Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS カラヤンの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲<PA-095>

<<   作成日時 : 2008/02/10 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日に続き、マイスタージンガーです。
で、実際に聴いた演奏ですが、久しぶりなのでどの演奏聴くか迷いましたが、とりあえず世評の高いのと、生誕100年ということでカラヤンを引っ張り出しました。
実はもっと好きな演奏があるのですが(○ーベ○ッ○)、それはまたの機会にしておきます。→伏字にする意味あるのか?(笑)

さて、このカラヤン/ドレスデン盤ですが、一言で言って「渋い」です。やはりドレスデン国立管の特色が前面に出ています。
カラヤンの指揮は、お得意のレガート奏法や音色を美しく磨いて音楽を作っていくという、彼特有のスタイルはうかがえますが、この頃のカラヤンの特質である強引なくらいの推進力とか、ド派手で爆発的な音作りは影を潜めています。
まあこれは、ベルリン・フィルではないから、ということも大きな要因だとは思いますね。
ドレスデン国立管の、美しくも素朴で素直な音色がなかなか聴いていて心地がよいです。ワーグナーを聴いていても聴き疲れがしないです。
以前、C.クライバーのトリスタンの感想を書いたときも、そのドレスデンの音色に感心した記憶がありますね。
そういえば、カラヤンの「指環」はベルリン・フィルなのですが、綺麗で抒情的な演奏ながらも、そのきらびやかでダイナミックな演奏は聴いた後に疲れを感じました。

その一方でちょっときれいにまとめすぎている気もしますね。
この演奏を聴いていると、もっとこう、ドイツ民衆の生活に密着していて、生き生きとしたいかにも活気のある演奏を聴きたくなってきます。

まあでも、カラヤンの演奏はそういう大衆的な熱気がムンムンしたものを目的に聴くんじゃなくて、純音楽的というと言い過ぎですが、幾分音楽として整理された、客観的な芸術作品といった趣に近い聴き方をする演奏かもしれません。その意味においては十二分にその魅力を発揮しているのではないでしょうか。

さて、印象に残っている歌手についての感想です。
ザックスはテオ・アダムですね。
ベーム/バイロイトのヴォータン役も演じてます。彼の演じるヴォータンもザックスも、あまり重くなりすぎないところが味かもしれません。ヴォータンの場合はホッターのような重厚な歌に慣れてしまうと、アダムの歌はちょっと軽めに聴こえてしまいます(よく聴くとなかなかの熱演であることがわかりますが)。
でも、ザックスの場合は親方であって、神様ではありませんので(笑)、重くなりすぎるとよろしくないですね。ここでのアダムはなかなかいいんじゃないかと思ってます。
ポーグナーはカール・リッダーブッシュです。
彼の歌はカラヤンの指環でハーゲン役を聴いたことがありますが、悪役っぽくなくて、実に立派なバリトンだったですね(笑)。
今回のこのポーグナーは逆にその役に合っていて、上品で、気品のある歌です。
ヴァルターのルネ・コロは、実に伸びやかで若々しい声ですねえ。
後にヘルデンテノールとしての名声を確立していくのですが、この頃はまだスマートなテノールといった感じですね。

ダヴィットのペーター・シュライアーですが、このちょっとコミカルな味のある役もうまくこなしてますね。そういえばヤノフスキーの指環でミーメ役で参加してましたが、そちらはなんというか、2枚目俳優が曲者を演じようと四苦八苦しているようなのが見えてしまっていまいちだったのですが、このダヴィットはなかなか良いです。
まあ、ミーメとダヴィットじゃ、えらくキャラが違いますが(笑)。
ベックメッサーは、ジェレイント・エヴァンスです。なかなかキャラに合った、いかにも曲者っぽい演技です。

いやあ、久しぶりに全曲聴くとやっぱり長い(笑)。でも堪能しました。今度はいつか、お気に入りの方の演奏をエントリーしてみます。
Great Recordings Of The Century - Wagner: Die Meistersinger von Nurnberg / Karajan, Adam, Donath, Kollo, et al
Great Recordings Of The Century - Wagner: Die Meistersinger von Nurnberg / Karajan, Adam, Donath, Kollo, et al

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは!
本国では無敵(?)の評価を誇るこのカラヤンの再録音盤ですが、私はこの曲が好きになればなるほど、逆に疎遠となってしまいました。
部分部分では、殆どの歌手、オーケストラも素晴らしいと思うのですが、全体としての包括感が極めて稀薄と思えてしまうからです。結果として、この曲が「長く」感じられてなりません。
逆に、○ーベ○ッ○盤であると、とても短く感じます(笑)。(この、○ーベ○ッ○盤は、個人的にこれまで聞いてきた歌劇&楽劇に於ける「3大名録音」の一つです(笑)。)
凛虞 (Niklaus Vogel)
2008/02/11 00:23
凛虞さん、こんにちは。おっと、ワーグナーなのでNiklaus Vogelさんのお出ましですね(笑)。
コメントありがとうございます。

実はこの演奏、あんまり聴かないので印象が薄くって、確認の意味でも生誕100年にあやかって取り出したというのもあります。このカラヤン盤、ドレスデン国立管の音色には感心しますし、歌手もいいですね。でも、どうにも全体としてモノトーン的で淡白な印象がうぐいすにはあります。ぐいぐい引っ張っていく凝縮力というか、緊張感みたいなのがちょっと不足気味で、結果的に活気がなくなっているように聴こえます。それが凛虞さんのおっしゃる「全体としての包括感」というのにもつながっているのかもしれませんね。
今回じっくり聴いてみたらこれはこれでいい演奏だとは思いましたが、今後もやっぱり、あまり手にはとらないかもしれません。

ちなみに、文中で記した「生き生きとした活気のある演奏」というのは暗に「ク○○リ○ク盤」(笑)のことを念頭に置いてます。マイスタージンガーといえば、大体こちらの演奏を聴いてますね。こちらの話はまたそのうちにということで。
うぐいす
2008/02/11 16:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラヤンの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲<PA-095> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる