Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 縁側で猫と戯れるさま:ズスケQのベートーヴェン13番<PA-130>

<<   作成日時 : 2008/05/09 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

実は先週、またズスケQのベートーヴェンを買っていました。
後期の13番です。しばらくクリーヴランドQに集中していたので、今回あらためてちゃんと聴いてみました。
毎度のことながら、またまた衝撃を受けてしまいました。

今までうぐいすは、13番って、ベートーヴェン後期の深遠な世界を垣間見る曲かと思っていました。特に1楽章や5楽章カヴァティーナなどは、その幻想的な世界を存分に味わう曲かなあと感じてたわけです。

今回ズスケQの13番を聴いて、目(耳?)から鱗が剥がれ落ちました。
なんと品がよく居心地のよい雰囲気を持った佇まいなことか!と。
この演奏を聴いていると、まるで縁側でひざに飼い猫をのせて静かに陽光に当たっている様や、ときどき猫と戯れたかと思うと、眠くなってうたたねしたり・・・という、のどかな数々の情景を思い浮かべてしまうのです。
→出た!またわけのわからん例え(苦笑)。

ズスケQは、物腰の柔らかい音色と落ち着いたリズムで、うぐいすが深遠でスケールが大きいと勝手に思い込んでいた13番が、実はすごく身近な曲にもなるということを教えてくれました。
演奏自体もすぐ隣で鳴り響いているような親近感を思わせてくれるものです。

本来、弦楽四重奏曲っていうのはこういうもんだったんでしょうかねえ。
ベートーヴェンが結構哲学的なジャンルにしたっていう話もありますが、それでも演奏によってはここまで身近に感じられるほどの曲になってしまうものなのですね。
今まで、13番の演奏というと後期の中でも特にその深遠で幻想的な世界を楽しむもの、という印象があったため、逆にとっつきづらいイメージがあったのですよ。

クリーヴランドQの美演でもいくらかそのイメージはほぐれて親しみやすくなっていたのですが、このズスケQではその親近感が決定的になりました。
うぐいす的には何度でも聴いてしまう、というかいつまでもその雰囲気に浸りたくなる、13番のベスト演奏かもしれません。

ズスケQは12番、13番と聴き進めて(14番も入手しているのですが)、聴く度にその魅力の虜になってますね。
最近、ズスケQとクリーヴランドQのベートーヴェンはますます座右の銘となりつつあります。
今まで、ベートーヴェンの何を聴いていたのか!という感じですわ、ホントに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
溢れ出る無限の慈悲(1) 〜ベートーヴェン 弦楽四重奏第15番 ズスケSQ〜
Beethoven String Quartet No.15 ...続きを見る
DokuOh 〜独墺系クラシック音楽〜
2008/05/10 17:01
伝統と洗練(2) 〜ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番 ゲヴァントハウスSQ〜
Beethoven String Quartet No.13 ...続きを見る
DokuOh 〜独墺系クラシック音楽〜
2008/05/10 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます

ズスケ盤 凄いみたいですね
ベトベンの弦楽四重奏曲に対する考え方が変わるような演奏なんですね〜
来週くらいに15番の演奏が入っているCDが届くと思うのですが、ものすごく楽しみになってきています。同じように感じられるかが、愉しみでもあります〜。

ミ(`w´)彡 
rudolf2006
URL
2008/05/10 03:37
rudolf2006さん、おはようございます!
コメントありがとうございます。

聴けば聴くほど、ズスケQにもはまってます。この演奏、夢中になって聴く、という感じにならないのが良いのかもしれません。何気に流してすっと入っていけるのです。逆にドラマや重厚さを求めると期待外れになるかもしれません。うぐいすはとりあえずベートーヴェンの四重奏に関しては、しばらくはズスケQとクリーヴランドQで満足できそうです。
うぐいす
2008/05/10 08:12
こんばんは。初めまして。貴ブログをいつも楽しく拝見いたしております。

小生が大好きなズスケQを取り上げられていらっしゃったので思わずコメント&TBさせていただきました。ズスケQのベートーヴェンは私のデフォルトです。本当に素晴らしい演奏ですね。15番と御紹介されている12番はこれがベストだと思っています。
13番に関してはズスケQと同じ系統のゲヴァントハウスQのほうを好んで聴きます。
dokuoh
URL
2008/05/10 21:38
dokuohさん、初めまして!
コメントとトラックバックをありがとうございます。うぐいすもdokuohさんのブログ、いつも拝見させていただいてます。

思えばこのズスケQのベートーヴェン、凛虞さんとkitakenさんのブログを見て購入を思い立ったのですが、実はその際にdokuohさんのブログも参考にさせていただいてました(笑)。ズスケQの演奏を実際に耳にして、今更ながらみなさまの絶賛の言葉の意味がわかるようになってまいりました。コレ、ホントにあたりでした!

なお、kitakenさんのところのブログで、ゲヴァントハウスQについてのdokuohさんとのやりとりも印象に残ってまして。最近ちとベートーヴェンに投資しすぎてて、今すぐというわけにはいかないのですが、どこかの機会で聴いてみたいと思っています。
うぐいす
2008/05/10 22:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
縁側で猫と戯れるさま:ズスケQのベートーヴェン13番<PA-130> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる