Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルクの「7つの初期の歌」<PA-093>

<<   作成日時 : 2008/02/06 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

なんともまあ、今回は読む方の食いつきの悪そうな選曲で(笑)。
でも結構好きなんですよ、この曲。
ちょっと酒飲んでほろ酔い気分なのですが、なんとなくいつもは聴かないけど落ち着いた曲が聴きたくなってしまいました。
新ウィーン楽派のベルクの曲と思って聴くと、まるで期待を外されることうけあいです!

この曲、1905-1908年ごろ、ベルクがまだシェーンベルクの弟子だった頃の作品だそうです。
まだまだ12音技法の片鱗を感じさせない、非常に濃厚なロマンチックな香りのする曲ですね。
むしろ作風としてはR.シュトラウスを髣髴とさせるような雰囲気です。最後の7曲目あたりになると、ややマーラーのような雰囲気も感じますね。
一貫して穏やかで神秘的、優しい夜の音楽を奏でている雰囲気の曲集です。

曲は下記の通りです。
第1曲「夜 Nacht」
第2曲「葦の歌 Schilflied」
第3曲「夜鳴きうぐいす Die Nachtigall」
第4曲「夢に見た栄光 Traumgekront」
第5曲「室内にて Im Zimmer」
第6曲「愛の賛歌 Liebesode」
第7曲「夏の日 Sommertage」

なかでも、うぐいすは「夜鳴きうぐいす Die Nachtigall」がとても好きで。うぐいすつながりというわけではないのですが。
ていうか、そもそもナイチンゲールはうぐいすじゃないわけで(笑)。
なんとも伸びやかで、美しくてロマンの極みの曲です。でも決して大げさになりすぎないところがいいですね!
あと、最後の「夏の日」も比較的ドラマ性を感じさせる音楽ですね。

最初の「夜」は4分くらいですが他の曲は1〜2分程度の短い曲ですので、あっという間に終わってしまいます。聴き始めるとあまりにロマンチックで、もっと浸っていたい気分になってしまいます。

うぐいすの持っている演奏はオッター/アバド・ウィーン・フィル盤です。他の演奏持っていないのでなんともいえないのですが、オッターの伸びやかで繊細な歌がなかなかよいです。アバド・ウィーン・フィルはあまり前面に出てこないのですが、柔らかい音色で伴奏に徹していて、わりと好感が持てます。
この曲を単純に楽しむ分にはよい演奏じゃないかと思ってます。
あんまり何種類も買い揃えるつもりがなかったのでうぐいすの持っている演奏はこれだけなのですが、他にも名演があったら教えていただきたいなあとも思いますねえ。

ちょっと酔っ払ってますので(笑)、取り留めのない文章ですが、とりあえず今回はこんなところで(笑)。
Berg: Drei Orchestrastucke
Berg: Drei Orchestrastucke

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、大変ご無沙汰いたしております。
> 他にも名演があったら
おそらくrudolf2006さんがコメントしてくださると思いますが(笑)、私はボニー&シャイー盤を好んでいます。
カップリングのマーラー4番の歌唱は、ボニーの状態が必ずしも良いとは思わないのですが、このベルクに関しては、若い華やぎと云うか明るい悩ましさ(?!)があって好きです。
凛虞
2008/02/06 23:24
凛虞さん、こんばんは。
お久しぶりです!さっきブログ拝見したら、一時的かもしれませんが復活されてましたね(笑)。
お仕事は相変わらずお忙しいですか?お体には気をつけてくださいね。

rudolf2006さんのブログで、昨年の夏にエントリーされていたのですね。ボニー/シャイー盤、HMVでサンプル聴いてみたのですが、いいですねえ。短い時間ですが、おっしゃるとおり、華やぎみたいなものを感じました。ちょっと購入を検討してみようと思います。
ちょっと酔いがさめてきて睡魔が襲ってきましたので今日はこの辺で(笑)。
うぐいす
2008/02/07 00:04
うぐいすさま お早うございます

凛虞さんに先を越されてしまいました、爆〜
ベルクのこの曲集、本当に良い歌ですよね〜
マーラーよりもマーラー的というか
ベルクで聴きやすい音楽は、この歌集くらいです。
オペラもCDは持っているのですが、暗くて、最後まで聴けません、爆〜。

このオッター盤、良さそうですね〜。
私は(爆〜)、もっぱら、バーバラ・ボニーさん盤です、激爆〜
マーラーの4番の4楽章から、このベルクを聴くと、スッと音楽が繋がっていく感じで、私はそういう聴き方をしています〜。

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
2008/02/07 07:51
rudolf2006さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

この曲集、いいですよね!とても美しくてロマンチックで。昨日HMVでボニー盤のサンプル聴いたら若々しくて、幾分、色彩的な感じがしました。それと比べるとこのオッター盤はちょっとさっぱりしてるかもしれません。

ベルクの曲は最近、ヴァイオリン協奏曲や抒情組曲などを聴く機会が増えましたが、数年前まではほとんどこの曲しか聴いてませんでした。親しみやすくて、ホントにマーラーみたいですね。
うぐいす
2008/02/07 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルクの「7つの初期の歌」<PA-093> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる