Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイドンの弦楽四重奏曲第6番:シリーズテーマ(2)<PA-221>

<<   作成日時 : 2009/03/20 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

本日は久しぶりにハイドンの弦楽四重奏曲です。
やっと第6番、作品1の一番最後の曲になります(苦笑)。

0(5)番含めた作品1の6曲を聴いてきて、どれも爽やかで優雅な曲が揃ってます。初期の作品は今まであんまり聴いてきてなかったわけですが、あらためて初期も後期も関係なく、全時期を通してハイドンの魅力が均質にあらわれていることに驚きますね。

弦楽四重奏としての形式はまだ確立されてないかもしれませんし、書法も晩年ほどの手の込んだものではないのでしょうけど、まあ結局、曲の魅力という話になるとそういう技術的なことは二次的な話で、聴いて魅力を感じるかどうかはその作曲家の個性なのでしょうね。
そういう意味では、ハイドンはもう初期の段階から彼の個性が存分に発揮されていて楽しいです。

あと、こういう優雅な魅力は若い頃には気づきづらいのかも(苦笑)。
若い頃は、アンサンブルをやればなんとはなしに曲の魅力に気づきはするのですが、アンサンブル合わせてない曲はあんまり見向きもしてなかったのですよねえ・・・
最近やっと魅力を再認識してきました。歳をとったせいかも(笑)。なんとはなしにハイドンを聴いてるとホッとします。

さて、曲の中身についてです。
第1楽章 プレストアッサイ 八分の六拍子
優雅ですが、推進力のある曲です。
ハイドンの作品は全体的にそうなのですが、やはりこういう曲は朝に聴くと寝覚めが良くていいですね!すごくリズミカルでさわやかな曲です。

第2楽章 メヌエット 四分の三拍子
落ち着いた雰囲気の舞曲ですね。
ハイドンらしい、優雅で気品のあるメヌエットです。

第3楽章 アダージョ 四分の二拍子
ピチカートの伴奏に乗って、1st Vnの美しいメロディが奏でられていきます。
この楽章は曲中の白眉ですね。2nd Vn以下はずっとピチカートで、ひたすら1st Vnが一人で奏でていく様はどこかソロのソナタを聴いているような、孤高な美しさがありますね。

第4楽章 メヌエット 四分の三拍子
明るい舞曲です。3楽章が孤高な雰囲気があった分、ちょっとホッとしますね。
中間部がほの暗い短調でアクセントになっているのが印象的です。

第5楽章 プレスト 四分の二拍子
活気のあるプレスト楽章です。活き活きとしたメロディで明るい曲ですが、わずかに短調に転調するさまとか、また陽気な曲想に転ずる様子はなかなか鮮やかです。

エンジェルスQは音の発音がしっかりしていてリズムが溌剌としているので聴いていてすごくさわやかで爽快です。音符が踊っているようですね。音のバランスもいいです。

p.s.
今年の2月末に再発売されたコダーイQのハイドン:弦楽四重奏曲全集も注文してしまいました・・・(爆)。
amazonのマーケットプレイスだったのですが、ずいぶんと安かったのですよ・・・一万円切ってましたし。HMVでも一万円ちょっとで入手できますね。作品2からはコダーイQの感想も書いてみましょうか。でも納期が2週間くらいだから感想はもうちょっと先になります。しかし、最近は全集が安く出回りますね〜。4月にはエオリアンQの全集も安く(7千円台)再発売されますね。これはさすがに入手しないと思うんですが(笑)。

他、ワーグナーで最近ちょっと衝撃を受けた演奏があるので、それも近いうちにエントリーします(古い演奏ですが)。

↓エンジェルスQの全集はHMVの方が安いですね・・・


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます

ハイドンの曲は初期の曲でもハイドンであり、モツアルトのような幼さがないですよね〜。これはシンフォニーでもそう感じます(ドラティ盤の全集、まだ少ししか聴いていませんが〜)。
弦楽四重奏曲でも、曲のスタイルを作り上げながら作曲していったわけですよね〜。すごい天才だと思います〜。

カルテットの全集は、4月発売のエオリアン四重奏団の全集を注文しています〜。まずはそれが届いてから考えようと思っています。4月の終わり頃に届くと思うのですが〜。

それまでは、うぐいすさんの感想を読ませていただきます〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/03/21 08:36
rudolf2006さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

そうなんですよね〜。晩年の曲は確かにスタイルが確立していて技法的にも工夫が凝らされているようですが、ハイドンの元々もっている優美さとか朗らかさは初期からそのままですし、そもそも初期には初期の書法を効果的に使って書いているわけなので、やはりハイドンは天才だと思います。

エオリアンQを注文されましたか!実はコダーイQとどっちにするか迷ったんですが、近いうちに入手できることを優先してコダーイQにしました。でも、エオリアンQの方も興味があるのです。ご感想がこれまた楽しみですねえ。
うぐいす
2009/03/21 12:34
うぐいすさん、おはようございます。
コダーイSQのハイドンは、自分は数枚持っているだけですが、かっちりとしていて自分はすごくいいと思いますよ!
聴けば聴くほど魅かれます。自分もコダーイの全集は近々注文するつもりです。
弦楽四重奏曲のBOXは今年になってからまだ買っていないのですが、コダーイのハイドン全集→エンドリオンSQのベートーヴェン全集→サンクトペテルブルクSQのショスコーヴィチ全集(以前の凛虞さんのエントリーがあったもの)の順で考えています。

アルトゥール
2009/03/22 08:49
アルトゥールさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

お話をうかがってると、コダーイQの演奏は良さそうですね!入手が楽しみになってきました。しかし、弦楽四重奏曲BOXのご予定がもうここまで決まっているとは(笑)!怒涛の入手計画ですね。うぐいすの場合は衝動買いが多くってあんまり計画通りに行ったことがないのですよ(爆)。サンクトペテルブルクQのショスタコーヴィチというのも面白そうですねえ。ご感想楽しみにしております。
うぐいす
2009/03/22 12:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハイドンの弦楽四重奏曲第6番:シリーズテーマ(2)<PA-221> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる