Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS マーラー交響曲第9番(序)<PA-020>

<<   作成日時 : 2007/07/08 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、最近ちょっとご無沙汰のマーラーです。
前にも少し書いたことがありますが、マーラーは若いときに夢中になってました。しかし、人間の精神の葛藤・情念の塊がこれでもかというくらいに盛り込まれている音楽が、中年オヤジになってしまった今となっては結構しんどくて聴いてませんでした。
最近ちょっと精神的にも落ち着いてきて気が向いたので、久しぶりに聴いてみようかなあと思ったら、結構ハマッてしまいました(笑)。

マーラーの9番と言えば、やはりテーマは「死」になりますか。
第9のジンクス(交響曲9曲書くと死ぬ)を恐れて、大地の歌は番号なしになったとかいう話がありますね。(そのせいで、結果的に次のこの「第9」を書いた後にそのジンクス達成しちゃいますが)そういう背景もあって、この曲には死に対する意識が極めて色濃く反映しています。
1楽章の曲想は、襲ってくる不整脈や心臓発作を暗喩してるとか、死に直面した人間の、死への恐怖と人生の諦観が交互にくる精神状態を表出したものとも言われます。
消えていくように終わる4楽章最後の小節の指示は「ersterbend(死に絶えるように)」だし。もう、どんだけ根が暗いんじゃ!という曲ですが・・・「だが、それがいい」(笑)。
その暗さがたまらなくツボに入ってたのです。
本当に学生の頃はマーラーに熱中してましたねえ。

今回あらためていろいろ聴きなおしてみましたが、それぞれの演奏に思い入れがいろいろあって、各演奏ごとに長文になってしまいました。そこで、指環のときのような形式で各演奏ごとに文章分けて公開しようと思います。

ちなみに私の持っているCDは下記です。

・バーンスタイン/コンセルトヘボウ('85)
・バーンスタイン/ベルリン('79)
・カラヤン/ベルリン('82)
・バルビローリ/ベルリン('64)
・ワルター/ウィーン('38)

1日にひとつくらいのペースで公開していきます。
しかし、この歳になって、まさかこんなにマーラーで文章書くことになろうとは(苦笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マーラー交響曲第9番(序)<PA-020> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる