Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「運命」(ベートーヴェン)聴き比べ(後編)<PA-016>

<<   作成日時 : 2007/02/19 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

さて、ベートーヴェン「運命」感想の後編です。

・ワルター/コロンビア
 秀演。編成が少ないせいか、あまり重厚ではないですが、開放
 的で、ある意味さわやかな演奏。音も生々しい。この演奏だけ
 を持っているのならそれでも満足できるかもしれないが、この曲
 はもうちょっと重厚なのが好き・・・
 レコード手放してしまいました。

・トスカニーニ/NBC
 きびきびした、緊張感のある演奏。しかし、ずっと聴いてるとリ
 ズムが一本調子に聴こえてきて聴き疲れしてしまいます。
 LD手放してしまいました。

・カラヤン/ベルリン(1962)
 テンポ早めでぐいぐい進む。このころのカラヤンは自然な勢いの
 ある演奏をする人でした。たまにこの推進力とベルリンの重厚さ
 を聴きたいときに聴いてましたが、いつしか聴かなくなって手放
 してしまいました。

・バーンスタイン/ウィーン
 ウィーンフィルの音色でありながら、演奏内容は自由自在で開放
 的な演奏。
 とはいうものの、エロイカもそうだったのですが、この5番をはじ
 め、絶賛されているウィーンフィルとのベートーヴェン全集につ
 いては私にはあまりピンときていないです。
 何かが足らないように思うのですが、それが何かはまだつかみき
 れていません。

・フリッチャイ/ベルリン
 テンポ遅めの、スケールの大きい演奏。名演ではあります。
 ただし、なぜかそんなに聴こうとは思わないです。

・テンシュテット/ロンドン響
 テンシュテットのライブ特有の、起伏の激しい名演です。

他にも、うぐいすが過去に聴いた演奏はいろいろありましたが、記
憶に残ったものはこれくらいでしょうか。
次回は「田園」あたりを考えてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんにちは。
前回はnameを間違えて失礼をしました。ピッチの件ももしわかればでOKです。
ベートーヴェンの5番は私のお気に入りです。テンシュテット盤以外は聴いたと思います。初めて聴いたのはワルター・コロンビア盤でした(年代がわかりますね…)。その後、セル、ライナーが気に入っていました。どちらも潔癖な演奏ですね。バーンスタインは私もダメです。この人の真骨頂はやはりマーラーですね。フルトヴェングラーの復帰ライヴは宇野功芳氏が褒め過ぎていると思います。個人的には50年のウィーン盤が好きです。クライバー(父)を久しぶりに聴き直しました。最終楽章の処理など時代を感じさせますが、闊達な演奏です。息子は言わずもがな、非常に巧いですがオケの違いも大きいと思います。そう言えばノリントンを聞いて唖然とした覚えがあります。私のベストはクレンペラー・ウィーン盤です。悠揚として深大な演奏です。まだ、これ以上の5番は出て来ていません。
ところでベートーヴェンのピアノソナタはいかがですか?
ezorisu
2008/01/25 11:05
うぐいすさん、こんにちは。

上記で訂正があります。
ウィーン盤:50年→54年でした。50年のものもありますが、まとまりが全然違います。ちなみに7番は50年がいいですね。
失礼しました。
ezorisu
2008/01/25 11:14
ezorisuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

うぐいすもベートーヴェンの交響曲はクラシックを聴き始めた原点で、最近はあまり聴く機会が減ってはいますが、何かの節目みたいなものとかの折に触れて、ここへ回帰しますね。演奏も、うぐいすの場合は最後はやはりフルトヴェングラーですかね。
ピアノソナタも好きなのですが、最近はどちらかというと室内楽や昔聴いた管弦楽曲の方に嗜好が向いているので、なかなかブログで取り上げる機会がないですねえ。折をみて書いてみたいですね。

う〜ん、しかしこの頃のうぐいすのブログはいろいろ試行錯誤中で、結構書きなぐっている感じですね(苦笑)。このあたりで軽く触れていたベートーヴェンの交響曲については今後また、もっと詳細に書いてみたいですね。
うぐいす
2008/01/26 18:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「運命」(ベートーヴェン)聴き比べ(後編)<PA-016> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる