ方が、まさにクライバー!という感じです。この人の演奏はうぐいすが思うに、 ひとつひとつのフレーズの強弱やテンポの動きが予測のつかないような激しい 変化をしており、さらにそれが細かい単位の中(1フレーズの中や、フレー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/28 22:57
ベームの「トリスタンとイゾルデ」全曲(ワーグナー)/<PA-011>
さて、「トリスタンとイゾルデ」全曲の感想、(その2)はベーム/バイロイト('66年)です。 1.全体です。 ベームは、バイロイトで同時期に指環も振っていてそれに通じるものがありますが、とにかくテンポが速く、ぐいぐい引っぱっていく演奏です。非常に勢いのある、緊張感に富んだ音楽になっていて、引き締まった筋肉質な音楽になっています。 オケが爆発する時の迫力はベルリンフィルが演奏しているかのような素晴らしさ。聴いていてカタルシスを感じることができます。 その一方で、音の響きとしての厚みはあるので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/27 16:32
フルトヴェングラーの「トリスタンとイゾルデ」全曲(ワーグナー)/<PA-010>
ちょっと気が向きましたので、今度は「トリスタンとイゾルデ」全曲の感想書いてみます。 (その1)はフルトヴェングラー/フィルハーモニア('52年)です。 1.全体です。 フルトヴェングラーの「指環」を聴いたとき、テンポ設定やフレージングにしてもあまりにも劇的で、スケール感みたいなものが感じられなかったのですが、このトリスタンは違います。心底感動しました。 遅めのインテンポ、重厚な音色を基本にして、本当の要所で劇的な要素を組み込むというフルトヴェングラー晩年のスタイルです。スタジオ録音という... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/21 20:42
「指環」(ワーグナー)聴き比べ総括!
いろいろな雑誌やインターネットの情報をみてもどれがベストな演奏なのかよ くわからなかったため、トータル10種類(そのうち1年の間に一気に9種)の演奏 を次々と買い漁ってしまいました。 その結果わかったのは、世間で言われている「指環にベスト演奏なし。どれも いいところがあれば悪いところがある」という評価が正しかった、ということ でしょうか。 今現在持っている指環10種は、どれもここはよくてもあそこが今ひとつ、とい う感じですが、各演奏でツボがあるのでそこを押えて楽しんでいます。 キ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/14 10:44
カイルベルト('52)の「指環」(ワーグナー)/<PA-009>
「ニーベルングの指環」の第9回〜カイルベルト/バイロイト('52年)〜です。 55年盤もそろえましたが、こちらは買って日が浅いこともあるので、もうちょっと聴き込んでからにするとして、とりあえず、今回で指環感想は最終回としておきます。 1.前置き このカイルベルト(52)盤もクラウス盤と同様、当初はあまり買う気がなかったです。しかし、たまたまインターネット上で試聴してみたら結構よかったので、勢いで注文してしまいました。 まさか1950年代の録音に次々と手を出す事になるとは我ながら予想してい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/13 11:53
クラウス('53)の「指環」(ワーグナー)/<PA-008>
指環感想も終盤に差し掛かってきました。「ニーベルングの指環」の第8回〜クラウス/バイロイト('53年)〜です。 1.前置きです。 実はクラウス盤は当初、あまり買う気がありませんでした。音がそんなに良くなくてオケの音が薄く、演奏内容もいわゆるワーグナー的なものではなくて、異色の演奏という評判を聞いていたから。その一方で、歌手はクナッパーツブッシュ盤とも共通する1950年代最高のメンバーが揃っており、しかも異色ではあるが爆演という話も聞いたため、少し興味が湧いてきました。 確かに録音はそんなに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/12 19:59
フルトヴェングラー('50)の「指環」(ワーグナー)/<PA-007>
さてさて、「ニーベルングの指環」の第7回〜フルトヴェングラー/スカラ座('50)〜です。 1.全体です。 演奏そのものは非常に熱いです。ライブのフルトヴェングラーの魅力が満載。 テンポは曲想で変るし、情熱的なところのオケの音色・迫力は凄いですね。 ベームとはまた違う次元の熱さが表現されています。 逆にクナ盤の演奏に慣れていると、随分落ち着きのなくスケールの小さい演奏にも聴こえてしまいます。 でも、もともとクナのようなスケール感みたいなものを期待して聴く演奏ではなくて、ひたすらフルトヴ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/11 20:27
クナッパーツブッシュ(57年)の「指環」(ワーグナー)/<PA-006>
「ニーベルングの指環」の第6回〜クナッパーツブッシュ/バイロイト('57)〜です。 クナッパーツブッシュの感想3連続の最後の回です。 1.前置きです。 56年と58年は以前どっこいどっこいと書いていましたが、結局どっちの方がよく聴いてるかというと58年盤。やっぱりこちらの方が全体としては個人的に好みのようです。 歌手の状態よくてもオケが引っ込んでるとどうも聴く気にならないのです。Orfeoから正規盤として56年盤が出たので買い換えましたが、演奏の内容まで変わるわけでなし、結局あんまり聴い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/10 18:43
クナッパーツブッシュ(56年)の「指環」(ワーグナー)/<PA-005>
引き続き、感想です。今回は「ニーベルングの指環」の第5回〜クナッパーツブッシュ/バイロイト('56)〜です。 1.全体 58年盤だけでも満足はしていたのですが、活気があるという噂聞いていたので、結局56年盤も買ってしまいました。最初M&A盤買ったんですが、後にORFEO盤が出たときに買いなおしました。 56年盤は音が悪いという世評らしいです。確かに58年盤と比較するとオーケストラの音が遠めに引っ込んで聴こえています。音質が悪いというほどの録音ではないのですが、58年盤以上にオケのダイナミク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/09 18:43
クナッパーツブッシュ(58年)の「指環」(ワーグナー)/<PA-004>
「ニーベルングの指環」の第4回〜クナッパーツブッシュ/バイロイト('58)〜です。 1.まずは全体です。 テンポ遅めなことや音がモノラルで古いことと、バイロイト特有の、オーケストラの音がダイレクトに伝わってこない感じも手伝って、音による物理的なカタルシスはないですね。 その代わり、クナの雄大なテンポ・スケールを味わうことができます。 音が古いと書きましたが、確かにショルティ等のステレオ盤に比べてしまうと違うのは当然。 でも、そんなにひどくないですよ。モノラル録音の類の中では音のよい方に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/08 10:01
カラヤンの「指環」(ワーグナー)/<PA-003>
「ニーベルングの指環」の第3回〜カラヤン/ベルリンフィル('65−'70)〜です。 1.まずは全体です。 カラヤン特有の、耽美的/情緒的な演奏。圧倒的な迫力を求める曲想も、ベルリンフィルということもあって、やはりそれなりに凄いですね。しかし、そういった強奏部分よりも効果を発揮しているのは弱音部の美しさやフレーズ表現。 特に感心したのは「ラインの黄金」や「ワルキューレ」第1幕、あと「ジークフリート」の森のささやき」のような部分といったところです。 これらの部分は、これまでに聴いてきた演奏の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/07 15:09
ベームの「指環」(ワーグナー)/<PA-002>
さて、それでは「ニーベルングの指環」の第2回〜ベーム/バイロイト('66/'67)〜です。 1.まずは全体です。 曲の運び方や、リズムやフレーズが自然で素直な感じ。スケールは小さく、しかもあんまりロマン的な演奏ではないです。 しかし、早めのテンポでがっちりした、質実剛健な演奏。 響きも音が固まりになってズドーンと来る感じで広がりがないためスケール感はないのですが、逆にそのための直接的な爽快感はありますね。 音が広がらないのはバイロイトのつくりも関係あるんでしょうが、固まりのように来るの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/06 17:10
ショルティの「指環」(ワーグナー)/<PA-001>
さて、それでは最初のパーキングエリア、「ニーベルングの指環」〜ショルティ/ウィーンフィル〜です。 1.まずは全体です。 全体通して、ショルティのリズム・テンポ感覚が徹底していると思います。 賛否両論あるけどいろいろな「効果音」や「合成」的な音は、個人的には結構わかりやすくて好きだが、これに慣れちゃうと他の演奏が物足らなく思えるときがあるかも(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/06 09:28
「指環」(ワーグナー)聴き比べ(プロローグ)
さて、次回から、視聴の感想など公開してみようかなあと思います。 今回はその前振りということで。 まずは、ワーグナーの「ニーベルングの指環」からいきましょう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/05 21:20

トップへ | みんなの「オペラ」ブログ

Cla_PA!(クラシックパーキングエリア) オペラのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる