Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイドン・ルネサンス(4)「太陽四重奏曲」Op.20<PA-115>

<<   作成日時 : 2008/04/02 13:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

本日、私事で急用入りまして、こんな時間にブログエントリーです(苦笑)。
今から明日(4/3)の晩までネット見れないので、ご容赦くださいませ。
さて、ハイドン・ルネサンスシリーズも一旦閉めのエントリーです。
今回は「太陽四重奏曲」です!
ハイドン好きな方にはブログでもいろいろ取り上げられていますが、一般的にはあんまり人気ないかもしれません・・・

この曲、アムステルダムのフンメル社から出版された版で、楽譜の表紙に太陽が描かれていたということでこの名前がついたようです。
ハイドンの曲におけるいつものパターンで、曲そのものと太陽にはまるで関係ないですね(苦笑)。

この曲集、いわゆる「疾風怒濤」期の傑作だそうです。ベートーヴェンが筆写して勉強したとかいう話があり、モーツァルトもこの曲集に触発されて「ウィーン四重奏曲」(8-13番)を書いたという話があります。
ハイドン自身の作風においても対位法に重点を置いて、それまでのディベルティメント的な扱いだった弦楽四重奏というジャンルを芸術的な領域へ引き上げた作品ということをネット上で知りました。
ちなみに、10年ほどの後にさらに革新的な内容である「ロシア四重奏曲」が生まれます(こちらは、モーツァルトが「ハイドン・セット」を書くきっかけとなった曲集として有名ですね)。

まあとにかく「太陽四重奏曲」を聴いてみてまずわかることは、すっきりとした、とても美しく抒情的な曲だということでしょうか。
すでにこの「太陽四重奏」の段階で、いわゆる世間一般で彼の傑作と言われている「エルデーディ」や「第三トスト」の曲と同じくらいレベルの高い曲が書かれているんじゃないでしょうか。
むしろ、後の「エルデーディ」あたりの方が聴いていて少し劇的な分、ゴチャゴチャした感じがあります。聴いていてすっと心に入ってくるという意味では、この「太陽四重奏」の方が上かな・・・とも思います。
とにかく、あんまりゴテゴテしてないんですよね。
「ロシア四重奏曲」ですら、この「太陽四重奏曲」に比べると鮮やかな色がついて聴こえます。もっとも、後述しますが、うぐいすが聴いている演奏の色が強いせいもあるかもしれません。
なんでもっと有名にならないのか不思議なくらいなのですが、まあ、逆に自然すぎて、強く興味をひくような劇的な効果がないせいなのでしょうかね。

最初の31番から最後の36番までとにかく素晴らしいです。さわやかで伸び伸びとした曲想です。
特に好きなものを挙げてみて・・・と言われても、なかなか難しいです。
どれもいいのです。強いて言うなら、優美で親しみやすい31番と、少々暗めですが情感の溢れる33番あたりでしょうか。
う〜ん、でも34番の2楽章のしっとりとした雰囲気もたまりません。
・・・いや、やっぱり全部いいですね(笑)。

うぐいすの持っている演奏はウルブリヒ四重奏団です。当時のドレスデン・シュターツカペレのメンバーで構成された四重奏団です。この演奏、昭和48年度のレコード・アカデミー賞受賞とのことです。
しかしこの演奏、なんと音色のやわらかいことか!なんて滋味のあるやわらかくてデリケートな演奏かと感心してしまいます。
あんまり刺激的な音とか、劇的なフレーズ表現みたいなものはありません。
でも、歌い方がとても上手で、聴いていて飽きないのです。
あらためて聴きなおしてみると、その素晴らしさをあらためて実感しました。
これと比べてしまうと、ウィーン・コンツェルトハウスQの演奏は、慣れてないと鬱陶しい感じに聴こえてしまうかもしれませんねえ(苦笑)。もっとも、両者で残された録音で被っている曲目がないので単純比較できないんですけど。

ウルブリヒ四重奏団、他の曲の演奏についての情報をあんまり聞かないですね。
他に検索かけても、メンデルスゾーンとブラームスあたりしか出てこないのです。モーツァルトの弦楽五重奏もあったみたいですが、廃盤なんですかね。この団体、録音が少なかったんでしょうか。
この路線でベートーヴェンとかやってくれても結構面白そうなんですがねえ。
(特に初期あたりの曲)

さて、全4回のエントリーに取り上げていない諸々の曲(ロシア/第三トスト/エルデーディの一部、はたまたプロシアやロプコヴィッツ四重奏曲など)は、またの機会ということにいたしましょう。ハイドンの旅は、まだまだ先は長いですねえ。
ハイドン:太陽セット
ハイドン:太陽四重奏曲集

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます

ハイドンのカルテット
本当に良いものですよね
またCDを注文したくなっています、爆〜
でも、買い物依存症になってはならないのですが、爆〜〜

うぐいすさん、凛虞さんに色々と紹介していただけること、本当にうれしい限りです。

昨日は練習で切れかけてしまいました。
感受性のかけらも感じない演奏を隣でやられると、音楽をやっているとは思えなくなりますね。
音楽をやる愉しみってどういうものなのか、分からなくなっています。

何なんでしょうね??

ミ(`w´)彡 訳の分からないことを深夜、早朝に考えています、爆〜
rudolf2006
2008/04/03 02:48
rudolf2006さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ハイドンのカルテットの日、主催は事実上凛虞さんなのですが、少しでもお手伝いできたことは有意義でした。自分のハイドン観を少し整理できましたし、皆様のご紹介の曲や演奏を知ることもでき、今後の鑑賞の参考になりました。まだまだ知らない演奏も多いことですし、どんどん精進したいです。

オーケストラの活動はいろいろと大変ですよね!うぐいすの頭は単純で、「楽しくないな」と思ったらやめるしかないですが、今の団体で合わせることに「少しでも」楽しいという気持ちがあった場合は続けてみようかなあと思います。お話聞く限りでは続けるのはちとつらいかもしれませんね。事情がわからん人間が偉そうなこと言えませんし、趣味の楽しみ方は個人の価値観次第ですので、ご自分の納得のいく答えを選んでくださいね。
うぐいす
2008/04/03 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイドン・ルネサンス(4)「太陽四重奏曲」Op.20<PA-115> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる