Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS クレンペラー/NPOのマーラー:交響曲第9番('67)<PA-313>

<<   作成日時 : 2010/04/16 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近寒いですね〜!ホントに4月半ばなのかな〜。
明日は関東地方も雪が降るとか言うし(苦笑)。
風邪引かないように気をつけないといけませんね。

さて、本日はマーラーの交響曲第9番です。
クレンペラー/ニュー・フィルハーモニアO('67)で聴きました。

マーラーの9番はうぐいすの大好きな曲です。
マーラーの曲自体、精神的にしんどい時には聴けないですが、少し心に余裕ができると夢中になって聴いてしまいます。

そんな中でも、第9は特に好きな曲なのですよ。
何といってもマーラーの交響曲で初めてLPを買った曲ですし。

で、2年ほど前に第9の聴き比べをいろいろしていましたが(右側のブログのテーマで「マーラー」をクリックしていただければ出てきますね)、意外とCDの種類は持ってなかったんですよ。
その当時で5種類くらいか。

なぜかというと、学生時代に蓄えたLPとエアチェックのカセットテープでそれなりに持ってたから(笑)。
でもLPは売っ払ってしまいましたし、いまさらカセットテープなんてあんまり聴きませんね。ましてやマーラーはそうそう頻繁に聴くこともなかったのでそのままだったのですよ。

で、最近またマーラーを聴いてますので、LP/テープで持ってた演奏をちょっくらCDで買いなおしてみようかと、2種類の演奏を改めて入手しました。
ジュリーニ/シカゴSOと、今回聴いたクレンペラー/NPOの演奏です。

クレンペラーの演奏は以前2番「復活」でも書きましたが、ホントにあっさりしてますね〜。全体的にテンポは遅めで概ねインテンポ、粘ることはないんですが、でも意外と歌ってるんですよ。

非常に美しい音色で淡々と進んでいるようで、よく聴いてると意外と強奏するところなんてバリバリ出してます。でも、そのくせ燃焼度は低いというか、とっても落ち着いた印象を感じさせます。

技術的なところは時折「あれ?」と思うところもありますが、まあでも許容範囲かな〜。

まあ、普通にマーラーの毒(笑)が好きな人にはあんまり印象に残らない演奏かもしれませんが、たまに聴くにはこういうのもいいですね〜。
音色は聴きやすくてきつくないし、意外と気にいってしまいました。
なんというか、純音楽的なマーラーとでも言うんでしょうか。

特に両端楽章がいいですね。表現はあっさりしてますが、じっくりどっしりやってくれてスケールの大きさも感じられます。

これまた人にはあんましお薦めしませんが、あんまり表現がきつくなく、ゆったりとした第9が聴きたい場合に最適な演奏かと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クレンペラー/NPOのマーラー:交響曲第9番('67)<PA-313> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる