Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュリアードQのモーツァルト:弦楽四重奏曲第14番<PA-270>

<<   作成日時 : 2009/09/01 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

昨日は台風が関東に接近してましたが、今日は台風一過です。
日中はまた暑くなりましたね〜。

本日はジュリアードQのモーツァルト弦楽四重奏曲です。
第14番を聴きました。
前回ベートーヴェンの第13番聴いたので、番号だけで言うと続いてますね〜。
曲の雰囲気はまるで違いますが(笑)。

うぐいすは実はモーツァルトの弦楽四重奏曲はそんなに持ってないんですよ。「ハイドン・セット」はジュリアードQの旧盤('62)と新盤('77)、それとアルバン・ベルクQの旧盤('77/'78)だけかな。
「プロシャ王セット」もアルバン・ベルクQ旧盤とヴェラーQの2点くらいか・・・
おっとっと、ズスケQの弦楽四重奏曲集も持ってましたね。

なんでこんな少ないんかな〜?と思ったんですが、うぐいすはモーツァルトの弦楽四重奏曲、というよりも、モーツァルトの曲全般においてあんまりこだわりがないのかもしれません。結構どんな演奏もいいな〜と思ってしまうので、一つ二つ入手するとそれで満足してしまっているのですよ。
モーツァルトの曲が持つ許容度の広さなのかもしれません。

で、弦楽四重奏曲に関して、うぐいすはジュリアードQの新旧盤とズスケQでほとんど満足してしまっていて、あ〜んまり他の演奏を入手してみようという気にならなかったのです。
アルバン・ベルクのテルデック盤もわりと好きですね。
でも持ってる演奏で比較的よく聴くのはやっぱりジュリアードQかな。

ジュリアードQは新旧ともにいいですね!
旧盤の方は音楽がすっきりしていて、ジュリアードらしいキビキビしたリズム感が心地よいです。一方、新盤は音楽がまろやかになって音色にコクが出てきてる感じですね。
本日聴いてる14番も新・旧共に好きなんですが、聴く頻度が高いのは新盤の方かなあ。

ジュリアードQはバルトークの弦楽四重奏曲のイメージが強くって、ここのベートーヴェンやモーツァルトってどんなかな〜?と数年前におそるおそる入手したのですが、聴いてびっくりでした。特にモーツァルトの新盤。こんなにまろやかな音色になっていたとは・・・といっても、ウィーン風の甘い音色の団体とは当然違いまして、現代的なセンスの感じられる演奏です。うぐいすはこの演奏聴くたびに、その現代的なセンスとやわらかな音楽とのバランスがよいな〜と感心してしまうのですよ。
もっとすっきりした演奏を聴きたいときは旧盤を聴きますね。

実はこの14番、ハイドンセットの中では一番好きな曲です。
別名「春」という名前の通り、非常に明るく朗らかな曲です。
特に4楽章が好きなんですよ。
躍動感あふれるフーガ風の曲想がとても生き生きとしていて、春の妖精が野に溢れて踊りまくっているかのようです。
ジュリアードQの新盤はその趣が濃厚ですね〜。

今回は新盤をリンクしときます。




モーツァルト:弦楽四重奏曲第14~19番
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2006-06-21
ジュリアード弦楽四重奏団
ユーザレビュー:
ハイドンセットのスタ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさん、こんばんは!

私の知る限り、弦楽四重奏というジャンルで、この曲ほど名盤に恵まれている曲も思いあたりません。あとはシューベルトの第14番くらいでしょうか。

ジュリアードは関西のrさん、ズスケは関東のAさんにコメントをお任せし(笑)、私はフィナーレを快速で弾ききった"微笑む"クリーヴランド、古典美が光るネ申、ひなびた味わいのターリッヒ(腕前は既出カルテットより劣るかもしれませんが…(゚∀゚;)を御三家とします(笑)。
凛虞
URL
2009/09/01 22:15
凛虞さん、こんばんは!
早々のコメントありがとうございます。

モーツァルトは曲自体が魅力的なものが多いため、演奏者にこだわらずに結構楽しめてしまいます。この14番もいい曲ですね!この曲聴いてるとウキウキした気分になるのですよ。

うぐいす個人的には「ひなびた味わい」のターリヒQに凄く興味がありますね〜。凛虞さんの崇拝する「ネ申」(笑)は値段がネックかな〜・・・でも一度聴いてみたいですね。
うぐいす
2009/09/01 23:33
うぐいすさま こんにちは

モツアルトの弦楽四重奏曲、私はハイドン・セット、ジュリアードの新旧盤を持っているだけかもしれません。
この前、久しぶりで新旧の両方の演奏を聴いてみて、これほど違うのか、とちょっと驚きました。旧盤のしっかりとした構成力と瑞々しい音、新盤ではそれにまろやかさが加わったような演奏になっていますよね〜。年月はカルテットをも変えるのかもしれませんね〜。

ズスケ盤、クリーヴランド盤、いずれも聴いたことがありません。また欲しくなってきますね〜、爆〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/09/02 10:56
rudolf2006さん、こんばんは!
コメントありがとございます。

ジュリアードQの新旧盤はずいぶんと雰囲気が違いますが、どちらも素晴らしいですね。一般的にはどうやら新盤の方が評判良いようですが、旧盤の溌剌とした演奏も魅力的だと思います。先日rudolf2006さんのエントリーで書かれていたとおり、どちらをとるかはホントに個人の好みですね。

モーツァルトはあんまりこだわりがないと思っていたのですが、人から紹介されると興味が湧いてきます。クリーヴランドQとターリヒQはうぐいすも入手してみたいと思っているところです。
うぐいす
2009/09/02 21:03

突然、コメント欄から失礼いたします。

今年も、インターネット・ピアノコンクールを開催することになりました。(動画ピアノコンクール)
⇒ http://www.piacon.net

よかったら、一度遊びにきてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

★ポチッと応援させていただきましたー!


スタッフより
スタッフ
URL
2009/09/03 02:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジュリアードQのモーツァルト:弦楽四重奏曲第14番<PA-270> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる