Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS カラヤンのツァラトゥストラ('73)<PA-083>

<<   作成日時 : 2008/01/11 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

今年はカラヤン生誕100年だそうで、カラヤンの中でも、うぐいすのお気に入りの中のひとつを聴いてみようかと思い立ちました。

とはいうものの、うぐいすはあまりカラヤンの良い聴き手ではないですね。ベートーヴェン・ブラームスの交響曲などには、感心はするものの、どこかのめり込めないところを感じます。('83ジュビリー・コンサートの「英雄」は例外ですが)
カラヤンの演奏でうぐいすのお気に入りは結構限定されますね。

まあそんな中で、うぐいすが良いなあと思うもののひとつとしてはR.シュトラウスがあります。楽劇「ばらの騎士」などもすごく良いのですが、交響詩にもカラヤンはその真骨頂を発揮してますね。
1970年代に録音した「英雄の生涯」と今回のエントリー「ツァラトゥストラはかく語りき」は圧倒的な名演です。
ちなみに、両者とも80年代に再録音ありますがそちらはあまり好みではありません。
やはりカラヤンの全盛期は70年代までだと思います。

今回とりあげる「ツァラトゥストラ」イエス・キリスト教会での録音です。もともとこの時期のカラヤンは派手で強引とも言える推進力が魅力なのですが、残響が多めのこの会場も、はでな音作りに一役買ってますね。

しかし、この曲、あらためて聴いてみると聴き映えのするつくりになっています。神秘的な雰囲気はあるにせよ、題材の元ネタであるニーチェのニヒリズムなど、どこ吹く風(笑)ともいえるような、派手でダイナミックな曲です。
カラヤンの演奏がこれまたその曲の特質を最大限に生かしています。

曲を追って感想書いて見ますと・・・
非常に有名な導入部はド派手な効果の表現から始まります。つづく「後の世の人々」「大いなる憧れ」には、耽美的な弦の響きに酔いしれてしまいます。

「歓喜と情熱について」のダイナミックな表現に圧倒されますね。
続く「埋葬の歌」の神秘的な雰囲気や、「科学について」の瞑想的な曲想から突然飛翔するようなメロディへの移行も開放的でいいです。

「病から回復に向かう者」の劇的でめくるめくような展開もすごいです。最初の導入部のメロディに戻って全合奏する部分はそのティンパニと金管の圧倒的な迫力に気圧されます。

「舞踏の歌」における、シュヴァルベのヴァイオリンソロと木管の掛け合いが素晴らしいですね。「さすらい人の夜の歌」でだんだん曲が静まり、再び夜想曲的な雰囲気になって静かに曲を閉じます。

いやあ、久しぶりにこの曲聴いたら、なかなかゴージャスで堪能しました。でも、R.シュトラウスの交響詩って、聴いてるときは派手で楽しめるのですが、繰り返し聴いてると飽きてしまうのですよねえ(笑)。
音響的な効果が派手な曲はそれだけで満足してしまうので、何回も聴こうと思わなくなってしまうのですよ。
(ワーグナーの楽劇はそんなことないんですが・・・なんでですかねえ。)
Strauss: Also Sprach Zarathustra, Don Juan / Karajan
Strauss: Also Sprach Zarathustra, Don Juan / Karajan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ツァラトゥストラはかく語りき」カラヤン旧盤
少し前に、印象主義は苦手だと書きましたが、リヒャルト・シュトラウスも同じような意 ...続きを見る
クラシック音楽勉強部屋
2008/01/12 12:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます

カラヤン、生誕100年ということは、バーンスタインも生誕100年ということになりますよね、奇遇ですが〜

私は、元気な頃、70年代にカラヤン・ベルリンの演奏をライヴで聴けました。映像作品とは違って、ライヴでは、ものすごく棒を振っていたのを思い出しています。

私はブラームス、シュトラウスなどを聴きましたが、「英雄の生涯」(独奏シュヴァルベさん)、すごかったですよ、ああいう圧倒的な演奏は、そうは聴けないのではないかなって思っています。

「シンフォニカ・ドメスティカ」とか「ドン・キホーテ」の演奏も好きです。シュトラウスは、演奏しても面白い作曲家です(マーラーはまったく面白くないですが、演奏した場合ですが)。私は曲の題名を無視して(ニーチェとは関係なしにして)聴くことにしています〜

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
2008/01/12 08:15
rudolf2006さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

バーンスタインは確かカラヤンより10歳年下だったですね(生誕90年かな)。どちらにせよ、今年は20世紀の指揮界で一時代を築いた両雄の、メモリアルな年ですね。
カラヤンの指揮姿で、60年代くらいのリハーサル風景の映像を見たことがあるのですが、目を開いて非常にパワフルでわかりやすい指揮をしていました。やっぱり映像作品は演出なのだなあ、とそのときあらためて彼のナルシストっぷりを認識しました(笑)。

それにしてもシュヴァルベのソロはすごいですね!
昔のベルリン・フィルは各パートに個性的な奏者が配置されていて、それぞれの演奏者を聴き分けることも楽しみのひとつでした。最近のベルリン・フィルはそういう楽しみが減ってしまったような気がします。
うぐいす
2008/01/12 08:48
うぐいすさん。はじめまして。すけと申します。
トラバさせていただきました。73年のカラヤンのツァラは私も大好きです。
またお邪魔させていただきます。
すけ
2008/01/12 12:17
すけさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

トラックバック、拝見させていただきました。
音楽の表現に対する「ジャストフィット感」、まさにその通りですね。カラヤンは晩年になると表現がどうにも奥歯に挟まった感じがするものが多くて、うぐいすも80年代以降の演奏はあまり好みではないのです。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
うぐいす
2008/01/12 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラヤンのツァラトゥストラ('73)<PA-083> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる