Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近聴きませんねえ:ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」<PA-229>

<<   作成日時 : 2009/04/13 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本日は何気に昔録ったカセットテープ(爆)の山を眺めていましたら、珍しいものを発見(って、自分で録音しときながら忘れちゃってる・・・)しました。
ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」です。

いやあ、懐かしいなあ・・・
この曲、実は大学時代にエアチェックしたのですねえ。当時はよく聴いたんですよ。結構好きだったんです。
久しぶりに聴くと学生時代を思い出します。
友人によく「またこれか」とか言われたことありましたし(苦笑)。
最近はすっかりご無沙汰です。
世間でも、昔はそれなりに名曲のひとつとしてあげられてた気がするのですが、今ではすっかり忘れられちゃってる感じがありますねえ。

「フランスの山人の歌による」というだけあって、メロディが非常に歌謡的で親しみやすいんです。
ダンディがセヴァンヌ地方で聞き覚えた民謡を使っているらしいですね。

なんだか、題名こそ「交響曲」なんて言ってますが、ピアノが結構前面に出てくるんですよね。
かと言って、ピアノ協奏曲的かというと、そこまでピアノがヴィルトゥオーゾ的に活躍するわけでなし、まあ、扱われ方はやっぱりオケのパートの一部といった感じではあるのかなあ。
でも何気に華やかで軽やかな感じなので、目立つんですね。

1楽章や2楽章のおおらかで歌謡性溢れる曲も十分に魅力的なのですが、うぐいすはなんと言っても、3楽章の快活で跳躍するようなピアノの伴奏に乗って、木管がメロディを奏でていくのがすごく好きだったのです。

ダンディは、はじめはワーグナーの「リング」を聞いて感動したことがきっかけで、熱心なワグネリアンになってたようなのですが、後にフランクの門下でフランス国民学派の作曲家に変貌していったとのことです。
この「フランスの山人の歌」に、ワーグナーの影響を見て取る方もいらっしゃるようです。でも、うぐいすにはよくわからんです。作曲の技巧とかはうぐいすにはさっぱりわかりませんし。
音楽の雰囲気で曲聴いてるんですが、まさしくフランスの国民学派の音楽に聴こえます(爆)。2楽章なんか、フォーレっぽくも聴こえますし、3楽章など、中間部の金管の華やかな部分とか、聴いていると何気にサン・サーンスの「オルガン付」を思い浮かべてしまいます。

そういえば、フランクの循環形式とかって、元々はベルリオーズの固定楽想から来ているみたいで、これがワーグナーのライトモチーフにつながってるっちゅう話もありますし、何気にどこかでつながってるところもありそうな?
まあ、この時代の作曲家は何らかの形でワーグナーにはどこかで影響を受けていたようですね。

うぐいすのエア・チェックしていた演奏は、フィリップ・アントルモンのピアノ、デュトワ指揮フィルハーモニア管のものですが、今カタログにはないみたいですね。っていうか、このデータ、ホントに正しいのかな?
でも、響きが軽くて華やかで、なかなか聴きやすくていいんですよ。

そのうち、当時世評の高かったミュンシュのダイナミックな名演を聴いてみたいと思いつつ、そのまま過ぎてしまいました(苦笑)。
今度買ってみようかなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは。
HIROPONと申します。

rudolf2006さんのブログからコメント頂きました、カラヤンの「ローエングリン」、早速HMVに注文しました。

情報ありがとうございました。
HIROPON
URL
2009/04/13 23:35
HIROPONさん、こんばんは!
ようこそお越しくださいました。
コメントありがとうございます。

無事注文できたようでなによりです!HIROPONさんのブログを拝見しましたが、相当なカラヤン通ですね!このローエングリン、非常に間を開けて完成されてますが、1幕あたりはまさにカラヤン全盛期のド派手かつ流麗な演奏ですごいです。LPだとやはり聴く機会は自然と少なくなってしまいますが、CD入手でぐっと聴きやすくなりますね。存分にご堪能くださいませ。
うぐいす
2009/04/14 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最近聴きませんねえ:ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」<PA-229> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる