Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイドンの弦楽四重奏曲第22番Op.9-4:シリーズテーマ(2)<PA-287>

<<   作成日時 : 2009/10/24 21:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は朝から曇り空で、午後から雨になりました。
ちょっと新横浜まで用事があって出かけてきました。ああ〜、疲れた。
傘を持っていかなかったので、しこたま濡れてしまいましたよ(苦笑)。
もう途中からは開き直って雨の中平然と歩いてました。

さて、そんなこんなではありましたが、今回もハイドンの弦楽四重奏曲を聴いてみたいと思います。
本日は第22番、作品9-4です。

この曲はハイドンの曲の中では比較的少なめな、短調の曲です。
長調の伸びやかな曲ももちろんいいのですが、こういう暗めで感傷的な情感のこもった曲って、うぐいすは大好きなのですよ。

この曲は、後年の「五度」とかのような非常に高度な構成で劇的な作りのものと比べると、もっと落ち着いたたたずまいもありますし、旋律線の工夫がすごいように思いますね。なんというか、後年の曲は構成がすごいと思うのですが、この曲は構成のうまさ以上に、各楽器個々の技術がすごく高度なものが要求されてるように聴こえます。これはこれでかなりな完成度を持ってますね〜。

この22番が作曲された頃って、ハイドンは38歳くらいですかね。
今のうぐいすよりも若い頃なんですね〜(爆)。

第1楽章は、テンポ設定は落ち着いた感じですが、旋律がとても感傷的でしっとりとした風情で進んでいきます
1st Vnをはじめ、各楽器の曲の流れにかなり動きがあって歌謡性にも富んでいます。
実に見事な曲と思います。

第2楽章はいつものハイドンらしいメヌエットですが、悲愴感が漂うしっとりとしたメロディです。
中間部は短いですが、1st Vnが非常に活躍しますね。独壇場な感じですね。

第3楽章はアダージョ・カンタービレ、ちょっと曲想が穏やかになりますので、ホッとしますかね。

第4楽章はプレスト、悲しみを含んだ情熱的な音楽です。
この曲をしめるにふさわしい曲です。

聴いた演奏についてです。
エンジェルスQは1楽章あたりはそんなにテンポを上げずにしっとりとした情感も含んだ演奏になってますが、基本的にはやはり爽快な演奏ですね。
動きが感じられる旋律も前へ前へ進んでいく様が小気味いいです。
4楽章など、スピード感があってまさに疾走していく感じが素晴らしいですね!
この団体、ホントに技術的にも舌を巻いてしまうほど軽快でスピード感のあふれる、清々しい演奏となってます。

コダーイQはいつものとおり、しっとりと情感を持って演奏していきます。
こちらも、ゆったりと音楽を味わうにはいい演奏だと思います。
4楽章あたりなど、もっと疾走していく感じが好きではありますが、これはこれで音楽をじっくり腰を落ち着けて聴けるのでいいんじゃないでしょうか。

いやいや、この曲はやっぱり大好きですね〜。
何回も聴いてしまいます。たぶん、全集を買わなかったら聴くことはなかった曲だと思うのですよ。
そう考えると、ハイドンの弦楽四重奏曲を入手したのはホントに良かったと思います。
若い頃はその作曲された数の多さに怯んでしまって、到底聴こうとは思えまなかったのですが、今では知らなかった数々の名曲を知ることができて幸せですね!(笑)

さて、次回は23番です。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぐいすさま お早うございます〜

雨に濡れて歩かれたんですね、寒くなかったですか?

私もハイドンの弦楽四重奏曲作品9まで来ていますが、この曲はまだ聴いていませんでした。今、聴きながらコメントしています。

この短調の曲、実に良い曲ですね〜。何も知らずに聴くと後期の曲ではないかと思ってしまいそうですね〜。第1楽章の冒頭のテーマも素晴らしいですね。ハイドンはよほど弦楽四重奏曲に力を入れていたのではないかな、と思ったりもしました。
実に良い曲です〜。

ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2009/10/25 07:41
rudolf2006さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
昨日は雨に打たれて寒かったのですが、耐えられないほどではなかったので途中から開き直ってました(笑)。幸い風邪はひいてないようです。

22番、いいですよね〜。あらためて76番「五度」なども聴きなおしてみましたが、傾向は違うものの、この22番も後期の作品と遜色はないな〜、とあらためて感心しました。ハイドンの短調の曲って、モーツァルトのように「悲しみが疾走」(笑)してしまうとか落ち込んでしまう感じではなく、どこか愚痴を言い合ったりお互いに慰めあってる会話とか、物思いに耽っている風情とか、「人間」の姿が見えてくるような感じがいいです。
うぐいす
2009/10/25 12:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハイドンの弦楽四重奏曲第22番Op.9-4:シリーズテーマ(2)<PA-287> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる