Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)

アクセスカウンタ

zoom RSS ミルシテインのJ.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ<PA-367>

<<   作成日時 : 2012/03/22 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

もう3月も末ですか。もうちょっとしたら桜の季節です。
いや〜、やばいやばい・・・油断してたらブログがもう2カ月もほったらかしです。
CDは毎週のように新たに仕入れてるのに、感想はまるで書いてません。ちょっと気合入れて書いてみましょう。
あんまりほったらかしとくと、ホントにブログ閉鎖しちゃいそう・・・

さて、ここのところよく聴いてるのはベートーヴェンの弦楽四重奏曲やJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン、無伴奏チェロ組曲といったとこですかね。
特に無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータは、大学の時以来と言ってよいほど、久しぶりにハマってます。

学生時代によく聴いてたのは前にも書きましたが、シゲティの演奏ですね。これはまさしく至宝と言ってよい演奏だといまでも思ってますし、社会人になってからもちょくちょく聴いてました。

しかし、よくよく考えてみると、バッハの無伴奏ヴァイオリンって、無伴奏チェロ組曲と比べると聴く機会が少なかったです。
それはやはり聴く演奏によるところが大きかったような気がします。

うぐいすが昔から持ってた演奏って、シェリングとシゲティ、あとハイフェッツくらいだったんですね。ああ、クレーメル(旧盤)もありましたか。その他の演奏は友達とかに聴かせてもらったりはしたんですが、とにかくシゲティ命(笑)みたいな感じでしたから、他の演奏ってあんまり聴いてなかった気がします。

シゲティの演奏は聴くと必ず感動しますし、時に感涙に咽ぶ(苦笑)時もあったりするわけですが、逆に言うと、そんな演奏しょっちゅう聴けるわけがありません。聴き終わった後は結構疲れますからね〜。

一方で、シェリングの演奏はあまりにもかったるい(爆)ですし、ハイフェッツやクレーメルのもあんまりいつも聴きたいと思わないですから、結局聴く機会も少なくなるわけです。
(ハイフェッツやクレーメルはともかく、正直、シェリングのはもう二度と聴きたくないですな。)

そんなこんなで、今年になって久しぶりに無伴奏ヴァイオリンの演奏を聴いてみたいな〜と思ったわけです。結構普通に聴ける演奏を(笑)。

で、学生時代にちょっと聴かせてもらった記憶を頼りに4種類ほど入手してみました。
(厳密に言うと一つは大学卒業後になってから知った演奏ですが)

今回聴いてみてびっくりしたのは、入手した4種類ともどれも驚くほど良かったこと(笑)。いやいや、これらを昔から持っていたら、もっともっと聴く機会も多くなっていたろうに。もったいないもったいない・・・

ということで、その中の一つが今回エントリーの、ミルシテイン盤です。
DGの1973年録音です。

この人のヴァイオリンはとにかく美音でしかも力強く一本芯の通った音で、聴いていてすごく気持ちいいんですな。
ハイフェッツとは違った意味で快刀乱麻といった感じで弾き進めていく感じです。
でも、ハイフェッツと違って音が豊かで、すごく惹きこまれて行きます。
撥音もいいですしね〜。

特にどの曲がいい、というわけではなく、どれもいい感じです。
たとえばシゲティのは一曲一曲かみしめる感じで聴いていく感じになりますけど、ミルシテインのはとにかく気軽に聴き進めていけるのがいいですわ。
素直に美しく力強い音に身を委ねて聴いていけます。

ただ、時にテンポの揺らしが気になる曲もありますかね・・・
シャコンヌなどは、妙にルバートかけるようにテンポを揺らすのがちっと耳障りな感じもします。

しかし、1番のソナタ・2番のソナタなどのフーガのように一気呵成に聴かせてくれるような曲はサクサク聴けて、ある意味圧巻です。
3番のような長調の曲もミルシテインの逞しく明るい音色がなかなかに聴きやすくて良いですね。
昔から名盤の誉れが高いのがよくわかりました。

ということで、このミルシテイン盤、J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンを(シゲティと比べれば)気軽に聴けてとても良い演奏と思います。

さて、せっかくなので、他にも入手した演奏を順次感想エントリーしてみたいと思います。

↓Amazonです。


Bach: Sonatas and Partitas for Solo Violin
Deutsche Grammophon
1998-02-10
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bach:  Sonatas and Partitas for Solo Violin の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミルシテインのJ.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ<PA-367> Cla_PA!(クラシックパーキングエリア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる