Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲

<<   作成日時 : 2008/02/09 22:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

本日は午前中は散歩して過ごしましたが、午後から雪がちらちらと降り始めましたので家にこもりました(笑)。
こんな日はやはり音楽三昧です。
久しぶりに大物を聴いてみようかということで、マイスタージンガーを選んでみました。

この曲の好きな点を簡単にダイジェスト的に記してみますと、1幕の歌試験前のざわついた雰囲気と試験でのやりとり、2幕の祭典前夜の各々の思惑と、話がどんどんこじれた末の喧嘩とドンちゃん騒ぎ(笑)、3幕の歌合戦前の人間模様と華やかな歌合戦、堂々とした曲の締めくくりといった感じですかね。
特に2幕のベックメッサーの窓辺での歌とザックスとのやり取り、その後のドンちゃん騒ぎ、3幕の歌合戦以降は大好きなのです。

さてこのオペラ、なんとなく「長い」という印象がうぐいすにはあります。
もっとも、実際の時間は4時間半くらいなので、指環の各楽劇やトリスタンよりちょっと長いといったレベルなのですが、聴いているときの感覚としてなんとなく長く感じてしまうのです。
なぜかちょっと考えてみたのですが、指環やトリスタンは象徴的で有名な曲を軸に後期ロマン派風なねばちっこい劇的な音楽の動きで聴き手を引っ張っていくようなタイプかなあと思います。一方、マイスタージンガーは楽劇の中には単独で演奏されるような曲が少なく、しかもオペラ・ブッファ風な構成でワーグナーの曲の中では軽くて明るい喜劇(まあ、それでも重厚なところは重厚なのですが)の傾向を持つ曲ですね。

それもあってか、劇的で特徴的な曲をマイルストーン的に聴くというよりは、楽劇全体の流れを追っていって、全体をひとつの曲として聴くような聴き方をうぐいすはしています。
まさに舞台で劇を見る感覚ですね。
なので、時間に余裕があるときに一気に全曲を聴くような聴き方をしているため、長く感じてしまうのです。

考えてみたら、指輪やトリスタンは結構、聴いている最中に「次の次くらいにこの曲だな」みたいな思いがあったり、時には有名な場面や印象的な曲のみ飛ばし聴きすることも多いです。
一方、マイスタージンガーは全曲聴かないと聴いた気がしないのです。これに気がついたときは、ちょっと新たな発見でした。
ホントはワーグナーは指環もトリスタンもそういう意図で作曲していたと思うのですけど。うぐいすの感じ方がちょっとずれてますかね(笑)。

う〜ん、ここまでですでに長文化しました。本当は今日実際に聴いた演奏の感想も書こうと思ったのですが、それをこの後に入れるととんでもない長さに!(爆笑)
ということで、それは明日に持ち越します。
ブログが2回に渡る話題は幻想交響曲以来ですね。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます

「マイスタージンガー」は一晩でやるオペラとしては最も長いオペラだそうですね〜。休憩も入れると、相当になりますよね。

私は、このオペラは本当に良く聴きます。1幕はほとんど聴かないのですが、2幕、3幕の五重唱まで、です。ザックスの最後のモノローグは、元気を出すために聴くこともあります。意外に切り取って聴いている感じがします。
3幕も、ザックスとエヴァの二重唱のところ、あそこが何よりも好きなところです。

聴き方にも色々あるんですね
ミ(`w´)彡 
rudolf2006
2008/02/10 09:29
rudolf2006さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

うぐいすも強いて言うなら、第2幕の第6場と第3幕の第5場以降が好きなのですが、そこだけ飛ばして聴いてもなぜか今ひとつ満足感がないのですよ。やっぱり第1幕の第2場のダヴィットのマイスターの説明とか第3場のポーグナーの歌、第2幕の第5場までの流れや第3幕の第4場までの人間模様などを聴いとかないとすっきりしなくて(笑)。

指環やトリスタンは結構飛ばし聴きしているんですがねえ。
うぐいす
2008/02/10 10:26
我々のアンサンブルでウイーンの方が作った抜粋のハンスザック賛歌とフェストの音楽を演奏することになりました。 ウイーン歌劇場での実演は立ち見で見たのですが、途中で疲れて帰ってしまいました。 ワグナーがマイスタージンガーで使ったウイーンチューバをやってますので、筋くらいは知らないといけないんですが。 
タロッペいたばし
2009/03/27 10:20
タロッペいたばしさん、はじめまして。
コメントをありがとうございます。

ブログを拝見いたしまして、実に国際的で華やかなご活躍の数々を堪能させていただきました。うぐいすにとってはまさに異世界ですね(笑)。
しかし実演を立ち見ですかあ。それは疲れてしまいますねえ、何せとても長い楽劇ですから。でもオペラの曲を演奏するときはやはり筋を知っているとずいぶんと参考になりますし、時間さえあればDVDなどをご覧になるのも手ですね。
うぐいす
2009/03/27 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲 Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる